大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

医療機関の重要性②
むちうちは、主に5種類に分類されそれによって適切な医療機関も違ってきます。

むち打ち症では首の痛みはほとんどの被害者に発生しますが、全体の17~29%に吐き気や頭痛が発症するといわれています。

しかしその内43%の人は1ヵ月以内で症状の改善が見られます(衝撃の大きさによります)

その一方、33%もの人が1ヶ月での改善が見られず吐き気・頭痛に悩まされ、6ヵ月以上の長期の通院余儀なくされている現状があります。

大きな事故であったり、症状にあわせた専門知識をもった医療機関で処置を受けていなければ、吐き気や頭痛や、各部への痛みが、後遺症として残ることもあります。


後遺症を残さず、事故前の身体を取り戻し普段通りの日常を早く取り戻せるよう、的確な判断や行動が非常に重要です。

当院では、患者様の症状にあわせて、適切な治療方法の選択をさせていただきます。また、専門的な機関での治療が必要と判断した場合は、適切な病院をご紹介させていただきます。お気軽にご相談下さい。






投稿者 優接骨院 (14/02/03 10:09) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :