大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

夏本番!休み期間の交通事故に注意!
8月になりました!
海水浴に花火大会など、楽しいイベントが盛りだくさんの夏!
休みやお盆の休暇を利用して、帰省や観光、海水浴、夏祭りに花火大会など、
夏ならではのレジャーを楽しもうと計画を立てている人も多いことでしょう。
楽しい夏を満喫するためにも、車を運転する際は、交通事故を起こさない、交通事故に遭わないための気構えを徹底することが重要です。
夏のレジャーシーズンに車を運転する際は、交通事故リスクに注意が必要です。
多くの自治体では7月から8月にかけて、「夏の交通事故防止運動」を実施しています。
これは、夏のこの時期、開放感な気分による油断やレジャーなどで長距離を運転するドライバーが増加し、
交通事故リスクが高まる傾向にあることから、都道府県ごとに取り組まれているものです。
〇夏の運転では渋滞、混雑、猛暑、ゲリラ豪雨などに備えを!!

①交通量が増加し、事故リスクが増大します。
夏休みやお盆休みを利用して、人気の観光スポットやレジャー施設に出掛ける方や、
故郷に帰省する人が増加するこの時期。

車で目的地へ向かう人も多く、交通量は増加傾向にあります。
一例ですが、日本高速道路保有・債務返済機構が公表している
各高速道路会社の交通量(四半期の交通量〈速報値〉)を見てみると、
1日当たりの高速道路平均利用台数は、
7月~9月にかけた期間がNEXCO3社(東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社)の合計で約800万台近くなり、
他の四半期と比べて最も多いというデータが示されています。
交通量が増加するということは、その分、交通事故に見舞われるリスクが高まることが懸念されますので注意が必要です。
②運転や場所に不慣れなドライバーとの事故に注意!!
観光、行楽などを目的に、普段はあまり車を運転しないドライバーがハンドルを握ることが多くなるのも
この時期の特徴のひとつです。
車の運転に不慣れなドライバーとの事故リスクには十分に注意が必要です。
熟練のドライバーは、「自分は大丈夫」と安易に考えるのではなく
運転に不慣れなドライバーに対する気配りをするように心掛けるようにしてあげましょう。

また、行楽先などで車を運転する際は、特に安全運転を心掛けるようにしてください。
道路事情が分からない、見知らぬ土地での運転は、交通事故やトラブルに見舞われる可能性が高まります。
このほか、周囲の景色につい気が取られ、わき見運転をしてしまい事故に見舞われるといったことも想定されますので注意しましょう。

③渋滞、猛暑などでのイライラ運転に注意!!
交通量が増加しやすいレジャーシーズンは、道路渋滞に見舞われがちです。
渋滞に巻き込まれると、つい気が立ってしまい運転が乱暴になってしまいやすいことも・・・。
また、うだるような夏の猛暑のせいで、イライラしてしまい運転操作が散漫になってしまうといったことも起こりやすいので要注意です。
心にゆとりを持つことが肝心です。
車で出掛ける際は、目的地までの道路状況や気温、天候などを事前にしっかりと調べた上で、
余裕のある運転計画を立てておくといいでしょう。
④ゲリラ豪雨への対策を!!
夏場には局所的、突発的なゲリラ豪雨が全国各地で多発しています。
行楽先や高速道路、山道などを走行中、思わぬ豪雨に見舞われてしまうことがあるかもしれません。
急な大雨に見舞われた際は、
・前方車両との車間距離を十分に空ける
・走行スピードを意識的に落とす
安全運転を徹底するようにしましょう。
また、雨の勢いが激しい場合は、無理をせず、
安全な場所に車を停車し、雨の勢いが弱まるのを待つことも安全対策といえます。
⑤子供の往来には細心の注意を
夏に車を運転する際の注意すべき点は、高速道路や観光スポット周辺での運転だけではありません。
一般の道路や生活道路などを走行する際も、普段以上に安全運転を心掛けることが必要です。
幼稚園や小学校、中学校、高校など夏休み期間であるため
普段は人通りが少ない生活道路や人通りが少ない時間帯であっても、
夏休み中の子供たちの往来が増加することが考えられます。
急な子供の飛び出しなどによる交通事故リスクが懸念されますので、注意するようにしてください。

〇帰省や行楽、花火大会にマリンスポーツなど、楽しいイベントが盛りだくさんの夏。
存分に夏を楽しむために、交通ルールの遵守、正しい交通マナーの実践を通して、
「事故を起こさない」「事故に遭わない」ための気構えを徹底することが大切です。

