大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

安全のためには当然の速度! 安全のための速度制限がある。

安全のためには当然の速度! 安全のための速度制限がある。
今日は高速道路の速度と大型トラックなどの速度制限について書きたいと思います。

今年の11月から、一部高速道路の一部の区間の最高速度が110km/hに引き上げられました。

しかし、90km/hのスピードリミッターを効かせながら走る大型トラックが追越し車線を占拠していて、
110km/hなどまったく出せない! という声があるのも事実です。
「ゆっくりしか走れない大型トラックが邪魔!左を走れよ!」なんていうドライバーの声は全国の高速道路で聞かれます。

ふと「大型トラックの制限速度は、もうちょっと引き上げられないのか?」と疑問に思ったことはないでしょうか?
2003年から、総重量8トン又は最大積載量5トンを超える大型トラックは、90km/hで効くスピードリミッターの装着が義務付けられています。
(制限速度は80km/hです。)

もうちょっとスピードを出してくれれば......と、ついつい思ってしまうところですよね。
では、なぜリミッターが義務付けられたのでしょうか?

2003年以前の高速道路は"暴走トラックハイウェイ"状態だったのをご存知の方も多いのではないでしょうか?
当時の高速道路は、130km/h、あるいはそれをも超える速度で爆走する大型トラックだらけで、
悲惨な追突事故や死亡事故が頻発していました。
総重量が8トンだったり10トンだったりもあるドラックが爆走すれば、そうそう簡単に止まれるはずがないのです。
なにしろ運動エネルギーは、速度の2乗にも比例します!
だからこそ「安全のためのリミッター」というわけなのです。

でも、110km/hくらいまでだったら平気なのでは?なんて思う方もいますが
 海外では、大型トラックの制限速度はもっと厳しく制限されているのをご存知ですか?

ヨーロッパでは速度無制限区間でも、「総重量3.5トン」を超える大型トラックやトレーラーは80km/h制限です。
130km/hまで認められているのは、総重量3.5トン以下の小型トラックまでなのです。

つまりは重量制限は日本よりもかなり厳しいのです。
それでも「大型トラックが邪魔」という声が欧米で出ないのは、
欧米の高速道路の車線数に余裕があることに加えて
大型トラックは通行帯規制が厳しいため、追越し車線に大型トラックが出て走ることは滅多にないと聞きます。
欧米では貨物輸送は鉄道の比率が高く、そもそも大型トラックの台数が少ないということも一理あるかもしれません。

一方日本の高速道路では、片側3車線ある区間でもトラックに限らず、多くのクルマが中央側の車線をの~んびり走っていて、
キープレフトがほとんど守られていない現状があります。
この「キープレフト」さえ守ることができれば、「大型トラック邪魔!」などと思うこともないはずなのですが...。
トラックを運転する方はキープレフトを守りましょう。
また普通車を運転時には心に余裕をもって、イライラして邪魔!と思わず、流れに沿って走ることが必要です。
ドラックも普通車も、ドライバーは心の余裕とマナーを守って安全運転を心がけることが交通事故リスクを減らす第一歩となります。

万が一交通事故に遭ったしまった時は...
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2017.12.07 3:08)