大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故の基礎知識②危険運転

 交通事故の中でも

一番危険な事故とされるのは、


危険運転致死傷罪


に問われる事故です。


たとえば、以下のような事故が当てはまります。



•酒を飲んで起こした人身事故
•薬物を使用して起こした人身事故
•速度制限を逸脱して起こした人身事故
•無免許による人身事故
•暴走運転 ( 信号無視など ) による人身事故


などです。

以前は、これらの罪状すべてが 業務上過失傷害 に適用され、
最長でも 5 年の懲役刑と決して重いとは言えないものでしたが、
現在は最長で 20 年の懲役刑と厳しいものに改正されています。

人生を棒に振らないためにも、常日頃から
危険な行為は決して行わないように把握しておくことが大切です。



交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.03 15:41)
交通事故の基礎知識①事故の種類

1.物損事故とは・・・

怪我人はなく物を壊すだけの事故 のことです。
たとえば、自動車を運転していてガードレールにやポールにぶつかり壊したとします。

運転をしていた本人が怪我をしたとしても、
他に怪我をした人がいなくて全ての過失や責任などが運転者自身にある場合は、


『単独事故』として扱われます。

自分で自分に損害を与えているわけですから、

『自損事故』とも言いますね。

損害が物だけなので、
『物損事故』とも言います。


しかし、こういった『単独事故』でも
事故を起こした際に後続車両があなたの車に追突して来たり、
事故を起こした車を避けようとして別の事故を起こしてしまうこともあります。

こうしたものを 【二次災害】 といいますが、


このような二次災害を防ぐには警察が来るまでの間、三角停止板 や 非常灯 などを使い、
事故を起こして停車していることを他の車に知らせましょう!

特に、高速道路でやむなく駐停車する場合は、三角表示板や停止表示灯で知らせることが義務付けられています。


三角停止板を車に乗せる義務はありませんが、知らせる義務はあるので万一に備えて車に入れておくとよいです。


設置する際は、車の後方 50 メートル以上を目安にします。

設置のために道路を歩いて移動する際も、安全反射ベストを着用して移動すると安心です。

以上が物損事故についてですね。


2.人身事故とは・・・

他人を怪我させてしまった事故 のことです。

人を怪我させてしまったり死亡させてしまうと、その後の対応は1の物損事故とは大きく異なってきます。


交通事故に巻き込まれた人は 「被害者」 と呼ばれますが、
被害者の怪我が軽症であればまだ不幸中の幸いだと思いますが...

体に傷が残ったり、後遺障害が残ったり、あるいは死亡させてしまった場合は、
被害者側も加害者側も共に、精神的・社会的・経済的な負担を強いられることになってしまいます。

一つの事故で人生が狂ってしまうなんてことも十分にありうるので、
日頃から安全運転を心がけることが大切ですね。


交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.01 15:20)
◆交通事故を起こしたら何をすればいいの?⑧◆

はじめて交通事故を起こした方、巻き込まれた方は、
どのように対処すればよいのかわからずに途方に暮れるかもしれませんね。

あらかじめ 治療費 や 保険、 示談、 損害賠償 などについてきちんと把握しておくと、
失敗や後悔することもなくなると思います。


そこで今回は、「交通事故で大事なことを把握してみよう」として
交通事故についての治療、手続きなどのことをいろいろを書いていきたいと思います。


◆交通事故を起こしたら何をすればいいの?

交通事故が起きた時の基本的な対処 8つを順にくわしくご紹介していきます(基本的なことですが・・・・)

いざという時のために、頭の片隅に置いておくと良いかもしれませんね。
前回は「7.保険会社に通知する」を書きましたが今回は・・・



8.医師の診断を受ける

大した怪我でなくても後になってから重い怪我だったと わかることがあります。

そのため、交通事故に遭ったときは自己判断はせずに、
必ず病院で診てもらうことが大切です。

その際に注意しなければならないのは、[事故直後に診てもらう]ということです。

時間が経ってしまうと何か異常が見られても、
それが事故によるものなのかがわからず、
結果的に交通事故との因果関係を認めてもらえないことがあるからです。

[たとえば・・・」事故で頭を打ったけど忙しくて事故直後に病院へ行かず、
事故から 1 ヶ月後 に病院へ行ったら脳に異常が見られると診断されても、
「時間が経っているため事故が原因だと断言できない」と言われてしまう可能性があるということです。

そうなると示談交渉にも影響を与えてしまうので、病院での診察は必ず事故直後に受けるようにしましょう。

診察を受けるたときは忘れずに治療費の領収書を保管するしてください。
あとで 治療費 や 慰謝料 などを請求する際に必要となります。







交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.01.31 13:50)
◆交通事故を起こしたら何をすればいいの?⑦◆

 はじめて交通事故を起こした方、巻き込まれた方は、
どのように対処すればよいのかわからずに途方に暮れるかもしれませんね。

あらかじめ 治療費 や 保険、 示談、 損害賠償 などについてきちんと把握しておくと、
失敗や後悔することもなくなると思います。


そこで今回は、「交通事故で大事なことを把握してみよう」として
交通事故についての治療、手続きなどのことをいろいろを書いていきたいと思います。


◆交通事故を起こしたら何をすればいいの?

交通事故が起きた時の基本的な対処 8つを順にくわしくご紹介していきます(基本的なことですが・・・・)

いざという時のために、頭の片隅に置いておくと良いかもしれませんね。
前回は「6.自分でも記録を取る」を書きましたが今回は・・・



7.保険会社に通知する


車を所有している人の多くは
[任意保険]に加入しています。
一般的に加入者は、事故が起きたら 保険会社へ[通知]しなければなりません。

この義務を怠ると、保険を使えなくなることがあります。

もし、あなたが被害者で、加害者が保険会社へ報告をしていないときは、被害者 から 加害者 の加入している保険会社に連絡しても構いません。
保険が使えないといろいろと面倒なので、このあたりも注意しましょう。




交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.01.29 11:51)