大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

台風の運転注意点
台風21号・北海道地震で被災された皆様方にお見舞い申し上げます。

台風21号の影響で大阪でも甚大な被害がでました。
ここで台風時の運転の注意点・交通事故について書きたいと思います。


台風は強烈な雨や風を引き起こし、場合によっては甚大な被害を与えるとても危険な自然災害です。

台風が接近すると電車などの交通機関がストップし、家路につくことが困難となってしまうこともありますよね。
そのような時に、学校への送り迎えや仕事場への通勤手段として車を利用する方も多いでしょう。
ですが車を使用する際にも、注意が大変必要です。


突風や大雨で、車を運転する側の人間が災害に巻き込まれたり、動けなくなってしまうことがあります。
特に冠水によるトラブルはとても多いです。
「気をつけて運転する」だけでなく、台風の中で運転する場合に注意するポイントをご紹介します。
台風は強烈な雨や風を引き起こし、場合によっては甚大な被害を与えるとても危険な自然災害です。
先日発生した
台風が接近すると電車などの交通機関がストップし、家路につくことが困難となってしまうこともありますよね。
そのような時に、学校への送り迎えや仕事場への通勤手段として車を利用する方も多いでしょう。
ですが車を使用する際にも、注意が必要です。
突風や大雨で、車を運転する側の人間が災害に巻き込まれたり、動けなくなってしまうことがあります。
特に冠水によるトラブルはとても多いです。
「気をつけて運転する」だけでなく、台風の中で運転する場合に注意するポイントをご紹介します。
JAFが過去の大型台風時のロードサービスの依頼内容と件数をまとめているサイトを見ると
圧倒的に冠水が多いんです。

冠水した道路を通ってみたら意外と水深が深かった...ということで動けなくなる車も多いのでしょう。
「これくらいなら大丈夫だろう」と思い込み運転すると大変危険です。
また急な豪雨で一気に冠水する恐れもあります。
事前に気象庁などの情報をチェックして早めの帰宅・早めの準備、必要ならば早めの避難を心がけましょう。

また今回の台風では西宮で高潮により、多くの車がぶつかり火災が発生しました。
海に近い地域や、海抜の低い地域に停車する場合、少しでも高台に車を非難させることも心がけましょう。

【万が一運転中に台風が来てしまった場合の注意点】
①スピードを落とす
 「当たり前でしょ」と軽く思われる方こそ要注意です。
普段走り慣れた道であれば、なおさら意識してスピードを落としたほうがいいです!
知らない土地で知らない道を走行する時は、無意識にスピードが落ちますよね。
これは、道があまりわからないこと、慣れていないことなどから、周りをしっかり見て注意しようとするためにスピードが落ちているのです。
逆に、慣れ親しんだ道だと道路状況や周りの景色も見慣れてしまって、いつの間にかスピードを出しすぎてしまうことがあります。
特に台風で急いで迎えに行きたい、早く家に帰りたいという気持ちから、スピードが上がる傾向もあります。
台風接近時は何かが飛んできたりもしますから、先行者が急ブレーキを踏んでも対処できるほどのスピードで走行しましょう。(法定速度マイナス5km/h程度が最適です。)

②強風にあおられ車が横転してしまわないよう気をつける
今回の台風21号でもトラックやミニバンなどが横転している現場をニュースで多数見ました。
台風がもたらす『強風』。
台風の時は、強い風が一定方向に吹いているのではなく、突然強い風が吹くため危険です。
また、トンネルの出入り口や橋の上、海岸沿いなどは横から大きく煽られることがあるので特に注意が必要です。
 
車は、風で横転しないよう設計されていますが、ハンドルの切り方やタイミングによっては、大きく風にあおられて横転してしまう可能性があります。
特にミニバンのように車高の高い車は、風を受ける面積が大きいので、しっかりとハンドルを握ってください。
③自車の存在を周囲に知らせる
台風には『雨』がつきものです。
土砂降りの雨の中、車を走らせるのは運転に慣れた人でもなかなか怖いですよね。
どれだけワイパーを早く動かしても、雨によって視界が悪く遠くまで見渡すことができません。
さらに、対向車の巻き上げる雨水で視界が悪くなることもあります。
このような場合、ヘッドライトやフォグライト(小さいライト)・バックフォグ(後ろに着いている小さいライト)をつけ、
自車の存在を周囲に知らせましょう。

