大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故多発※飲酒運転における刑罰について
お酒を飲んだら乗らない!
乗るなら飲まない!
当たり前のことですが、まだまだ大阪でも飲酒運転による事故は多発しているそうです。

自身も車には毎日乗りますが、飲酒をする予定のある日は公共機関を利用する
急な時は代行運転やタクシーを利用する
を心がけ、飲んだら絶対乗らないはドライバーとして当然の義務だと思って生活しています。

しかしながら
大阪の
飲酒運転による交通事故

5月末における大阪府下の飲酒運転による交通事故件数は前年同期と比べ増加しました。

  • 飲酒運転による交通事故件数(2019年5月末)
    74件(前年比+3件)
  • 飲酒運転による交通事故死者数(2019年5月末)
    7人(前年比+6人)
とまだまだ多発しているのです。

飲酒運転撲滅!しない!させない!許さない

飲酒運転による交通事故は、当事者はもちろん、その周りの人までも不幸にします

飲酒運転は犯罪です

飲酒運転は絶対にやめましょう

そして、大阪の街から飲酒運転をなくしましょう


飲酒運転には厳しい罰則があります。

酒酔い運転

罰則5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転

罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

飲酒運転で人身事故を起こすと、更に厳しい罰則があります。

運転者ではない方にも厳しい罰則があります。

車両提供

酒気を帯びて車両等を運転することとなるおそれのある者に、車両等を提供してはいけません。

  • 運転者が酒酔いの場合
    罰則5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯びの場合
    罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類提供

酒気を帯びて車両等を運転することとなるおそれのある者に、酒類を提供し、または飲酒をすすめてはいけません。

車両同乗

車両の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、その車両に乗せてくれるよう、運転者に要求または依頼をして、車両に同乗してはいけません。

  • 運転者が酒酔いの場合
    罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯びの場合
    罰則2年以下の懲役又は30万円以下の罰金




皆さま、ちょっとなら、少しだから大丈夫は危険です

その気のゆるみが交通事故の原因となる可能性はかなりの確率で高いのです。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html






投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.08 2:07)
昨年の交通事故・死亡事故の特徴
昨年度の全国における交通死亡事故の特徴が大阪府警より発表されていました。

死者数は減少傾向(3,532人)
人口10万人あたりの死者数も同様に減少しています。
しかしながら高齢者の人口10万人あたりの交通事故死者数は全年齢の約2倍と高い状態です。

自動運転装置・自動ブレーキシステム・車の装備の基準の上昇などにより死亡事故が減少傾向にあることは良いことです。


全死者数の約半数が歩行中又は自転車乗用中の死者
  • うち約7割が高齢者
  • うち約3分の2に法令違反あり。



高齢運転者による死亡事故件数は75歳以上、80歳以上のいずれも増加
最近ニュースでも多く見かける高齢者の事故は増加傾向にあります。

◆携帯電話使用等に係る事故は増加傾向
携帯使用に関わる事故は約二倍



分析を踏まえた今後の取組の発表
制度の見直し・検討
  • 携帯電話使用等の罰則強化
  • 高齢運転者対策(実車試験・限定条件付免許)
  •  
広報啓発と交通指導取締りの強化
  • 歩行者の横断違反の防止、自転車の交通ルール遵守
  • 車両側の横断歩行者保護、速度違反対策


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html






投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.04 0:58)
交差点での右折車と直進車の事故
先日、直進車と右折車が接触し、避けようと左にハンドルを切った直進車が歩道に突っ込むという痛ましい事故がありました。

信号機のある交差点に、直進車・右折車ともに青信号で進入した場合の事故の場合
【まず基本過失割合はどうなるのでしょうか?】
車両等が交差点で右折する場合には、直進や左折をしようとする車両の進行を妨害してはならない(道路交通法34条)と定められています。
そのため、右折車は直進車が通り過ぎるのを待たなければならず、右折車のほうが優先度が低くなります。
したがって、右折車に80%の過失があります。
その一方で、直進車にも交差点内はできる限り安全な速度と方法で進行する義務(道路交通法36条4項)があります。
このケースでは、直進車から対向車が見えているので、対向車が右折してくる可能性を予測して運転する義務があります。
この点で直進車にも20%の過失があります。

