大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

後遺障害の種類

 交通事故の後遺障害について


交通事故に遭った時は

早めの受診、早めの治療、しっかり治るまで治療する。

が、鉄則ですが

6カ月以上治療を行っても残念ながら症状が残ってしまった時。

後遺障害といいます。


今回は後遺障害の種類について紹介いたします。

後遺障害の種類において、代表的な症状を下記に挙げていきます。
  1.むち打ち(頚部捻挫)

交通事故に遭われた方で一番多い症状はむち打ちです。むち打ちは過去には、レントゲンなどでも発見しにくい症状と位置づけられていましたが近年では、MRI、CT等で精密検査を行うなどで特定できる場合もあり、むち打ちに対する医師の意識も随分と変わりました。
むち打ちの後遺障害は、12級13号で局部に頑固な神経症状を残すもの、14級9号で局部に神経症状を残すものが定められています。


 
  2.遷延性意識障害

遷延性意識障害は、交通事故の後遺障害の中でも、最も重篤な後遺障害です。意識がないため言葉も話せず、身体を動かすことも出来ません。


  3.高次脳機能障害

高次脳機能障害は、すぐ忘れてしまう、感情のコントロールができなくなる、計算ができなくなるなど様々な症状が現れます。
これらのような脳の作用が失われてしまう症状を高次脳機能障害といいます。


  4.脊髄損傷

脊髄とは脊柱管内にある中枢神経の事を言い、脊髄の損傷による障害、運動機能の喪失等を脊髄損傷と言います。
損傷の部位によって頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷・仙髄損傷・尾髄損傷と区分されます。



  5.RSD(反射性交感神経性ジストロフィ)

RSDは外傷により、交感神経が損傷した結果発症すると言われ、軽度な外傷によって発症する場合も見られます。
外傷を受けた部位、或いはその付近に激しく焼けるような痛み、軽い接触による過敏な反応、患部の腫れ、骨の萎縮等が見られます。


  6.目の後遺障害

目の後遺障害では、眼科のみの受診では、視力障害、調節障害、運動障害、視野障害の発見は困難であり、因果関係の立証も視野に入れ脳神経外科や神経内科を受診する必要があります。


  7.耳の後遺障害

耳の後遺障害では、耳鼻科は外耳・中耳・内耳炎の治療等が主であり、頭部外傷を原因とする聴覚神経の損傷は因果関係の立証も鑑みて、脳神経外科や神経耳鼻科を受診する必要があります。


後遺障害を残さないためにも

「なんともないから大丈夫」「たいしたことない」と決めつけず、

事故に遭ったらすぐの受診をおすすめいたします。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.31 21:20)
大阪の交通事故

大阪府の交通事故について少ししらべてみました。 

類型別では、車両相互が33人(40.7%)で、前年と比較して23人(-41.1%)減少しました。


類型/年平成28年(構成率)平成27年(構成率)前年対比(増減率)
人対車両横断中12 (14.8)22 (19.6)-10 (-45.5)
その他7 (8.6)13 (11.6)-6 (-46.2)
小計19 (23.5)  35(31.3) -16 (-45.7)
車両相互正面衝突2 (2.5)2 (1.8)±0 (±0.0)
追突3 (3.7)4 (3.6)-1 (-25.0)
出合頭9 (11.1)28 (25.0)-19 (-67.9)
左折時6 (7.4)4 (3.6)+2 (+50.0)
右折時8 (9.9)10 (8.9)-2 (-20.0)
その他5 (6.2)8 (7.1)-3 (-37.5)
小計33 (40.7)56 (50.0)-23(-41.1)
車両単独28 (34.6)21 (18.8)+7 (+33.3)
列車 1 (1.2)0 (0.0)+1 (-)
合計81 (100.0)112 (100.0)-31 (-27.7)



交通事故治療についてはこちらをご覧ください。


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.30 21:11)
病院・整形外科ではなく接骨院がむちうち治療で選ばれるわけ
整骨院・接骨院が「むちうち 」など交通事故の治療に選ばれる理由は?


①自賠責保険で柔道整復師が行う施術費用の支払いが規定されています.
整骨院や接骨院は、国家資格である「柔道整復師」が常駐することが必須条件となっています。
「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険金等の支払基準」において、『柔道整復等の費用』に関する項目で、
『免許を有する柔道整復師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。』と定められており、自賠責保険で施術費用の支払いが認められています。



②柔道整復師は捻挫、打撲、挫傷など「急性外傷」のスペシャリストなのです!
柔道整復師が行う施術では、関節や筋肉への直接的な治療アプローチができます。
 骨格の歪みや深部の筋肉の損傷が原因となっている症状・痛みを取り除くことが、
怪我を根本から治すためにはとても大切です。湿布や痛み止めを処方されるだけの病院では、改善することが出来ない症状でも、
『驚くほど劇的に痛みが消えた』なんてことも珍しくありません。
交通事故の症状は、早期に十分な治療を受けることが完治するためにとても大切で、痛みを我慢して治療を受けないまま放っておくと、
深刻な後遺症に苦しむことになりかねません。



③病院院と整骨院は同様の傷害慰謝料の計算方法が適応されます。
自賠責保険では傷害慰謝料を実治療日数や通院期間に応じて算出することになっています。
整骨院で通院治療を受けても、病院と同様に通院日数が加算されることになっていますので、慰謝料の面でも十分な補償を得ることができます。



④待ち時間が短く、治療は濃い
病院では「待ち時間が長く、治療は短い」といったこともありますが、
整骨院では「待ち時間が短く、治療は濃い」と言われています。
「半日掛かりで通院する」なんていうことはありません。時間を有効に使って通院することができます。



⑤通院の利便性が高い
病院に比べて遅い時間や祝日まで受付していることもあり、
仕事帰りに治療を受けることも十分に可能です。
ご自宅や職場近くの整骨院を利用することでより十分な治療を受けることができるでしょう。


※接骨院での治療は、病院で医師の検査・診断を受けた上で受けてください。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.29 17:46)
交通事故のとき、同乗していた人の治療費は?⑤
前回交通事故のとき、同乗していた人の治療費について

について書きました。
前の記事のとおり、任意保険での同乗者の補償は、ドライバーと同乗者の関係や事故の状況などで変わってくることがわかります。


では、同乗者で任意保険の補償が受けれるものはどういうものなのでしょうか?

◆搭乗者傷害保険
搭乗者傷害保険は、車に乗っていた人すべてを対象とした保険です。
加入しているなら、自分が運転していなかった場合でも、自分が運転していたときでも、
補償を受けられますから、
交通事故が起こったら忘れずに搭乗者傷害保険についても確認するべきです。

※「搭乗者」という言葉は、「同乗者のことを意味している」と解釈されがちですが、ドライバー本人も車に乗っているわけですから「搭乗者」に含まれます。

搭乗者傷害保険に入っている人が、車に乗っていて事故が起こったら保険の適用を受けられます。
これは、事故の損害賠償の結果には関係がありません。

ただし、交通事故のとき、保険会社は進んで搭乗者傷害保険の支払いの相談をしてこないことがあります。
これは保険会社が支払いをしたくないためだと考えられますが、
おとなしくしていてもいいことはありませんから、
交通事故のときは、搭乗者傷害保険の請求を積極的に行っていくほうがいいでしょう。

もともと、搭乗者傷害保険は他の自動車保険とセットで入っていることが多いですし、
加入していることを忘れてしまう人がたくさんいます。
車に乗っていて事故が起こったときは、自分が運転していたかどうかに関係なく搭乗者傷害保険の適用を受けられるかどうかを忘れずに確認しましょう。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.08.25 17:27)