●情報をこまめにチェックし把握しよう
以前西日本豪雨の時に記事でも書きましたが、
市町村や国土交通省が発表している『冠水路マップ』を利用したり、
『ハザードマップ』であらかじめ確認しておくといいですね。

■まとめ
台風時の運転に無理は禁物!安全が最優先!
とにかく無事に目的地につくことが最優先です。
焦って車を飛ばす必要はありません!
近くの建物へ一時的に避難したり、車の中で雨風が弱まるのをやり過ごしたり、台風が過ぎ去るのを待ちましょう。

焦ってしまうと思わぬ事故に遭遇してしまいますから、近道でも道路状況などが悪そうな箇所は通らず、
遠回りすることも懸命な判断です。

万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください








投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.09.07 2:48)
台風21号の影響・安全運転を
台風21号が関西を直撃し、甚大な被害が出ています。
わたくしの自宅周辺も停電が続いております。
関西電力の発表によると停電が発生している軒数は以下の通りです。

<台風21号による停電について
9月5日(水) 
総停電軒数(のべ)約2,044,000軒
大阪府     約1,007,000軒
京都府     約  163,000軒
兵庫県     約  418,000軒
奈良県     約   51,000軒
滋賀県     約  118,000軒
和歌山県    約  262,000軒
福井県(一部) 約   16,000軒
三重県(一部) 約    9,000軒

また、停電に伴い、信号機などもストップしてしまっているとこも多数あります。
停電している交差点などに侵入時は、十分な配慮をもって安全を確認し、ゆっくり侵入してください。
また、台風の影響で、様々なものが道路上にも散乱しております。
スピードを落として、しっかりと前方確認して事故のない運転を心がけましょう。


万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.09.05 2:45)
自転車は 「車両の仲間」 です。
運転免許がなくても乗れる自転車。
通勤・通学・子育て......生活の足として必需品とも言え
気軽な移動手段として利用している方も多いと思います。
先日、クルマを運転中に、学生が、友達としゃべりながら横並びで走行し
十字路に侵入してきて、ドキッとした経験があります。
また、最近では携帯を触りながら走っている自転車を見かけることも......

自転車は「軽車両」ということを忘れてはいけません!!
自転車の立場は道路交通法では車両の一種 『軽車両』となります。
2015年6月からは自転車も厳罰・道交法改正が施行されるようになり
以下の取り締まりの対象となっています。
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反など
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏切への立ち入り
7.交差点での優先道路通行車の妨害など
8.交差点での右折車優先妨害など
9.環状交差点での安全進行義務違反など
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反
自転車を利用している方は
左側通行で走行し、「止まれ」の標識がある交差点では、必ず一時停止して安全確認をしましょう。
また、「止まれ」の標識がなくても速度を控え、しっかり安全確認をしましょう。
また車のドライバーも、
自転車に対しての危険予測して運転する必要があります。
急に車線を横切って渡ってくる
交差点や十字路など、一旦停止せず侵入してくる。
スマホ操作運転。
イヤホンで音楽を聴いていて車が来たことに気づいていない。
歩道に人をよけながら、歩道と車道を蛇行する。
などなど

自転車は軽車両で車の中まです。
自転車・歩行者・車が双方に危険を予測し、交通事故を起こさないための
安全確認が必要です。

万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.30 1:25)
8月は、大型貨物関連死亡事故が最多となる時期!
8月は、大型貨物関連死亡事故が最多となる時期!
大阪府警の発表では、8月は大型貨物関連の死亡事故が最多となっております。
■大型貨物関連死亡事故の4分の1が左折時の事故!
夏休みや長期休暇などで子供や普段人通りが少ない道でも人が多くなります。

貨物自動車ドライバーの皆さん
・ 交差点を通行する際は、しっかり安全を確認しましょう!
特に左折の際は、死角となりやすい 左後方の巻きこみ に十分注意しましょう!
・ 交差点を右左折する際は、横断歩道上や横断歩道付近に歩行者や自転車がいないかをしっかり確認しましょう!
・ カーテン(助手席を含む)を閉める、助手席に棚、テレビ等の物を置くなど、「運転者の視野を妨害する積載」は、乗車積載方法違反となります!
視野を妨げ、危険ですので絶対にやめましょう!


万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.22 0:45)