大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

体調不良と薬の服用時の運転について
今、毎日テレビでもニュースでも取り上げられているコロナウィルス。
今だウィルスの全貌がわかっておらず、いろいろな情報が錯綜しインフォデミックが起こっているとも言われます。

コロナウィスルに限らず、2月のこの時期は、
インフルエンザやノロなどをはじめ、様々な感染症や
風邪などがはやる時期です。

空気が乾燥しており体調不良を起こしやすいこの時期
少しの熱や咳や鼻水などではお仕事を休むこともできず
薬を服用している方も多いのではないでしょうか?

今日は風邪薬などの薬の服用と運転について書きたいと思います。

●市販の風邪薬のパッケージに「服用後、車の運転をしないでください」と注意書きがあるのに、
その風邪薬を服用して車を運転した場合、法律違反になるのでしょうか。
●熱があるが仕事があるため運転した。法律違反になるのでしょうか

答えは2つとも「道路交通違反になります!」
過労運転等の禁止 
第66条 の項目の中に
~過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。~
とあります。

車の運転に影響を及ぼす薬が処方されるときは、医師や薬剤師からの説明に加え、
薬の説明書にも注意が記載されます。
もし、服用後に運転して死傷事故を起こした場合は、危険な運転行為を行ったとして、処罰が重くなる可能性があります。

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)にも
第2条「次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は15年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処する。」
の第1項「アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為」
との記載があります。

【運転操作に影響が出ないように、薬を服用するには・・・】
薬の中には、睡眠薬など服用した後は運転してはいけない薬や、
風邪薬など服用すると運転に支障をきたすおそれがある薬がある一方、
逆に持病がある方など、薬を服用し作用が効いた状態で運転すべき場合もあります。
では、薬を服用し心身を健康に保って正常な運転ができるようにするには、どうしたらよいのでしょうか。

●服用する薬が、運転操作に影響を及ぼす場合は・・・
服用する薬に眠気やアレルギーによる意識障害等の副作用がある場合
服用して運転すれば事故を引き起こすリスクが高くなります。
医師や薬剤師から、車の運転操作に関する注意を受けた場合は、運転を控えましょう。
また、薬局で処方薬と一緒にもらう説明書や、
一般の市販薬のパッケージなどには、薬の「使用上の注意」が記載されています。
「眠気」「ふらつき」など車の運転操作に影響を及ぼす副作用が記載されている場合や、
「車の運転操作はしないでください」と注意がある場合は、服用後の車の運転をやめましょう。
日常的に車を運転する必要がある方は、事前に医師や薬剤師に相談しましょう。
運転に影響を及ぼさない薬に変えられる場合があります。


風邪などひきやすいこの時期は
特に体調管理などをしっかりと行い、
体調不良を感じたときは無理をしない、医師に相談することが重要です。

日々安全運転を心がけ交通事故リスクを増やさないことを心がけたいところです。

大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には




#大阪西区接骨院 #大阪交通事故治療 #大阪交通事故 #大阪むちうち治療 #大阪鍼灸 #大阪市接骨院 #大阪市西区
交通事故治療 #大阪市マッサージ #大阪市あしつぼ #大阪市ヘッドマッサージ #大阪市猫背矯正 #大阪市マッサージ

投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.02.21 6:27)
花粉症と車の運転
今年は暖冬ということもあり、花粉の飛散も例年より早く始まっています。
過去に花粉症でくしゃみが酷い状態で運転したドライバーの車が他車と正面衝突し4人が死傷した交通事故が愛媛県であったそうです。
道路交通法により、「正常運転できない恐れがある場合は運転してはいけない」とされており、
花粉症の影響で減刑されることはないどころか、さらに重い責任が問われる可能性があると話題になっていました。


花粉症でくしゃみが止まらなかったり、目がかすんだ状態で運転し、危なく事故を起こしそうになったという方のお話もしばしば聞きます。
更にはその症状を緩和するために飲んだ花粉症の薬で眠くなったり、ボーっとしてしまい正常な判断ができないということもあります。

出来る限り花粉症の症状が出ているときは運転は避けたいですが、
仕事・育児などで乗らざるを得ない状況もあるでしょう。
こんなときは少しでも安全運転をできる環境作りが重要となってきます。

