大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

整体・ほぐし・マッサージ・接骨院・整骨院の違い
整体・ほぐし・マッサージ・接骨院・整骨院
よく「違いはなに?」と質問されることがあります。

今日はこの違いについて詳しく説明したいと思います。


■整体とは?
整体とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指します。
日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、
一説によるとアメリカで誕生したカイロプラクティック・オステオパシー・スポンディロセラピーなどを
日本古来の手技療法と組み合わせ、「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりとのこと。
整体には法的資格制度がなく、整体師は誰でも名乗ることができる。
民間資格、もしくは独学で開業ができます。
法的な資格として存在しないので、誰でも名乗れちゃいます。
なので、整体を受けるときは施術者との信頼関係・技術は非常に重要となってくるでしょう。

■マッサージ
あん摩マッサージ指圧師とは、あん摩マッサージ指圧師国家試験を所持している人のことを指します。
法律上の正式名称は「あん摩マツサージ指圧師(一般的な呼び名は『マッサージ師』)」

本来は一般にマッサージ師といわれる人は国家資格をもっていますし、もっていないと名乗ってはいけないのです。
しかしながら「整体」や「カイロプラクティック」、「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」「リラクゼーション」などの名称での
マッサージ業類似行為をする者が後を絶たない現状があります。
以上のことからあん摩マッサージ指圧師関連団体は厚生労働省に対して法改正など定期的に協議されているようです。

「マッサージ」という言葉のほうが一般的に馴染みがあるので使いたいのでしょう。
しかしお客さんとしてマッサージを受けに行く場合、資格のあるなしなど一見わかりづらく、
よく耳にするのは当たりはずれ。
これも技術が非常に重要となってきます。
■ほぐし
上記マッサージの資格の問題があるために
「ほぐし」という言葉を使用する店舗も増えていますね。
 
「ほぐしやさん」とか「もみほぐし」という看板のお店をよく街中でみかけますよね。。
これは国家資格者がいないと法的に使えない「マッサージ」に代わる言葉として使われはじめた言葉です。
 
ここは経験者もいますが、未経験の人でも店舗の研修を受けて認められれば簡単に現場に出られます。
つまり施術者によって当たりハズレというか、実力差がとてもあります。

■整骨院・接骨院
接骨院とは、柔道整復師の国家資格を所有するものが柔道整復術を行う施術所です。整骨院、ほねつぎとも呼ばれます。
当院も、この接骨院にあたります。
接骨院・整骨院は整体院となるとまったくの別物になります。
見分けかたとしては「骨」という字が入っているかどうかですね。
入っていれば柔道整復師が開設しているものになります。
柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・筋健など軟部組織の損傷の治療の医療行為を行うことができるのです。
ここが整体師や民間資格との大きな違いです。

医療行為として国に認められているため、
急性・亜急性の「外傷」等の場合、
接骨院・整骨院では健康保険適応の治療が受けられます。

【大阪・大阪市の交通事故治療・むちうち症治療】
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html


また、体のことを知り尽くした柔道整復師の国家資格をもつスタッフの施術による自費メニューもございます!
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.21 2:06)
寒くなると過去のむちうち症やケガのあとが痛む?
冬になると「古傷が痛む」とよく聞きますよね?
なぜ寒くなると痛むのでしょうか?
●筋肉の緊張
まず、寒くなると古傷が痛む原因としては、筋肉が緊張するためだと考えられます。
ヒトの体は寒さを感じると、筋肉を収縮させて体温を外へ逃がさないようにします。
同時に、体温が下がらないように、エネルギーを消費して熱を生産するのです。

筋肉は筋膜という組織に包まれているのですが、
身体を動かす時は、両者が連動することによって、ひとつの動作を実現しています。
本来なら、筋肉と筋膜は滑らかに連動するのですが、怪我などをしたことにより、
筋肉、筋膜に傷がつくと、スムーズに連動しなくなることがあります。
日常生活では何の違和感も感じていなかったとしても
寒さで筋肉が収縮することにより、筋肉・筋膜の動きが悪くなることにより
痛めた箇所に負担がかかるなどで痛みを感じます。
過去に負った傷は日常生活にさしつかえなく完治しているとは言っても、
厳密に言えば損傷を受けた部分には、なんらかの痕跡が残ります。
その傷跡の大きさや角度などによって、筋肉の緊張などが起こったときに
「完治した後も痛みを感じることがある」ということがあるのです。


●気圧
冬になると低気圧が日本の上空に近付き、高気圧の勢力が落ちます。
冬に限らず、夏場でも台風などが近付いた時も気圧が下がるため
筋肉痛や疲労感、頭痛を感じやすい方もいらっしゃるかと思います。

