大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

豆知識

自賠責保険の内訳⑤
その他(通院に掛かった交通費)
病院や整骨院へ通院する際のバス代、電車代などの交通費は支払われます。





その他(通院に掛かった交通費)
病院や整骨院へ通院する際のバス代、電車代などの交通費は支払われます。
請求の際には、領収書は必要なく利用した交通ルートや日にちをメモにでも書き残しておけば問題ありません。

※自家用車での通院は認められない場合がほとんどですので、通院には公共交通手段をお使い下さい。
※怪我の場所や程度によって歩行困難が認められる場合はタクシー代も認められます(例:足の骨折など)


以上が自賠責保険を利用する際の内訳となります。
初めて知ったと言う方も多いと思います(専門的な内容ですから知らなくて当たり前です)

しかし、知らないと交通事故の被害にあった時に受けられるべき補償が受けられない事も。※保険会社の担当者はわざわざ説明はしてくれません

お解りにならない事がございましたらお気軽にご相談下さい。
 


自賠責保険の内訳 完


投稿者 web-master (2013.12.16 8:28)
おやつと間食
皆さんこんにちは。
 
本日は「おやつ」と「間食」に関するお話です。
 
結構一緒に考えておられる方もいらっしゃると思いますが…
実は微妙に違うのです。
皆さんこんにちは。
 
本日は「おやつ」と「間食」に関するお話です。
 
結構一緒に考えておられる方もいらっしゃると思いますが…
実は微妙に違うのです。
 
おやつとは、お菓子を中心とした娯楽であり、
言ってみれば「心の栄養剤」のようなもの。
 
ですから少量がベスト。(満腹感よりも精神的充足感)
 
お菓子好きな方には…少し厳しい話かもです。
 
間食は食事の間隔が原則として6時間以上空いたときに
とるもので、「捕食」という言葉が1番理解しやすいと思います。
 
あとポイントとして、空腹にならないタイミングにとること、
そしてこれが大事なのですが…
1日にとるカロリー総量の範囲内に収めるということです。
 
すなわち「食事の一部」としてとらえる。
 
ここがおやつとの決定的な差になります。
 
食事制限やダイエットに勤しむ方にはお分かりでしょうが、
カロリー摂取の管理こそが実は体調管理の要因の1つといえるでしょう。
 
無理のない範囲で試してみて下さい。
 
 
本日もご拝読ありがとうございます。
 
優鍼灸接骨院 松本でした。


投稿者 web-master (2013.12.14 8:32)
自賠責保険の内訳③
自賠責保険の内訳は具体的にどういった金額になるのでしょうか?
順番に確認していきましょう。

①まずは、病院や整骨院で実際にかかった治療費用は、
怪我をした箇所数や検査・治療内容によって算出され妥当な範囲内で医療機関から各保険会社を経由して自賠責保険へ請求をかけます。


 
自賠責保険の内訳は具体的にどういった金額になるのでしょうか?
順番に確認していきましょう。
 
①まずは、病院や整骨院で実際にかかった治療費用は、
怪我をした箇所数や検査・治療内容によって算出され妥当な範囲内で医療機関から各保険会社を経由して自賠責保険へ請求をかけます。

被害者の希望があれば、鍼灸や温泉療養も治療費用として請求できますが、
ドクターがそれらの治療を必要とみなした場合のみ、自賠責保険へ請求する事が出来ます。※整骨院への通院はドクターの判断を仰ぐ必要はありません


②慰謝料は、被害者が交通事故によりうけた苦痛を金銭に換算したものです。
金銭によってその苦痛が改善されるようなものではありませんが、形に残るお詫びとして受け取って当然のものです。

金額は、事故の状況や怪我が治るまでの期間などによって算出され通院1日につき4200円から8400円が慰謝料として支払われます。※月額上限が12万6千円と定められています。



次回へ続く・・・

投稿者 web-master (2013.12.13 8:31)
自賠責保険の内訳①
自賠責保険って一体どんな保険なのか?

全員が加入しているのにも関わらず、任意保険のように保険の外交員さんが補償内容を説明してくれるわけではないので、事故に遭って初めて詳細を知るという方も多いのではないかと思います。

自賠責保険って一体どんな保険なのか?

全員が加入しているのにも関わらず、任意保険のように保険の外交員さんが補償内容を説明してくれるわけではないので、事故に遭って初めて詳細を知るという方も多いのではないかと思います。


自賠責保険は自動車をお持ちの方はご存知だと思いますが、自賠責保険は「強制保険」と言われていて、公道を走っている車・バイク(原付含む)は必ず加入しているものです。
 
事故の被害者や単独事故であっても同乗者には適用され自賠責保険を使って治療などが受けられます。

加害者や単独事故を起こした運転手は自賠責保険を使う事はできません。
 
 
では事故に遭ってしまい身体を痛め通院が必要になった場合、どこまでの金額が自賠責保険で支払われるのかというと、上限額120万円です。もちろんそれ以下の損害額であれば実際に必要になった金額までしか請求は出来ません。
 
 
大きな怪我などで手術や入院が必要になり、治療費などが120万円を超えてしまった場合、超えた金額は、【加害者本人】 または、【加害者加入の任意保険会社】へ請求をします。
 

次回へ続く・・・



 
投稿者 web-master (2013.12.11 8:34)