【車に乗るときの注意点】
①車に乗る前にまず衣服や髪についた花粉を落とす。
花粉症の人がやりがちな、衣服などをたたいて落とす......これは実は花粉を舞わせてしまい、それを吸ったり目に付着することで
症状がひどくなることがあります。
ウェットティッシュなどを常備しておくか、できれば車のすぐとれるところに置いて置き
衣服や髪から花粉を拭うようにふき取ってください。
濡れたティッシュでふき取ることにより、花粉が舞うのを防げます。
②外用マスクと車内用マスクを使い分けよう
外で着用していたマスクには花粉がたくさんついています。
何かの動作やエアコンなどの風で付着した花粉が再度舞ってしまうおそれもあるので、クルマの中ではマスクを交換することをお勧めします。
③ドアを開けるときはできるだけ開閉幅を小さくしましょう。
花粉をできるだけ車内にいれないことが重要です。
④同乗者にも花粉対策をお願いしよう
同乗者ももちろん同じように花粉が付着しているものと考え
花粉症の症状がある旨を伝え対策をしてもらいましょう
【走行中の車内での注意点】
①走行中は窓を開けない
②エアコンの換気モードは内気循環にする
③暖かいとボーっとしがちなので、エアコン温度は少し低めに設定する
④症状がでそうなときはガムやアメなどで少し症状が緩和することもあります。
 しかしながら、症状がひどいと感じたときはすぐに安全なところに停車してください

【普段からできること】
●車内はこまめに掃除!
●シガーソケットなどで利用できる吸気清浄機などを利用する
●高速道路の料金所などで窓をあける必要が無いようにETC設置
●薬は自分に合った薬をみつける
 病院などで相談し、自分の体質に合ったものを処方してもらいましょう

この時期、花粉症をもつ方にはとてもつらい時期になります。
いつもよりほんの少しの心掛けでつらい症状による危険な運転のリスクを下げ
安全運転を心がけることが大事になってきます。


大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には




#大阪西区接骨院 #大阪交通事故治療 #大阪交通事故 #大阪むちうち治療 #大阪鍼灸 #大阪市接骨院 #大阪市西区
交通事故治療 #大阪市マッサージ #大阪市あしつぼ #大阪市ヘッドマッサージ #大阪市猫背矯正 #大阪市マッサージ


投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.02.19 5:08)
令和2年1月の交通事故発生状況
大阪府警の発表の1月の交通事故発生状況は
前年にくらべ件数及び負傷者数が減少しました。
しかし死者数は11人で、前年と比較して4人(+57.1%)増加しました。

交通事故発生状況一覧
区分 令和2年 令和元年 前年対比(増減率)
件数 2,145 2,376 -231(-9.7)
死者数 11 7 +4(+57.1)
負傷者数 2,518 2,834
-316(-11.2



大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には




#大阪西区接骨院 #大阪交通事故治療 #大阪交通事故 #大阪むちうち治療 #大阪鍼灸 #大阪市接骨院 #大阪市西区
交通事故治療 #大阪市マッサージ #大阪市あしつぼ #大阪市ヘッドマッサージ #大阪市猫背矯正 #大阪市マッサージ
投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.02.13 4:38)
不調の原因は背骨のゆがみ!?
肩こり・首のこり・
腰痛・膝痛
O脚・X脚・下半身太り・むくみ
手足のしびれ

このような症状でお悩みの方も多いかと思います。
実はこのような症状の原因は
実は背骨のゆがみや骨盤のゆがみが原因のことが多いのです。
【背骨の歪み】
背骨の歪みは、大きく2つに分類することができます。
背骨が左右方向に歪む症状を「脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)」といいます。
「左右の肩の高さが違う」「左右でズボンの長さが違う」「いつも組む足が同じ」などといった症状がこれにあたります。

一方、後方向に歪む症状を「脊椎後弯症(せきついこうわんしょう)」といいます。
「背中が曲がる(猫背)」「お腹がポッコリと出る」といった症状を引き起こします。
背骨の歪みには先天性のものや、原因がはっきりしていない特発性のものもありますが、主に日常生活での動作習慣が大きく関わってきます。
【背骨の歪みの原因は日常生活のちょっとしたクセや習慣】
①足を組む
一番に多くの方に見られるクセは、足を組むこと。
左右どちらを上にして足を組んでも、背骨は大きく歪んでしまいます。
また、足を組み変える動作も身体に良くありません。
さらには、足を組むことでお腹が圧迫されて脚の血液が心臓に上がりにくくなり、むくみや冷え性などの原因になることもあるのです。
 
