大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

はり治療

鍼治療をする時に、多くの患者さんに聞かれるのが

「 はり治療は痛いのですか? 」と、言う事です。


これは、刺される人にとっては本当に深刻な問題です。
はり治療は恐怖心がかなり強いイメージがあります。

「身体に針を刺す」
言葉だけ聞けば確かに怖いですね。


 

ただ、はり施術で使用される針は髪の毛よりも細い物、もしくは同等の細さですし
部位によって深さなども調整して施術しますので
ほとんど痛みを感じません。


東洋医学のひとつである鍼灸は、
日本だけでなく、欧米などの世界中で注目を集めています。
そしてその効果について、公的機関が研究を進めており、
1997年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)が鍼灸の効果と科学的根拠を認める声明を発表しました。
また2002年には世界保健機関(WHO)で、さまざまな疾患や症状に対する有効性を認めています。


WHOが有効性を認めた疾患には、次のようなものがあります。
●運動器系:関節炎、リウマチ、肩こり、五十肩、腰痛、腱鞘炎、むちうち、捻挫など
●神経系:頭痛、めまい、神経痛、自律神経失調症など
●循環器系:動悸、息切れ、高血圧症、低血圧症、動脈硬化など
●呼吸器・消化器系:喘息、気管支炎、便秘、下痢、胃炎など
●代謝内分泌系:貧血、通風、糖尿病など
●婦人科系・泌尿器系:生理痛、月経不順、更年期障害、冷え性、膀胱炎、腎炎など
●耳鼻咽喉科系・眼科系:中耳炎、耳鳴り、メニエール病、鼻炎、咽頭炎、眼精疲労など


~はり施術はこういった方にオススメです~
 〇手技では取れなかった、痛み・しびれがにお悩みの方
 〇慢性的な肩こり・腰痛でお困りの方
 〇マッサージではもみ起こしがきつく、症状の改善を諦めていた方

 針の種類を多数そろえており、患者さんの症状や刺激の強弱にあわせてはりの太さを
 ご相談させていただきます。はりが初めての方・もみ起こしの経験のある方、是非ご相談ください。
※金属アレルギーのある方はお受けいただけません。


 当院は衛生面を徹底しており、ディスポ(使い捨て)の鍼や器具を使用しております(1施術ごとに破棄)
 鍼灸師(国家資格)が施術から衛生管理まで一貫しておこないます。


ハリ治療についてはこちら

投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.07.29 16:33)
足は第2の心臓!足つぼマッサージの効果

たかが足つぼと思うなかれ!
足は第2の心臓と呼ばれているのです。
心臓が全身に血液を送って健康を維持しているように、足裏も全身に刺激を与えて健康を維持しているのです!


足には多くの重要なツボがあり、その多くは足の裏にあります。
足裏はまさに人体の地図となっております。
足うらのツボは体全体につながっていますので足うらのツボを刺激することで、血行が促進され症状を緩和改善することができるのです。




footspot.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

足つぼの効果は?
「むくんだ足の対処法」
「冷たい足の対処法」
「冷たい足の対処法」
マッサージにより血流をよくすることは老廃物の排泄などに有効であると言えます。
また、それに伴い下半身の血流がよくなることで免疫力があがるということはあるかもしれませんね。
リラックス効果があるので気持ちのリフレッシュなどにつながり、心身の健康にいいということもあるでしょう。


当院の足つぼは、足裏だけでなくすねやふくらはぎまでを全体的にマッサージし、

膝から下全体のリンパ・血行改善を目的としています。強い刺激ではなく、痛くない足つぼです。


足つぼについての内容はこちら


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.07.25 16:15)
交通事故◆過失割合は治療費、慰謝料にも影響します

人が怪我をするような交通事故のことを「人身事故」と言いますが、
人身事故では物損の過失割合をなぜか先に決めることが多いようです。


ここでいい加減にきめてしまうと
治療費や慰謝料の話し合いにも影響してくるので注意しなければなりません。


過失割合については物損の段階から妥協してはいけません。
相手から「とりあえず物損の過失割合を決めましょう」や「物損と人身は別々に決めましょう」 などと言われても、
安易に信じてはいけませんね。


なぜなら、実際に人身についての過失割合を話す段階になって、
「物損の示談の際、この過失割合で納得しましたよね 」 と言われてしまってきちんとした治療費、慰謝料をもらえない可能性もあるからです。


一度決めた過失割合は動かしようがなくなってしまうので、物損の段階から慎重に判断しなければなりません。

交通事故の後処理では、結論を出すのを慌てる必要はありませよ。
わからない場合は、専門家に聞いてからでも遅くはないので、あいまいなまま話を進めないようにすることが大切だと思います。


保険会社が使えるのあればそちらを利用されるのが良いとは思います、
しかし全部丸投げでお願いするのではなく、
自分がどのような状況に置かれていて、何をすべきなのかを把握することも大切です。


交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html



投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.29 6:11)
交通事故◆過失割合はどのように決まるのでしょうか

過失割合はどのように決まるのでしょうか?


過失割合 はとても重要で、
被害者の立場でも割合が大きくなると
損害賠償額が減らされてしまうことがあります。
交通事故でもめることの原因の多くは
この過失割合です。


交通事故は全ての事故が同じように起きるわけではなく
細かな点で違いが生じます。


たとえば・・・


•一時停止をしていなかった
•方向指示器をつけなかった
•制限速度を超えて速度超過走行していた
•徐行してなかった


などなど
たくさんありますね。


こういった細かな要素を
考慮し、過去の判例などから判断することになるので、
過失割合は増減していきます。


多くの場合は、このときにもめてしまうことがあります。


相手が非を認めずに揉めることになったらどうなると思いますか?

過失割合が決まっていないということは、どちらが悪いのかがまだ決まっていないということです。

怪我をしている側が被害者で、怪我をしていない側は加害者であると思われがちですが
そうではありません。

自分は相手にけがをさせたから自分が悪いことをしたと思っていても、
法的にはこちらには非がなく、相手の運転の仕方に問題があったということもあります。

この辺りの判断は、交通事故や法律にくわしくない自己判断では難しいので、
相手が事実を認めずに過失割合で争いになった場合は、
すぐに専門家に相談することをオススメします。その方が精神的な負担も少なく時間も早く解決できると思います。

なぜなら、交通事故は前例から過失割合を決めていくことになるので、
過去の膨大なデータを把握して今回の事故がどの前例に近いのかを擦り合わせながら考えていく必要があるからです。
これは専門な知識を持っていなければ難しいと思います。

また、加害者の中には嘘を言って、
自分に有利なように話を進めるような人もいます。

そうなると今度は事実確認を争うことになってしまうので
そういうときは、


•写真
•ドライブレコーダー
•証人


などの証拠を用いて、主張の正当性を明確にしていくことが必要となります。

交通事故に遭った時は
その場で写真に収める、付近の目撃者に証人になってもらうようお願いする
日ごろからドライブレコーダーなどを車に搭載しておくなど
自分の主張をできるよう準備をしておくことが必要ですね


交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.28 6:02)