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.01 2:21)
夏も要注意!むちうち症を長引かせないために、冷え対策を!
交通事故などで負ってしまったむち打ち症。
痛みが長引いて慢性化してしまう一番の理由として『体の冷え』があります。
体が冷えてしまうと、むちうち症をこしている首や肩に血液循環の不良が生じ、
筋肉がこわばって強い痛みを起こします。
冬は防寒対策、夏はクーラー対策を怠らないようにして体が冷えを感じないようにしていきましょう。
夏の冷え対策とは??
1、クーラーの冷気が直接当たっていないですか?
2、上着を着たり、タオルを掛けたり体温調節していますか?
3、夏だからとシャワーで済ませていませんか?湯船に浸かっていますか?
また夏の終わりから秋にかけては、気温差が激しく寒いのに薄着で過ごしたり、
夏の疲れが出て来やすい時期がやってきますす。
むち打ち症に大敵な冷えを避けるためにも、体が冷えないようにしていきましょう。


大阪 西区での交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.07.25 2:41)
猛暑でオーバーヒートしないために!車の不調は交通事故を引き起こす要因にもなります
連日猛暑日が続いており、熱中症などのニュースが日々絶えない気象状況になってまいりました。
こんな時は人だけではなくクルマも夏バテしやすくなってきます。
夏休みなどで遠出をしたり、レジャー施設などを利用する人も増えてきます。
お出かけ前には、かならず車のチェックを!
不安があるのであれば、無理をせず点検を受けることをお勧めします。
夏の運転、クルマのチェックポイント!

冷却水の液量には十分に気を付けて!
また、液量以外に気を付けたいのは、水温計の動き、ベルトの状態、ゴムホースの状態、
ラジエーターの後ろに付いている冷却ファンの作動、冷却水の漏れなどです。
 
まず、水温計は正常な状態ならHとCの真ん中か少し低い方を指しているはずです。
登坂路が続くところや、渋滞中は水温が上がりやすいので時々見てやると良いでしょう。
高速道路の走行は走行風で冷えますし、100キロ巡航程度ならパワーもごくわずかなので、
冷却条件は良い部類になります。
水温が上昇気味になる場合は、無理な運転を避け、液量を初めとする冷却系のチェックが必要です。
ベルトは、エンジンの冷却ポンプを回したり、風を送るファンを回す役目があるので重要です。
ゆるみやヒビ割れがないかをチェックしておきましょう。
ゴムホースは、ラジエーターの上下にはアッパーとロアの2本のホースがありますし、室内のヒーターへつながる細いホース、
その他エンジン周辺に数本のホースが装着されています。
国産車の場合10年10万km程度では、まず問題ないと考えて良いでしょうが、表面にヒビ割れなどがないかを見ておけばよいと思います。
ラジエーターの後ろには、電動かエンジンで回される冷却ファンが付いています。
これが正常に回るかチェックします。
特に電動ファンは、冷却水の温度があるところまで上がらないと、
回らないのでしばらく待って様子を見る必要がありますが特に問題がなければ、
正常に作動していると考えても良いでしょう。
また、ラジエーターの前に落ち葉やゴミがたまっていると、風通しが悪くなって冷却効率が落ちます。
同時にエアコンの冷えも悪くなります。

冷却水の温度をコントロールしているのが、サーモスタットというパーツで、
エンジン内に装着されています。
基本的な部分は問題ないのに、水温がおかしいという場合はチェック対象にした方が良いでしょう。
特に5年以上乗ったクルマは要注意です。
サーモスタットのトラブルでは、冬場のオーバークール(冷えすぎ)という現象もあります。


夏のクルマの運転は、
交通量の増加、クルマの不調、などの交通事故リスクが高くなります。
少しでも不安がある場合、無理をして出かけてしまい旅先でトラブルに見舞われることのないよう
事前チェックを心がけてください。

 冷却水が徐々に減っていく場合は、漏れの可能性大です。特に、ゴムホースの接続部やラジエーターの周囲を重点的にチェックします。漏れがわずかな場合は、水温が高いときに少しにじむ程度なので、発見はかなり難しいものです。しかし、その部分には粉をふいたり、冷却水の色が残っていたりします。一番やっかいなのは、室内のヒーターからの漏れです。直接見えないので発見しにくいのです。

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.07.18 2:35)
水害ハザードマップ
先週、気象庁が「数十年に1度」の災害が差し迫ったときに発表する大雨の「特別警報」を出しました。
西日本豪雨で被災された皆様方にお見舞い申し上げます。

6月に「万が一、車が浸水・冠水してしまったら?」という記事を書かせていただいたところでしたが、
今回、河川の氾濫などで多くの住居や車が浸水してしまいました。


さて、水害ハザードマップというものをご存知ですか?
意外と知られていないのですが、各市町村が発行している「豪雨などの災害が起きた時に、水害が起こる可能性をデータ化」したものです。
各市町村のホームページなどにも掲載されていますので
ご自宅や会社はもちろんのこと、通勤や生活で普段よく通る道などが安全なのか?などをチェックして記憶しておくとよいでしょう。
大雨などのときは、ハザードマップをもとに、「危険な場所へ行かない・通らない」「早めの避難」「避難経路を考えておく」など万一の災害に
備えておいてください。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.07.09 16:21)