【接触事故には速度も大きくかかわります】
とあるテレビ番組で直進車と右折車の接触事故の検証を行っておりました。
まず直進車の速度を40km/h未満で走らせたとき、
突然右折してきた車に気づき慌てて急ブレーキを踏み、接触するギリギリで止まることができました。

直進車の速度を50km/hで走らせたとき、
右折車に気づきとっさによけようと左にハンドルを切り急ブレーキをかけたが車同士が接触してしまいました。
しかし接触したことで止まりました。

そして直進車の速度を60km/hで走らせたとき、
右折車に気づいたがブレーキが間に合わず左に大きくハンドルをきり、車同士の接触の衝撃力が加わり
はじかれる様に先にある歩道を想定したコーンに衝突しました。

この結果からわかるように
速度は交通事故の衝撃にも大きく関わってきます。
「直進車、左折車が優先だから」
「右折車は止まってくれるはず」と決めつけず
交差点進入時は、速度を落とし細心の注意を払う必要があるといえるでしょう。


交通事故による悲しい事故を減らすために、被害者を増やさないためにも
ドライバーは、安全運転を心がけましょう。

万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.05.23 14:33)
ブレーキの踏み間違い事故は高齢者特有の事故ではない
ゴールデンウィーク前後、アクセルとブレーキのペダルを踏み違える事故で
歩行者などが巻き込まれる痛ましい事故がニュースでも取り上げられていました。
【高齢者だけじゃない!踏み間違え事故】
踏み間違い事故を、29歳以下、30歳代、40歳代、50歳代、60歳代、70歳代以上の年齢区分で分けると、
年齢別の全交通事故件数に占める踏み間違い事故を起こす比率は、
70歳以上が他の年齢層の約2.5倍から約4倍と極端に高くなっています。
しかし
踏み間違い事故の絶対件数は、29歳以下がもっとも多く、70歳代以上の1.4倍です。
その他の年代でも、極端に低くありません。

29歳以下の踏み間違い事故の絶対件数が多いのは、
推測になりますが、29歳以下の年齢層の方が車を運転する機会が多いこと。
さらに免許取り立てによる運転操作が未熟なことなどが考えられます。
また、各年代別で免許保有者数に違いがあるため、高齢者がどの程度、踏み間違い事故を起こしやすいかは絶対件数では比較できません。

【なぜ高齢者に多いと認識されているのでしょうか】
高齢者の起こす事故には大事故が多く、マスコミが高齢者の事故を特に大きく取り上げている可能性があります。
では、なぜ大事故になるケースが多いのでしょうか?
●長年の積み重ねの無意識・慣れによるもの
●身体能力の低下
●突発的な状況での反射神経・判断能力の低下

しかし、この状況は若い人でも大いにある状況なのです。
【若年・ベテランドライバーも同じことが起きる可能性があることを認識しておく】
●免許をとって一定年数が経って運転になれてきている。
●仕事や遊びなどで疲労している、睡眠不足や注意力が低下している
●時間などに追われて気がせいているとき
などなどです。
そのため、踏み間違い事故は高齢者に特有なので、若い内はまったく心配しなくても良いと過信するのは危険です。
全年齢層が起こす可能性の事故であるので、
今、まだ若いから心配する必要がないと思っても、踏み間違いをしない運転を心がけておく必要があるといえるでしょう。

【踏み間違い事故を予防するために】
●日ごろから時間に余裕をもって出発する
●横道などからの飛び出しなどの危険予測をし、安全運転を心がける
●睡眠不足や体調不良の時はゆっくり休息をとる、運転を避ける
●自動ブレーキシステムやナルセペダル(ワンペダル)などの装置を利用する

万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html



投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.05.15 12:49)