気圧の変動に伴い、短時間で交感神経と副交感神経が入れ替わるため、自律神経が不安定になっていることが原因の場合もあります。
また気圧が低くなることにより、むくみなどが起こり、血流が悪化し、筋肉の動きを悪くしてしまい、
怪我の箇所に負担がかかり、痛みを感じでしまうことも多くあります。



【対処方法は?】

まずは体を十分に温めること。
ゆっくりとリラックスしながらの入浴なども効果的です。
無理に動かしたり自己流のマッサージなどをしてしまうと、筋を傷めたり、別の場所に負担がかかり悪化させてしまう可能性もあります。
痛みを感じたら、なるべく早めに受診しましょう。


【後遺症を残さないために】
まず、交通事故などでむち打ち症に合って場合は、
早めの対処がカギとなります。

交通事故にあった時は、ほとんどの方が病院や整形外科に行くことが多いと思います。
整形外科では
主にレントゲンやMRI、CTスキャンなどでカラダの内部を撮影して異常があるかないかを判断します。その後必要に応じてリハビリなどを行ないます。
レントゲンに写った骨に骨折などの異常が見当たらなければ、「異常なし」という診断になってしまいます。
レントゲンでは筋肉などやわらかいものは写らないのです。
したがって「むち打ち」や「腰痛」などのように筋肉や関節の周辺などを痛めてしまっている場合には画像として映らないため、
診断としては「異常なし」となってしまうのです。
病院整形外科では「むち打ち」や「腰痛」というのは病気ではなく、原因が良く分からない症状という判断になってしまうのです。
痛みを訴えても湿布薬や痛み止めといった応急処置をとる対処治療をとる場合がほとんどです。
「むち打ちには手技による治療が必要不可欠なんです!」
整骨院では?
東洋医学の考えを中心に体の機能や筋肉をしっかりと把握した国家資格保持者が
治療しますので、
全身の状態を把握しながら、手技で体内の循環を良くして患部を 良い状態にします。
残念ながら接骨院ではレントゲンなどは撮れません。ですから、事故後は必ず病院での画像診断を受ける必要があります。
その上で接骨院での手技による治療を受けることをお勧めいたします。
同時通院も可能です
優鍼灸接骨院は、整形外科などの病院に通いながらの平行通院も可能です。
保険への申請なども可能ですのでお気軽にご相談ください。




交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.02 11:12)
大阪市西区・交通事故について
先日しらべものをしていて
大阪の72地域(大阪市各区・大阪府下各市町村)の交通事故発生率の危険度ランキングというものを見つけて
当院のある大阪市西区の交通事故の状況について気になって記事を読みました。


結果は、なんと3位という衝撃的な順位...
大阪市中央区・大阪市天王寺区に続いて大阪市西区でした。
危険度は74.94と記載されておりました。


情報の統計の取り方や信ぴょう性がどれほどなのかわかりかねるので
ここではこういった記事を見かけたことだけをご紹介したいと思いますが、
交通事故が多いというのは、事実のようです。

大阪府警のホームページで
大阪府西区の交通事故発生場所のマップが公開されており、
危険個所を注意喚起してくださっています。

身近な場所や、日ごろ運転して通る場所、
お子様の通学路など
チェックして日々安全運転を心がけるようにつとめましょう。


大阪府 大阪市 で
万が一の交通事故の場合には・・・
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.10.28 7:42)
秋の交通事故に注意!大阪の車のライト点灯推奨時刻
すっかり秋の空気になり、朝晩は少し冷え込む季節になりましたね。
今年の10月は台風が多く発生し、また逆に大阪ではまだ25度超えする夏日も数日ありました。
寒暖差で不調を起こしてしまった方も多いのではないでしょうか?
ようやく秋になりましたが、気づけばあっという間に冬を迎えるこの時期。
日没時間も日に日に早くなってきています。

11月の交通事故は夕暮れ時の死亡事故が最多となる月です。
薄暮時間帯の交通事故による死亡事故は昼間のなんと4倍もあるのです!

16時~17時の交通事故の死者数が年間でもっとも多い月になります。

また、薄暮時間(日没前後の1時間)の交通事故の内容としましては
自動車と歩行者が衝突する死亡事故がもっとも多く発生しています。

■ライト点灯時刻(目安)と日没時刻
日没時刻の30分前にライトの点灯が推奨されています。

大阪の9月~12月(2018年各月15日で測定)のライト点灯時刻推奨時刻は(目安です)
9月 17:35(日没時刻18:06)
10月 16:55(日没時刻17:24)
11月 16:25(日没時刻16:54)
12月 16:20(日没時刻16:49)

見ていただければわかるように9月から比べて
11月は日没時間がなんと1時間以上も早くなっているのがわかります。
早めのライト点灯を心がけ、安全運転で交通事故を起こさないドライブを!

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.10.24 7:21)