②腕を組んで立つ
一件立っているときの動作は、さほど関係なさそうに思えますが、
腕を組んで立つとお腹の前の方に重心が掛かり、背中が丸まってしまうので、首・肩こりや頭痛などの症状が起こりやすくなります。

③頬杖をつく
考えごとをしたりするとき意外と本人は気づいていないクセが頬杖をつくです。
片方のひじを机について顎を支えることも、背骨が片側に大きく歪む原因となります。
また、片側のお尻に体重が乗り、骨盤が歪みます。その上にある背骨も歪み、肩の位置や顔にまで歪みが及ぶこともあります。
 
③横座りをする
女性に多いのが横座り。リビングでくつろいでいたりTVを見ているときなどに、無意識にこの座り方をしている方が多いのです。
横座りは骨盤が片側に歪み、反面、身体を真っ直ぐにしようとする動作で腰の部分の背骨(腰椎)が反対側に歪みます。
女性の座り方の中では最も良くない座り方です。
椅子などに腰掛ける生活から畳や床に座る生活になって、横座りを始めたとたん、腰痛が発症したり、便通が乱れたり、生理痛がきつくなっとい例も多くあります。
 
④片足に重心を乗せて立ち続ける
両足に重心をしっかり載せて立つことを意識していない人は多く、つい立ち話などのときに左右どちらかの足に重心が偏っている場合が多いのです。
片足に重心を乗せて立ち続けると骨盤が歪み、その上にある背骨も大きく歪みます。
この動作が習慣づいてしまうと、背骨が歪むと同時に左右側の筋肉もどちらかに極端に張ってしまい、腰痛などにも繋がる可能性も考えられます。
 
⑤高い枕を使用する
家でくつろいでいるとき、スマホ操作やTVを見るときなどに高い枕で寝転がったり、日常的に高い枕の方が寝やすいという方もよく聞きます。
身体に合わない高い枕を使用すると、首の付け根から肩甲骨の辺りの筋肉の柔軟性が悪くなり、
首に過度の負担が掛かることで、歪みの原因となります。また、首痛、腕の痛みやしびれなどを引き起こすことにつながります。
 
⑥長時間パソコン・スマホをつかう
現代人におおい日常習慣がこれ。
パソコンに向かうと腰が後ろに倒れて背中が丸まり、 頭が肩の前に出てしまう姿勢になります。この姿勢を長時間続けると、背骨の歪みに影響してくることになります。また、パソコンに向かうと、足を組んだり、頬杖をついたりなど、背骨の歪みに繋がる動作になりがちです。これらの動作は習慣づけられてしまっている場合が多いため、なかなか修正が難しいものです。
また、スマホ操作も無意識に下向きになり背中が丸まり同様の姿勢になり、首に負担がかかり背骨の歪みも影響してくることになります。
【背骨の歪みのが引き起こす症状】
●肩こり・首の痛み
「首や肩全体が凝る」「動かすと痛む」「朝起きると首が動かない(寝違え)」など、首から肩周辺の筋肉の柔軟性が失われます。

●腰痛や・膝の痛み
「座ると姿勢で痛みがある」「立っているのがつらい」「股関節や足の付け根が痛い」「クシャミが腰にひびく」などの症状は、
偏った重心位置や骨盤の歪みなどからくる左右の差が原因です。

●手足の痛みやしびれ
背骨の歪みによって神経が圧迫されると、手足に痛みやしびれが起こります。
指先や足先の痛みやしびれで感覚がなくなっている状態が続くと、細かい作業や運動に支障を及ぼします。
●頭痛
歪んだ姿勢でずっといると首や肩の筋肉の柔軟性が失われ、血流も悪くなり頭痛などの原因を引き起こします
●足のむくみや冷え
無理な姿勢などを繰り返すことによりお腹の神経が圧迫され脚の血液が心臓に上がりにくくなりむくみや冷えを起こします。

ほかには、月経痛が酷くなったり慢性疲労や睡眠障害、集中力の欠如、うつ症状など、身体だけじゃなく精神的に悩まされる危険性もあります。

◆優鍼灸接骨院では歪んだ背骨・骨盤を矯正するメニューをご用意しております。

歪みを整える時に鳴ることがある【ポキッ】と言う音がならないソフト矯正も
おこなっております。歪みは気になっているが怖いから今まで受けていなかった
という方、一度お試し下さい。


投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.02.05 4:27)