大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

【交通事故】雨の日に増えるのはどんな交通事故?

【交通事故】雨の日に増えるのはどんな交通事故?
そろそろ寒さも和らぐ季節が来ようとしていますね。
以前、雪の運転についての記事を書きましたが、今回は雨の日の運転についてです。
雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため、晴天時よりも慎重に運転する必要があります。
全国交通調査によると、雨天時の時間当たりの交通事故の件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。
さらに、雨天時の夜間は視界がますます悪くなるため、深夜になると晴天時の約7倍も交通事故が発生してしまうのです。

では雨の中でもっとも多い交通事故とはなんでしょう?
やはりスリップによる事故が非常に多くなります。
速度が高いまま、カーブに進入し、その結果として生じるスリップのほか、追い越し時の急加速による直線でのスリップ、
ほかにも轍の水たまりに進入した際にスリップするなど、さまざまなシチュエーションで起きています。
濡れたマンホールの蓋を気にせず越えようとしたら、滑ってヒヤッとした、という人も少なからずいるはずです。

さらに、雨天時の特徴として、歩行者を見落としたことに起因する事故も発生しがちです。
雨の日の夜間は、視界が悪いため、歩行者や自転車などの認識が遅れる傾向にあります。
衝突するまで気付かなかったというケースも多いといわれています。

雨天時は、晴天時よりさらに注意し、安全運転を心がけましょう!
定期的にタイヤの点検を行い、摩耗による交換が必要な場合はお早めに。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.27 1:28)