大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

骨盤のゆがみセルフチェック②
先日骨盤のゆがみセルフチェック①で
【前傾後傾のチェック方法】をご紹介いたしました

セルフチェックその②は
骨盤のねじれチェック!

部屋などで真っ直ぐたちます。
目の前にあるものや壁の位置などで自分の向いている方向を確認して覚えておいてください。
目を閉じてその場で足踏みを30~50回ほどしてみましょう。
先ほど目印に覚えておいたスタート地点から右か左に回転してしまった場合そちら側に骨盤がねじれてゆがんでしまっているということになります。


【骨盤のねじれが引き起こす症状】
骨盤にゆがみあると、股関節にもゆがみが生じてリンパや血流などが滞ります。
むくみや下半身太り、痩せにくい身体につながります。
太ってくると、お腹の重みで引っ張られて反り腰になることもあります。
また、下半身の血流の滞ると全身の血液循環が不十分になり臓器や組織への酸素や栄養が不足しがちになり、
疲れが取れにくい体質になってしまいます。



骨盤のゆがみはさまざまな不調を招きます。

優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.10.11 6:23)
骨盤のゆがみセルフチェック①
骨盤のゆがみセルフチェック①
以前背骨のゆがみについてご紹介しました。
●背骨のゆがみで不調になる?
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2019/08/post-1048.htm
●背骨の歪みチェックをしてみよう!
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2019/08/post-1049.html
背骨のゆがみ、骨盤のゆがみが原因での不調でご来院された患者様より
ご質問をいただくことが多いので
今回は骨盤のゆがみについて詳しくご紹介したいと思います。


セルフチェックその①は
前傾と後傾のチェック!


【前傾後傾のチェック方法】
検査として、壁に頭、背中、かかとをつけた状態でまっすぐ立ってみます。
壁と腰の間にすきまがどのくらいできるかで判断することができます。
自分の拳が1個入るようであれば「骨盤前傾」で反り腰気味です。
逆に手が入りづらく腰が曲がっているような方は、「骨盤後傾」で猫背気味ということになります。


【骨盤前傾】
「前傾」はいわゆる反り腰といった状態で、女性に多い傾向にあります。
腰が反りすぎると肩や首に負担がかかりやすく、肩こりや頭痛に悩まされている方が多く見られます。
また反り腰の方がスポーツなどを頑張りすぎて、腰椎(背骨の一部)がずれ、
神経が圧迫されて痛みが出る深刻な状況 になってしまうこともよくあります。

【骨盤後傾】
骨盤全体が後ろに倒れてしまっている状態を「後傾」と言います。
これは猫背になりやすいタイプで、多くの方がこのタイプに分類されます。
子供の頃から猫背の癖があったり、座っている姿勢が背中を丸くすることが多かったりと、
背中を丸めていると骨盤が後傾した状態で固まってしまいます。
「後傾」の方には腰回りの痛みやしびれが現れやすい傾向にあります。
これは以前にご紹介した「肩こり・腰痛・頭痛・むくみの原因ともなる猫背」でも書かせていただきました症状です。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2019/07/post-1044.html



【前傾と後傾で引き起こす症状】
傾いていると首・肩・背中に負担がかかってしまいます。
神経は首(特に上部)でコントロールされているため、
硬く凝っていたり詰まりができると自律神経の乱れにもつながります。
また、骨盤が後傾して内臓の位置が本来あるべきところからずれていると、血流が滞りがちになり不妊につながってしまう可能性があります。

【起きやすい身体の不調】
骨盤前傾 ⇒ 反り腰、O脚、足のしびれ
骨盤後傾 ⇒ 腰痛、肩こり、頭痛、猫背、不妊

骨盤のゆがみはさまざまな不調を招きます。

優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.10.09 6:00)
災害などで信号機の停電時に気をつけること!
先日大型台風で千葉県が大規模な停電が起こり大変な思いをされているというニュースを毎日流れています。
先日雨の日の運転について書きましたが
本日は「万一運転中に停電になってしまったら・・・」を書きたいと思います。

災害などで突然信号が消えてしまった時、
車を運転している最中だったとしたらどうして良いかわからなくなり焦ると思います。

警察官による交通整理がされている交差点では、警察官の手信号に従って走行しましょう。
しかし手信号の内容をあまりよく知っている人が少ないのも事実ですね。
まず手信号について書きます。
■青信号
素手の場合:手を水平に伸ばし、水平方向が青信号
灯火の場合:灯火が振られている方向が青信号

■黄信号
素手の場合:水平に伸ばされた腕が垂直に上げられている時に、黄信号
灯火の場合:灯りが警察官の頭上に上げられている時に、黄信号
■赤信号
素手の場合:水平に伸ばされた腕の対面方向が赤信号
灯火の場合:振られている灯火に対面する方向が赤信号


しかし地震や自然災害の直後など、まだ警察官による手信号がされていない場合には注意が必要です。
速度を落としてゆっくりと走行し、交差点に進入する際には、一時停止を必ず行い
最大限注意して進むようにしましょう。
また、信号機が停電時の交通ルールは通常の信号機の無い交差点と同じ扱いになります。
交差点で自分と相手とどちらが優先か、という点に関しては信号機の無い交差点と同じように道幅の広さで優先道路を判断します。



万が一の交通事故の場合には
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.09.30 4:18)
台風接近。雨の日の運転について
先日大型台風で千葉県が大規模な停電が起こり大変な思いをされているというニュースを毎日流れています。
本日天気予報を見ていたら、また台風が接近しているとのこと。
そこで雨の日の運転について少し書きたいと思います。

雨が降ると路面が滑りやすくなり、視界の悪化によって危険の察知が遅れがちになるため、雨の日の運転には十分な注意が必要です。
実際に雨の日の事故の多くは、この「スリップ」と「見落とし」によるものが大半を占めています。
◆スリップを防ぐためのポイント
天時の乾いた路面に比べ、雨が降って濡れた路面は摩擦による抵抗が減少して非常に滑りやすくなります。
雨の日にはスピードを控えめにし、車間距離を多めにとることが事故防止の第一歩となります。
◆雨の降り始めとスピードの出し過ぎに注意
特に、雨の降り始めには十分な警戒が必要です。
舗装路では、雨が降ると表面の汚れやホコリが浮き上がって路面にオイルをまいたような状態になるため、急激に滑りやすくなります。
雨が本格的に降っていないからといって油断すると、思わぬ事故につながります。
そして、スリップ事故の多くはスピードの出しすぎによるものです。
雨が降り始めたらすぐにスピードを落としましょう。
また、前を走るクルマと接近しすぎていると、前のクルマが減速した時に急ブレーキを踏むことになってスリップしやすくなります。
雨の日の制動距離(*1)は晴天時にくらべて長くなる傾向にあるため、前のクルマとの車間距離も多めに取るようにしましょう。
(*1)制動距離とは、ブレーキを踏んでからクルマが止まるまでの距離をいいます。

雨の日の交通事故は通常時にくらべ1.2~1.5倍と言われております。
運転に気を付けましょう
万が一の交通事故の場合には
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.09.28 4:06)