大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

【豆知識】ドライブレコーダーの重要性

【豆知識】ドライブレコーダーの重要性
ドライブレコーダーとは、急停止などで車両に大きな衝撃が加わったとき、その前後十数秒間の車両の前方映像と音声を記録する車載機器のことです。
(一社)ドライブレコーダー協議会によると航空機のフライトデータをヒントに、2005年ごろから普及が始まりました。
時刻、位置、加速度などを記録できる機種が一般的で、ドライブレコーダーが記録した映像を見直すことでドライバーがどのような運転操作を行ったのかが分かり、
交通事故の詳細な状況を容易かつ客観的に分析できます。
また、GPS受信機能を搭載しているものも多く、交通事故が発生した場所の特定にも役立ちます。
?一般的なドライブレコーダーは常に数十秒から数分の動画を連続して記録し、内蔵メモリーの容量がいっぱいになると古い映像を消しながら新しい映像を記録しています。
車両への衝撃を感知すると、その瞬間の前後の映像をSDカードなどのメモリーカードへ自動的に移動させ、映像が消えないように保存します。



では、クルマに取り付けるメリットは? 
ドライブレコーダーは、さまざまな用途で利用されます。交通事故発生時の映像を記録できることから、映像を警察や保険会社に提出することで事故の参考資料として採用され、
事故処理がスムーズに運ぶこともあります。
また、記録された映像を見ることで、ドライバーが自身の運転技術を冷静に観察できます。ドライバーの事故をおこしやすい状況を把握し、その反省を生かすことで安全運転への意識を高めます。
ドライバーは常に撮られていることを意識するので、危険の少ない運転を心がける心理的な効果もあると考えられています。
前を走る車両と衝突(追突)するリスクを検出したときに警報を発する「前方衝突警戒」、高速道路走行中に車線を逸脱しそうになったときに警報を発する「車線逸脱警戒」、
信号待ちや渋滞などで前車が発進したことを知らせる「前車発進お知らせ」、リアカメラと連動して、後退時の後方確認ができるなど、様々な機能を備えたモデルもあります。
こういった機能があれば、運転の負担もさらに軽減されるでしょう。
エンジンをかけていない状態でもドライブレコーダーにバッテリーが内蔵されているタイプであれば、振動や動くものを感知して映像記録を開始する機種もあります。防犯にも役立ちますね。
また、多くのドライブレコーダーは走行中の映像を任意で記録できるため、ドライブ中の車外の景色を保存しておくことが可能です。パソコンなどを使えば、旅の思い出記録としても楽しめます。
ドライブレコーダーを上手く活用して、運転技術の向上や事故防止に努めてみてはいかがでしょうか。


万が一、交通事故にあってしまったときは
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.24 1:25)