大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

危険なあおり運転について
危険なあおり運転、最近はドライブレコーダー搭載車が増加して事により
メディアなどでも多数取り上げられています。

■「あおり運転」は犯罪です!
あおり運転を行ったドライバーは、道路交通法違反はもちろん、殺人罪、傷害罪、暴行罪や危険運転致死傷罪等の犯罪行為に問われるほか、免許取消しや免許停止の対象となります。

■「あおり運転」に対する取締の強化について
大阪府警ホームページにてあおり運転の取り締まり強化について掲載されておりました。
以下の内容となっております。
●あらゆる法令を適用した取締り
前車との車間距離を必要以上に詰めたり、他車を妨害する目的での急な割り込みや幅寄せ、急ブレーキといった悪質・危険な行為に対しては、道路交通法を始め、あらゆる法令を適用した強力な取締りを実施します。
●ヘリと連携した取締り
大阪府警察航空隊のヘリと連携し、空からも監視の目を光らせた取締りを強化します。

■もしも、あおり運転の被害に遭ったら
安全な場所で110番通報を
あおり行為に遭遇した場合は、安全な場所に待避して、110番通報をしてください。
高速道路の本線車道上で停車すると、追突事故の恐れがあり、大変危険です。サービスエリアやパーキングエリア等の安全な場所に待避し、110番通報をしてください。
ドアロックをして窓を開けないで
警察官が到着するまでの間、ドアロックを確実に実施して窓は絶対に開けないようにしてください。
■ドライブレコーターを搭載し有効活用をしよう
ドライブレコーダーは、交通事故に限らず、あおり運転の被害に遭った場合の有力な証拠となります。
前方だけでなく、後方や車内、全方向を撮影できる高性能なドライブレコーダーも販売されておりますので、有効活用してください。

■車の運転で注意すること
メディアでも多数報道されているあおり運転。
「車線変更時にハザードランプで礼をいわなかった」
「ハイビームライトがまぶしかった」
「あおったつもりはなかったが車間距離が縮まってしまった」など
ほんのちょっとのきっかけで起こっていることが多いようです。
車両の運転に際しては、自分のことだけを考えるのではなく、他の運転者に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持ち、心に余裕を持った運転をしましょう。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.09.14 0:29)
大阪府。市町村別交通事故マップ

大阪府警のホームページで大阪府内市町村別の単独交通死亡事故死者数マップが掲載されておりました。

過去3年間(平成28年から30年)に大阪府下で発生した単独の交通死亡事故死者数(総数109人)の内訳を市区町村別に表示
(高速道路上の死者数(7人)については別枠で表示)

単独の交通死亡事故死者数が過去3年間(平成28年から30年)


大阪府下合計 109人
大阪市 28人
堺市 7人
岸和田市 2人
豊中市 5人
池田市 2人
吹田市 4人
泉大津市 1人
高槻市 3人
貝塚市 1人
守口市 0人
枚方市 4人
茨木市 2人
八尾市 4人
泉佐野市 0人
富田林市 1人
寝屋川市 1人
河内長野市 6人
松原市 1人
大東市 1人
和泉市 1人
箕面市 2人
柏原市 1人
羽曳野市 1人
門真市 1人
摂津市 0人
高石市 2人
藤井寺市 0人


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.09.10 0:19)
9月~10月は夕方の交通事故が多発する時期です。
今年も大阪は猛暑日が続いた8月でしたね。
お盆休みなどの連休で遠出された方も多いのではないでしょうか?
そろそろ真夏の空気から少しずつ秋の空気へと変わっていく9月ですね。

秋になると毎年夕暮れ時の事故が多発するといわれています。


夏場の日照時間にくらべ、秋口は日没時間がどんどん早くなる時期です。
しかも、「秋の日はつるべ落とし」といわれるように、あっという間に日が落ちて暗くなってしまうのです。

まだ明るいから、と思って走行していると、気づけば真っ暗に!!という経験はありませんか?
「対向車などのライトで気づいて慌ててライトをつけた。」
「なんだか見づらいなぁとおもってライトをつけた。」という経験がおありな人も多いかと思います。
また、そのような状況下で
歩行者や自転車乗用車との接触事故も多発する傾向にあります。
実際に事故を起こした方に聞くと
「自転車が出てきたのが見えていなかった。」
「歩行者が全く見えていなかった。」という方が多いのです。
あっという間に暗くなってしまう秋口は、継続して走行していると暗くなってきている状況に気づきにくい状況にあり
車両のライト点灯や歩行者の反射材使用など、夜間通行のための準備も遅れがちになります。
暗さで視界が悪くなることに加え、こういった夜間通行の準備不足が重なれば、事故の多発につながるのです。

秋口の夕暮れ時の運転は、日暮れが早いということを頭に置いて、早めの点灯を心がけてください。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.28 2:16)
背骨の歪みチェックをしてみよう!
先日のブログでゆがみが不調の元になる!?と書きましたが
ご自身の不調の原因が歪みからきているのか?わからないという方も多いと思います。
そこで、簡単な【背骨歪みチェック方法】をご紹介します。

①前屈体操を行う
両足を揃えて立ち、勢いをつけず、ゆっくりと前屈してください。
両手の指先で床に触れられない人は、背骨の歪みが疑われます。
また、片手のみがついたり、片手がつっぱったりした方も歪みが疑われます。

②左右の肩の高さを調べてみよう
鏡の前にまっすぐ立ち、自分の両肩の高さをチェックする。左右で高さが違っている人は、背骨の歪みが疑われます。

③背中で両手の指を組む
右手と左手を背中に回し、両手の指を組む。両手の指先が触れない人は、背骨の歪みが疑われます。

③左右の足の長さを比べる
正座をして、両足のひざ頭の位置を比較する。どちらかの膝が前に出ている人は、背骨の歪みが疑われます。

以上やってみてくださいね!

「自分は体が硬いから・・・」と思っている方も多くいらっしゃいますが
その原因は「歪み」→「体の機能を正常に使えていない」→「筋肉の動きが悪くなる」場合が多いのです。

優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.23 1:41)