大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

熟睡する為に①

心身の疲労を回復するためにグッスリ眠りたい・・・

と、思おうものの、なかなか熟睡できないとツライですよね。

今日は熟睡するためのコツをお話します


心身の疲労を回復するためにグッスリ眠りたい・・・

と、思おうものの、なかなか熟睡できないとツライですよね。

今日は熟睡するためのコツをお話します

疲労回復を早めるためには、細胞の隅々まで酸素を届けるようにしなければなりません。
そのためには、寝る姿勢も意識することが必要です。

安眠に理想的といわれる姿勢は

 ● 仰向けで背筋がまっすぐに伸びている
 ● 敷布団と腰の間に 2、3cm の隙間がある

固すぎるのもよくありませんが、柔らかすぎる敷布団はお尻が沈んでしまい、疲れやすくなります。

上記の姿勢をとれるものが適当です。

横向きでないと眠れない方も多いかと思います。
同じ方向ばかり向いて寝ると、特定の箇所にだけ負担がかかったり、体の歪みの原因にもなります。
右を下にして寝たら、翌日は左を下にして寝るように心がけてみてください

次回は寝室の条件についてお話します

投稿者 web-master (2013.02.20 2:42)
なぜ背中は丸くなるのか?~続き~  〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

昨日の続きです

昨日のブログで、背中が丸くなる原因の1つとして
筋力の低下があることをお話しました。

しかし、もちろん原因はそれだけではありません。

生活習慣や生活上のクセも大きく影響します。

昨日の続きです

昨日のブログで、背中が丸くなる原因の1つとして
筋力の低下があることをお話しました。

しかし、もちろん原因はそれだけではありません。

生活習慣や生活上のクセも大きく影響します。

パソコンを使う、食事をする、本を読む、字を書く、
通勤電車でコックリ寝てしまう、料理をする など・・・

全て日常の生活でよくある活動です。
どれをとっても前かがみの姿勢ですよね。

また、前かがみになるだけではありません。
例えば右利きの人でしたら
右手・右肩を前に突き出すかたちで使います。
すると背骨は右前にねじれてきます。

足も同様です。利き足と軸足があり、体重の不均衡が
骨盤をねじれさせて体を歪めます。

足を組んで座ったり、頬杖をついたりする動作も
歪みを招きます。

こういったクセがあるかたは日頃から意識して
『足を組まない!』(どうしても組みたくなったら左右交互に!)
『頬杖をつかない!』 ようにしてみてください

投稿者 web-master (2013.02.19 2:42)
ギックリ腰にご用心!        〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

ここのところ、ギックリ腰で来院される患者さんが増えています

再発も含め、
ギックリ腰の激痛を回避するために
日頃から予防を心がけましょう


ここのところ、ギックリ腰で来院される患者さんが増えています

再発も含め、ギックリ腰の激痛を回避するために
日頃から予防を心がけましょう

ギックリ腰にならない為に大切なことは、
      血行を良くする
      筋肉の緊張をとる(ストレッチをする)
      ストレスをためないようにする
です

患者さんからよく聞かれるのが
『腰は温めるべきですか?冷やすべきですか?』
というご質問です。

ギックリ腰になる前、つまり、予防の段階では、
温めて血行不良にならないようにして下さい。

一方、ギックリ腰が出てしまったら温めてはいけません。
『急性の痛みの時には冷やす』 が基本です

とは言え、状況によって最善の処置は異なってきます。
自己判断でいろいろ試さず、お早めに治療にいらして下さいね

投稿者 web-master (2013.02.18 2:44)
なぜ背中は丸くなるのか?

歳を取ると誰でも背中が丸くなってきます
いわゆる、猫背です。

動物の背中は丸くならないのに
なぜ人の背中は丸まっていくのでしょう?

歳を取ると誰でも背中が丸くなってきます
いわゆる猫背です。

動物の背中は丸くならないのに
なぜ人の背中は丸まっていくのでしょう?

理由は簡単です
動物は4本足で背骨を支えているので
人間のように丸くなりません。

人は2本足で起立していますので
腹筋や背筋で背骨を支えて姿勢を維持しています。

加齢に伴い、その腹筋や背筋の筋力が衰えてくると
体は前に曲がりやすくなります。

現代社会では機械に頼ることが増え
力仕事が減ってきているのが現実です。
そのため腹筋や背筋が弱りやすくなり
若くても背中が丸くなっている方は多いです。

適度な筋力トレーニングを行い
正しい姿勢を保つ努力をしましょう

投稿者 web-master (2013.02.18 2:43)