大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

病院・整形外科ではなく接骨院がむちうち治療で選ばれるわけ
整骨院・接骨院が「むちうち 」など交通事故の治療に選ばれる理由は?


①自賠責保険で柔道整復師が行う施術費用の支払いが規定されています.
整骨院や接骨院は、国家資格である「柔道整復師」が常駐することが必須条件となっています。
「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険金等の支払基準」において、『柔道整復等の費用』に関する項目で、
『免許を有する柔道整復師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。』と定められており、自賠責保険で施術費用の支払いが認められています。



②柔道整復師は捻挫、打撲、挫傷など「急性外傷」のスペシャリストなのです!
柔道整復師が行う施術では、関節や筋肉への直接的な治療アプローチができます。
 骨格の歪みや深部の筋肉の損傷が原因となっている症状・痛みを取り除くことが、
怪我を根本から治すためにはとても大切です。湿布や痛み止めを処方されるだけの病院では、改善することが出来ない症状でも、
『驚くほど劇的に痛みが消えた』なんてことも珍しくありません。
交通事故の症状は、早期に十分な治療を受けることが完治するためにとても大切で、痛みを我慢して治療を受けないまま放っておくと、
深刻な後遺症に苦しむことになりかねません。



③病院院と整骨院は同様の傷害慰謝料の計算方法が適応されます。
自賠責保険では傷害慰謝料を実治療日数や通院期間に応じて算出することになっています。
整骨院で通院治療を受けても、病院と同様に通院日数が加算されることになっていますので、慰謝料の面でも十分な補償を得ることができます。



④待ち時間が短く、治療は濃い
病院では「待ち時間が長く、治療は短い」といったこともありますが、
整骨院では「待ち時間が短く、治療は濃い」と言われています。
「半日掛かりで通院する」なんていうことはありません。時間を有効に使って通院することができます。



⑤通院の利便性が高い
病院に比べて遅い時間や祝日まで受付していることもあり、
仕事帰りに治療を受けることも十分に可能です。
ご自宅や職場近くの整骨院を利用することでより十分な治療を受けることができるでしょう。


※接骨院での治療は、病院で医師の検査・診断を受けた上で受けてください。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.29 17:46)
交通事故のとき、同乗していた人の治療費は?⑤
前回交通事故のとき、同乗していた人の治療費について

について書きました。
前の記事のとおり、任意保険での同乗者の補償は、ドライバーと同乗者の関係や事故の状況などで変わってくることがわかります。


では、同乗者で任意保険の補償が受けれるものはどういうものなのでしょうか?

◆搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険は、車に乗っていた人すべてを対象とした保険です。
加入しているなら、自分が運転していなかった場合でも、自分が運転していたときでも、
補償を受けられますから、
交通事故が起こったら忘れずに搭乗者傷害保険についても確認するべきです。

※「搭乗者」という言葉は、「同乗者のことを意味している」と解釈されがちですが、ドライバー本人も車に乗っているわけですから「搭乗者」に含まれます。

搭乗者傷害保険に入っている人が、車に乗っていて事故が起こったら保険の適用を受けられます。
これは、事故の損害賠償の結果には関係がありません。

ただし、交通事故のとき、保険会社は進んで搭乗者傷害保険の支払いの相談をしてこないことがあります。
これは保険会社が支払いをしたくないためだと考えられますが、
おとなしくしていてもいいことはありませんから、
交通事故のときは、搭乗者傷害保険の請求を積極的に行っていくほうがいいでしょう。

もともと、搭乗者傷害保険は他の自動車保険とセットで入っていることが多いですし、
加入していることを忘れてしまう人がたくさんいます。
車に乗っていて事故が起こったときは、自分が運転していたかどうかに関係なく搭乗者傷害保険の適用を受けられるかどうかを忘れずに確認しましょう。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.25 17:27)
交通事故のとき、同乗していた人の治療費は?④
前回交通事故治療のときの同乗者の治療費の補償について


今回は
もし自分が交通事故車両の同乗者だった場合、治療費の補償は受けれるの?
について書きます。


自分が同乗者として乗っていた車が交通事故に遭ってしまった際は、
相手からの補償のほかに、ドライバーが入っている保険から補償を受けられる可能性があります。

※事故が物損事故として処理されてしまうと、相手からの補償を受けられなくなるため、
自分の身体に影響があった際は、人身事故として届け出を警察に出す必要があることです。
そのためにも交通事故にあったら「いたくない」「なんともないから大丈夫」と思わずにすぐに受診するようにしましょう。
後から症状が出てしまっても物損事故として扱われてしまったら補償が受けられないからです。


交通事故の車両の同乗者だった場合

①相手の任意保険や自賠責保険から、ドライバーだけではなく同乗者である自分も補償を受けられるように交渉する。
②ドライバーがどんな保険に入っているかを確認する。
※ドライバーと自分の関係によっては、ドライバーの保険からの保証は受けられなくなる可能性があります。
③少しでもおかしいと思ったらすぐ受診する。


以上のことを必ず頭にいれておいてください。


交通事故治療についていつでもご相談ください。





投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.21 17:03)
交通事故のとき、同乗していた人の治療費は?③
前回、交通事故治療の同乗者の補償について、

今回は任意保険の
「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」の範囲について少し触れたいと思います。
※あくまでも一般的な任意自動車保険の例です。ご加入の保険会社にご確認ください。


ドライバーの任意保険の中に、
「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」がある場合は、
家族かどうかによって適用されるかどうかが変わります。
保険の約款には、「運転者本人」ほか「配偶者」「父母」「子」が死傷したときには補償をしないという趣旨の記載があるものもあったりします。



同乗者の種類によって、「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」の適用がどう変わるかご加入の保険をもう一度確認して整理しておきましょう。




◆親・子供・配偶者
「対人賠償責任保険」は支払われません(免責事由に該当するためです)。
「人身傷害補償特約」のみ適用される可能性があることになります。


◆兄弟・恋人・友人
「対人賠償責任保険」「人身傷害補償特約」両方とも適用される可能性があります。

※同じ家族であっても、親や子供の場合と、兄弟姉妹の場合とでは、任意保険の適用範囲に違いがありますし、
人生のパートナーであっても、正式に結婚しているかどうかで任意保険の適用範囲に違いがあることになります。
結婚している相手の場合、恋人だった頃と違って「対人賠償責任保険」は支払われなくなるケースもあるのです。


交通事故治療の治療費について
いつでもお気軽にご相談ください。








投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.17 16:43)