大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

ゆがみが不調の元になる!?
背骨は、生きるために大切な役割を多く担っています。
肩こりや腰痛、むくみ、頭痛などいろいろな不調も、背骨がゆがんだり、動きが悪くなることで起こります。
背骨と体の不調の関係はなんと9割が背骨のゆがみからくると言う専門家もいるくらいなのです。


背骨は、
【7個の頸椎】
【12個の胸椎】
【5個の腰椎】
【仙骨】
【尾骨】
で構成されています。

この一つ一つの骨(椎骨)が重なってS字を描き、
上半身の重みを分散するからこそ、歩いたり、体をひねったり、自由に動いたりできるのです。

また、背骨の中心には脊髄が通っていて、
そこから椎骨の隙間を通って末梢神経が体全身に伸びています。
指先などで熱さや冷たさを感じたり、内臓がしっかり働くのも、背骨が神経を守り、さまざまな臓器に神経をつなげているからなのです。
また、胸椎にある造血細胞が新鮮な血液を作り出すなど、背骨は私たちの命を支える大変重要な役割を果たしています。

背骨や脊髄は体の広範囲と結びついているため、
「不調の多くが、背骨の状態に起因している」とも言われます。

■背骨のゆがみは、加齢や運動不足による筋肉の衰えなどで進行します。
また以下の状況でも背骨は歪みます。
●PC作業やスマホ操作で猫背の姿勢が長時間になる
●足をくんで座る癖がある。
●片側の足に重心をかけて立つ癖がある
●家事などで下を向いた姿勢が長時間である
●育児で赤ちゃんを腰骨にのせて抱っこ(反り腰)に体制が長時間である
こういった姿勢を長時間、長期間続けていると背骨が歪み頭の重心が前に傾き、
頭の重さが直接首や肩、ひざ、腰に負荷をかけ痛みを招きます。
さらに肺や心臓が圧迫されて呼吸が浅くなるので、酸素も十分に運ばれなくなる。
結果、脳の活動量が落ち、気分の落ち込みにもつながるのです。
背骨をきちんとした位置にもどし姿勢を正すだけで脳の血中酸素が122%にUPするといわれています。

■背骨がゆがむことで神経にもトラブルが発生することも・・・
背骨のゆがみは自律神経のバランスの崩れを招き、頭痛や不眠や震え、頻尿を引き起こします。
多くの方が悩む疲れ目やドライアイも、自律神経の乱れで目の調整機能が弱って起こることも実は多いのです!


優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正



投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.19 0:49)
お盆休みのお知らせ
【お盆休みのお知らせ】
誠に勝手ながら、8月11日(日)~14日(水)を夏季休暇とさせていただきます。
15日木曜日より通常通り診療させていただきます。

kaki2019.jpgのサムネイル画像

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.07 23:09)
【骨盤矯正】産後の骨盤矯正はいつまでにやるべき?
今回は産後の骨盤矯正について書きます。

出産を終え育児におわれ、気づけば、なかなか体重が戻らない、腰痛や肩こりがひどくなった、といった悩みを持つ産後ママさんはとても多いようです。
その原因は、出産時に開いた骨盤かもしれません。


そもそも産後に骨盤が歪むのは、出産によって骨盤が大きく開くことが原因です。
歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ろうとしますが、
妊娠や出産を通して骨盤のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなるといわれています。
また、椅子での足組み、猫背、あぐらや横座りなど、どうしても授乳や赤ちゃんのお世話で忙しく気に留めていない方は多いのですが
こういった姿勢は体を歪める姿勢なので、産後2?3ヶ月頃までにこういった姿勢をとっていると、さらに骨盤が歪んでしまいます。

●産後に骨盤が元に戻らないとどうなるの?

産後、骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、体のラインが崩れて、筋肉の動きが妊娠前と変わってしいます。
また、産後は筋力が低下していて脂肪の燃焼がうまくいかないこともあるため、
エネルギーが消費されずに体重が増えてしまうこともあります。
出産後に妊娠前の服が入らなくなってしまったという声がよくいう方はいますが、それはこの原因かもしれません。
また骨盤の歪みは、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性や不妊などの婦人科系トラブルにつながることも多くあるのです。

●産後の骨盤矯正とは?
歪んだ骨盤を正しい位置に矯正することを「骨盤矯正」と呼びます。
産後の骨盤矯正には、正しい位置に骨盤を戻すことにより筋肉の働きを良くし、結果病気の予防や、体型の改善、ダイエットなどにも効果が得られます。

●産後の骨盤矯正はいつからいつまで?
産後、じん帯はとても柔らかくしなやかな状態なので、骨盤矯正には絶好の機会です。
基本的には、悪露が終わる1か月ごろから体調の回復を見ながら、産後6ヶ月頃までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。

優鍼灸接骨院では、
骨盤矯正・産後矯正も行っております。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/inquiry/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.07.26 16:50)
肩こり・腰痛・頭痛・むくみの原因ともなる猫背
なぜ猫背になるの?


長時間のデスクワークやパソコンの操作、スマホ操作などで、つい前かがみになってしまうことはありませんか。
 実は、このような日常の動作が猫背の原因になることが多くあります。
また一般的に、背が高い人などが、他人と話すときや作業をするときに背中を丸めることが多くなり猫背になりやすいとも言われています。
もともと人間の体は、背筋を使う機会が少ないので弱りやすいのです。
つまり、「前かがみ・猫背」になりやすいのです。
そこに加えて現代の生活習慣などで、前かがみの姿勢になることが多くなり
背筋力が弱くなると、ますます前へかがみやすくなり猫背になります。

運動不足や老化などで背骨を支える筋肉が衰えてくることも、猫背の大きな原因となります。

猫背になると?
体の重心が前にずれ、椎間板にかかる圧力が増し腰痛の原因ともなります。
また、頭の重みは主に背骨が支えていますが猫背になると、前かがみの状態になるので、背骨だけでは十分に支えきれなくなります。
重みを首から肩にかけての筋肉が引き受けることになり、これらの筋肉に大きな負担がかかるようになり、肩こりになるのです

また、猫背の姿勢の場合、背骨のカーブが強くなり骨盤が後ろに倒れた状態になるため
下半身にも影響が生まれ、むくみ、膝痛、下半身太りや、ポッコリお腹にもなります。




優鍼灸接骨院では、予約なしで、猫背矯正・背骨矯正が可能です。



歪みを整える時に鳴ることがある【ポキッ】と言う音がならないソフト矯正も
おこなっております。歪みは気になっているが怖いから今まで受けていなかった
という方、一度お試し下さい。


猫背矯正・背骨矯正についてはコチラをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu02/cat165/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.07.17 15:25)