大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故の損害賠◆加害者に請求できるもの④物損

 今回は交通事故に巻き込まれたときに、
加害者に請求できる損害賠償について書きます。


前回は

③慰謝料について書きました
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2016/02/post-944.html

今回は
④物損の賠償について書きます。


物を壊されたことに対する、損害賠償請求ができます。

損害賠償とは、壊れたものについて弁償 してもらうということです。



たとえば・・・


•修理可能な場合は 修理代
•廃車の場合は、車の 買い換え費用
•車が使えなかった期間の 営業補償 ( 代車代 )


などを相手方に請求することができます。

ただし
現在の車の市場価値をもとに現在の価格を算出されますので
新車を購入するからといって全額補償されるわけではなく
市場価格が上限となります。


交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.24 18:10)
交通事故の損害賠◆加害者に請求できるもの③慰謝料

今回は交通事故に巻き込まれたときに、
加害者に請求できる損害賠償について書きます。


前回は

②消極損害について書きました
http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2016/02/post-943.html


今回は
③慰謝料について書きます。
交通事故の慰謝料を決めるには、
3つの基準があります。。


1.自賠責基準 ( 自賠責保険による慰謝料基準 )
2.任意保険基準 ( 任意保険による慰謝料基準 )
3.弁護士基準 ( 裁判をした場合の基準 )


この3つの基準の違いは、
示談交渉を時に誰がどう交渉したのかで賠償金の額が変わってくる大事なところなのです。

1.自賠責基準

自身が、加害者側の保険会社と交渉した際に提示される賠償額の基準です。
上記3つの基準の中で、補償額が一番少ないのが特徴です。

これは国が被害者救済を目的に定めた保険制度なので、最低限の補償しかされないのです。


2.任意保険基準

保険会社の担当者同士が交渉をして 決定される賠償額の基準 のことです。
主に、保険会社が任意保険の支払いの際に利用します。
各保険会社独自の基準を用いて金額が決められているようですが
企業間でそんなに大差はないようです。


3.弁護士基準
弁護士が交渉をすることで決まる賠償額の基準 のことです。

3つの基準の中で、これが一番金額が高い基準になります。
裁判を前提に話し合いを行うためです。

この基準については、裁判になった場合のみ認められますが、
別に裁判をしなくても請求出来ますし、
弁護士が間に入って交渉しただけで認められることもあります。


交通事故時にはどのように誰が交渉するかで金額が格段に違ってきますので
専門家に相談をすることをお勧めします。


交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.22 17:48)
交通事故の損害賠償◆加害者に請求できるもの②消極損害

今回は交通事故に巻き込まれたときに、
加害者に請求できる損害賠償について書きます。


前回は

①積極損害ついて書きました
 http://www.yuu-sekkotsuin.com/blog/2016/02/post-942.html


今回は
②消極損害 ( 仕事を休んだ分の損害etc... )


交通事故で怪我をすると、
お仕事にも影響が出ることがありますよね。


たとえば、アルバイト、パートなどをしている人が、
骨折で仕事を休まなければならなくなったら、
収入が減ってしまいますよね。

このように 「事故に遭わなければ、被害者が本来得られたと予測される利益」
 のことを 消極損害 といいます。


具体的には


・ 休業損害 ( 仕事を休んだ分の損害 )
・ 後遺障害慰謝料 ( 障害に対する慰謝料 )
・ 逸失利益 ( 事故で失った利益 )


などです。


交通事故にあって怪我をして会社を休まなければならなかったら、
「休業損害」を請求できます。

その怪我が治らずに後遺症として残ってしまったら、
「後遺障害」に対する慰謝料など請求できるということです。

他には
被害者が死亡した場合は、その家族などが「逸失利益」を損害として請求することができます。



交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html



投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.19 13:32)
交通事故の損害賠償◆加害者に請求できるもの①積極損害

今回は交通事故に巻き込まれたときに、
加害者に請求できる損害賠償について書きます。


・自動車損害賠償保障法 3 条
・民法 709 条 の不法行為


に基づいて

加害者に「損害賠償請求」をすることができます。

人身事故に遭った際に、被害者 が 加害者 へ請求できる損害賠償は


①積極損害 ( 治療費etc... )
②消極損害 ( 仕事を休んだ分の損害etc... )
③慰謝料 ( 精神的・肉体的苦痛に対する損害etc... )
④物損 ( 壊された物に対する損害etc... )


などがあります。


①積極損害は
たとえば

・治療費用
・診察費用
・リハビリ費用
・入院費用
・入院雑費用
・手術費用
・介護費用
・付添看護料
・通院交通費
・通勤交通費
・葬儀費用

などなどです。

他には医師の指示がある場合には

・針灸 ・ マッサージ ・ あんま費用
・形成治療費
・温泉治療費 ( 医療機関付属施設のみの適用 )
・車椅子、義足など器具の購入費

も含まれます。

ただしすべて請求ができるか・・・というと
適用外になってしまう恐れもあるので
必ず専門家に相談することが重要となってきます。

とりあえず 領収書 などは示談が成立するまで必ず保存しておくようにしてください。



交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html



投稿者 yuu-sekkotsuin (2016.02.18 13:25)