大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

雪、凍結日の運転の注意点
大阪府は年間積雪量は、全国の中でもとても少なく
過去の気象庁調べの年間積雪量都道府県別ランキングでは
熊本、香川、大分、愛媛、高知とならんで35位となっております。
積雪量が少ない=雪、凍結した道路にはあまり慣れていないドライバーが多いとも言えます。
しかし、1月~2月にかけては、積雪量の少ない大阪府であっても
雪、凍結道路に対して万全の準備をしていないと、
思わぬ事故や立ち往生などのトラブルにあってしまうこともあります。

雪道でとくに注意したいのが、スリップによるトラブルです。
スタットレスタイヤや、チェーンなどの装備はもちろんのこと、
万全の準備をしていても、運転方法が正しくないと、トラブルを起こしてしまうことになりかねません。
予想以上に路面が滑ることを念頭に置き、安全な速度で走行する必要があります。
たとえば、急な車線変更でステアリング操作を行うと、スリップしてコントロールできなくなる場合があります。
ブレーキも慎重かつ、手前からの操作が必要です。乾燥路面と同じ感覚でいたのでは、事故のもとです。
先行車との車間距離も多めにとるようにします。
もちろん、急ブレーキは厳禁です。
クルマが左右に振られ、場合によってはスピンを起こすこともあります。下り坂では、ブレーキ操作はとくに注意する必要があります。
坂の手前でしっかりと減速し、フットブレーキを基本として、エンジンブレーキも使って、速度をコントロールするようにしましょう。
発進時にも注意が必要です。アクセルペダルを不用意に踏み込むと、タイヤが空転して発進できないことがあります。
アクセルは、じわりと踏み込み、ゆっくりとした発進を意識します。
上り坂では、平坦路以上にタイヤが空転しやすくなっています。
発進時と同じように、じわりとアクセルを踏み、坂の途中では、できる限り止まらないようにします。
タイヤチェーンは、路面に雪があったら早めに装着することが大切です。
まだ大丈夫、と思っているうちに、スリップを起こしたのでは、チェーンを用意した意味がありません。
雪道では、どんなことでも早めに用意し、急発進、急ハンドル、急制動などの急のつく操作は絶対に行わないことが重要なのです。

雪に慣れていないドライバーは、無理をせず、公共の交通機関などを利用するなど
安全を第一の行動を心がけましょう!

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.02 3:08)
車両相互での交通事故で最も多いのは出会い頭事故!
大阪府警の発表で昨年の類別交通事故死者数が発表されました。

類型/年 平成29年(構成率) 平成28年(構成率) 前年対比(増減率)
人対車両 横断中 35 (23.3) 35 (21.7) ±0 (±0.0)
その他 13 (8.7) 15(9.3) -2 (-13.3)
小計 48 (32.0) 50 (31.1) -2 (-4.0)
車両相互 正面衝突 6 (4.0) 3 (1.9) +3 (+100.0)
追突 13 (8.7) 8 (5.0) +5 (+62.5)
出合頭 24 (16.0) 18 (11.2) +6 (+33.3)
左折時 7 (4.7) 7 (4.3) ±0 (±0.0)
右折時 11 (7.3) 15 (9.3) -4 (-26.7)
その他 13 (8.7) 10 (6.2) +3 (+30.0)
小計 74 (49.3) 61 (37.9) +13 (+21.3)
車両単独 26 (17.3) 49 (30.4) -23 (-46.9)
列車 2 (1.3) 1 (0.6) +1(+100)
合計 150 (100.0) 161 (100.0) -11 (-6.8)
表からわかるように・・・車両相互での事故は圧倒的に出会い頭事故が多いのです
交差点進入時はもちろんのこと、横道から出るとき、脇道が多い道路などは
一旦停止を心がけ、速度を気を付けて運転しましょう!


もしも交通事故にあってしまったら?
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.01.30 2:38)
飲酒運転の死亡事故のリスクは約16倍!巻き込まれないためにも知っておこう

※図1は、大阪府下で平成27年から平成29年に発生した飲酒運転による交通事故死者数と交通事故件数の推移
※図2は、大阪府下で平成27年から平成29年に発生した飲酒運転による死亡事故のリスク
(飲酒なし:死亡事故385件/事故件数107,849件、飲酒あり:死亡事故33件/事故件数590件) 

「ちょっとくらいなら大丈夫」「少ししか飲んでないから大丈夫」 は絶対にダメ!
飲酒運転による交通事故などは当事者はもちろん、その家族など周囲の人までも不幸にします!

ハンドルキーパー運動や代行運転の利用などで飲酒運転 をしない・させないを徹底して、飲酒運転を撲滅しましょう!
※ハンドルキーパー運動とは自動車で仲間と飲食店などへ行く場合に、酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、
その人が仲間を送り届ける運動です。協力店では、ソフトドリンクのサービス等の特典があります。


また、自身が飲酒をしていなくても
巻き込まれてしまい事故にあってしまうことがあります。
少し運転や動きがおかしいな?と思う車にあったときは
車間距離を十分にとってゆとりをもって走行してください。
もし、あまりにもおかしい運転だ!と思った時は迷わず通報を!

・ 飲酒運転は犯罪です!
・ 飲酒運転を助長する行為(車両提供・酒類提供・同乗依頼)にも厳しい罰則があります!
・ 飲酒運転はハンドルを握っていない人でも防ぐ事ができます!


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.01.24 2:05)
1月は、高齢運転者による交通事故の死者数が最多となる時期
大阪府警の発表によると1月は、高齢運転者による交通事故の死者数が最多となる時期だそうです。


※図1は、大阪府下で平成26年10月から平成29年9月に発生した高齢運転者による交通事故の月別死者数
※図2 右図は、大阪府下で過去10年間に発生した第1当事者が高齢運転者による事故死者数と事故件数の推移


(高齢運転者により生じた死者数:平成19年14人→平成28年28人 高齢運転者により生じた事故件数:平成19年5,938件→平成28年6,355件)


また、自身が高齢運転者ではないから・・・といって大丈夫というわけではありません。



高齢運転者の交通事故の相手が高齢者とは限らない。
このことからわかるように、ご自身が高齢者ではなくても常に気を付けて運転することが重要ということになります。
シルバーマークの車と会った時は・・・
・車間距離をとって余裕をもって走りましょう。
・スピードが遅い、ブレーキが多いなどでイライラせず、平常心での運転を心がけてください。


高齢運転者の方は
・加齢に伴い身体機能は低下します!
 速度を控え、しっかりと安全確認しましょう!
・運転に不安を感じたら運転免許の自主返納をご検討ください!
 大阪では、平成27年から約9万人の方が運転免許を自主返納しています。
 ※平成27年から平成29年11月末の返納者数92,591人

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.01.22 1:02)