大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

食べる風邪薬             〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

鍋物の美味しい季節です

皆さん、お鍋に春菊は入れますか?

春菊の独特な香りは食欲を刺激するだけでなく、
胃腸の働きを促したり、咳を鎮めたり、タンを切る作用があります


鍋物の美味しい季節です

皆さん、お鍋に春菊は入れますか?

春菊の独特な香りは食欲を刺激するだけでなく、
胃腸の働きを促したり、咳を鎮めたり、タンを切る作用があります


また、ビタミンA と ビタミンCが豊富に含まれているので、免疫力を強化します。
風邪やインフルエンザが猛威をふるうこの季節に、もってこいな食べ物です

古くから漢方では 『食べる風邪薬』 として用いられていたそうです。

春菊を食べてしっかり風邪を予防しましょう


投稿者 web-master (2013.01.11 2:53)
第二の脳               〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

が 『第2の脳』 と呼ばれているのはご存知ですか

が 『第2の脳』 と呼ばれているのはご存知ですか


腸以外の臓器は、脳からの指令を受けて反応しますが、
は体に有害なものが腸内に入ってくるとこれを察知し、
下痢をおこさせて体外へ排出します。

このように、は脳からの指令がなくても
体の危険を自分で判断し回避する能力があるため
『第2の脳』 と呼ばれています
投稿者 web-master (2013.01.09 2:55)
インフルエンザ

インフルエンザが流行する時期になりました

カゼもインフルエンザも、ウイルスは気温が15℃以下になると働きが活発になります。
また、空気の乾燥でウイルスが空中を漂いやすくなります。

カゼ、インフルエンザの感染経路は主に二つ。

インフルエンザが流行する時期になりました

カゼもインフルエンザも、ウイルスは気温が15℃以下になると働きが活発になります。
また、空気の乾燥でウイルスが空中を漂いやすくなります。

カゼ、インフルエンザの感染経路は主に二つ。
飛沫感染』(感染者の咳やくしゃみの飛まつに含まれるウイルスを鼻や口から吸い込む)と、
経口感染』(ウイルスが付着した物に触れ、その手で口を触って感染する)です。

人込みや感染者との接触を避ければ感染予防につながりますが、
普通に生活していく上で、実際に徹底するのは難しいですよね。
そこでやはり、うがい・手洗い・マスクの徹底が大切になります。

ただし、「マスクを着用していれば感染を予防できる」という過信は禁物だそうで、
空気中を漂うウイルスは非常に小さく、マスクを通過して鼻や口に入り込んでしまうそうです。
マスクは、感染者が飛沫の拡散を防ぐために使うもの、と考えるといいですね。

また、アルコールでの除菌は、ウイルスの感染力を奪うのに有効だそうです。

特にインフルエンザは感染力が強く、38℃以上の発熱を伴います
予防対策をしっかり行いましょう

投稿者 web-master (2013.01.09 2:54)
年をとると筋肉痛は遅れて出てくる!?

よく、『年取ったから、筋肉痛が出てくるのが遅くなったわ~』と、言いませんか

実はこれ、医学的根拠はないんです


よく、『年取ったから、筋肉痛が出てくるのが遅くなったわ~』と、言いませんか

実はこれ、医学的根拠はないんです

筋肉痛は、マラソンなどの長時間続く軽めの運動の場合は早く出てきて、
筋トレなどの短時間でのキツイ運動の時は時間が経ってから出てくると言われています。

筋肉痛は乳酸が溜まって起こるので、マッサージで流してあげると改善が見込めます。

しかし、中にはマッサージが逆効果になる痛みもありますので
酷い筋肉痛の時はご相談下さいね

投稿者 web-master (2013.01.07 2:56)