大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

自転車は 「車両の仲間」 です。
運転免許がなくても乗れる自転車。
通勤・通学・子育て......生活の足として必需品とも言え
気軽な移動手段として利用している方も多いと思います。
先日、クルマを運転中に、学生が、友達としゃべりながら横並びで走行し
十字路に侵入してきて、ドキッとした経験があります。
また、最近では携帯を触りながら走っている自転車を見かけることも......

自転車は「軽車両」ということを忘れてはいけません!!
自転車の立場は道路交通法では車両の一種 『軽車両』となります。
2015年6月からは自転車も厳罰・道交法改正が施行されるようになり
以下の取り締まりの対象となっています。
1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反など
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏切への立ち入り
7.交差点での優先道路通行車の妨害など
8.交差点での右折車優先妨害など
9.環状交差点での安全進行義務違反など
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなどの安全運転義務違反
自転車を利用している方は
左側通行で走行し、「止まれ」の標識がある交差点では、必ず一時停止して安全確認をしましょう。
また、「止まれ」の標識がなくても速度を控え、しっかり安全確認をしましょう。
また車のドライバーも、
自転車に対しての危険予測して運転する必要があります。
急に車線を横切って渡ってくる
交差点や十字路など、一旦停止せず侵入してくる。
スマホ操作運転。
イヤホンで音楽を聴いていて車が来たことに気づいていない。
歩道に人をよけながら、歩道と車道を蛇行する。
などなど

自転車は軽車両で車の中まです。
自転車・歩行者・車が双方に危険を予測し、交通事故を起こさないための
安全確認が必要です。

万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.30 1:25)
8月は、大型貨物関連死亡事故が最多となる時期!
8月は、大型貨物関連死亡事故が最多となる時期!
大阪府警の発表では、8月は大型貨物関連の死亡事故が最多となっております。
■大型貨物関連死亡事故の4分の1が左折時の事故!
夏休みや長期休暇などで子供や普段人通りが少ない道でも人が多くなります。

貨物自動車ドライバーの皆さん
・ 交差点を通行する際は、しっかり安全を確認しましょう!
特に左折の際は、死角となりやすい 左後方の巻きこみ に十分注意しましょう!
・ 交差点を右左折する際は、横断歩道上や横断歩道付近に歩行者や自転車がいないかをしっかり確認しましょう!
・ カーテン(助手席を含む)を閉める、助手席に棚、テレビ等の物を置くなど、「運転者の視野を妨害する積載」は、乗車積載方法違反となります!
視野を妨げ、危険ですので絶対にやめましょう!


万が一事故にあってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.22 0:45)
夏本番!休み期間の交通事故に注意!
8月になりました!
海水浴に花火大会など、楽しいイベントが盛りだくさんの夏!
休みやお盆の休暇を利用して、帰省や観光、海水浴、夏祭りに花火大会など、
夏ならではのレジャーを楽しもうと計画を立てている人も多いことでしょう。
楽しい夏を満喫するためにも、車を運転する際は、交通事故を起こさない、交通事故に遭わないための気構えを徹底することが重要です。
夏のレジャーシーズンに車を運転する際は、交通事故リスクに注意が必要です。
多くの自治体では7月から8月にかけて、「夏の交通事故防止運動」を実施しています。
これは、夏のこの時期、開放感な気分による油断やレジャーなどで長距離を運転するドライバーが増加し、
交通事故リスクが高まる傾向にあることから、都道府県ごとに取り組まれているものです。
〇夏の運転では渋滞、混雑、猛暑、ゲリラ豪雨などに備えを!!

①交通量が増加し、事故リスクが増大します。
夏休みやお盆休みを利用して、人気の観光スポットやレジャー施設に出掛ける方や、
故郷に帰省する人が増加するこの時期。

車で目的地へ向かう人も多く、交通量は増加傾向にあります。
一例ですが、日本高速道路保有・債務返済機構が公表している
各高速道路会社の交通量(四半期の交通量〈速報値〉)を見てみると、
1日当たりの高速道路平均利用台数は、
7月~9月にかけた期間がNEXCO3社(東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社)の合計で約800万台近くなり、
他の四半期と比べて最も多いというデータが示されています。
交通量が増加するということは、その分、交通事故に見舞われるリスクが高まることが懸念されますので注意が必要です。
②運転や場所に不慣れなドライバーとの事故に注意!!
観光、行楽などを目的に、普段はあまり車を運転しないドライバーがハンドルを握ることが多くなるのも
この時期の特徴のひとつです。
車の運転に不慣れなドライバーとの事故リスクには十分に注意が必要です。
熟練のドライバーは、「自分は大丈夫」と安易に考えるのではなく
運転に不慣れなドライバーに対する気配りをするように心掛けるようにしてあげましょう。

また、行楽先などで車を運転する際は、特に安全運転を心掛けるようにしてください。
道路事情が分からない、見知らぬ土地での運転は、交通事故やトラブルに見舞われる可能性が高まります。
このほか、周囲の景色につい気が取られ、わき見運転をしてしまい事故に見舞われるといったことも想定されますので注意しましょう。

③渋滞、猛暑などでのイライラ運転に注意!!
交通量が増加しやすいレジャーシーズンは、道路渋滞に見舞われがちです。
渋滞に巻き込まれると、つい気が立ってしまい運転が乱暴になってしまいやすいことも・・・。
また、うだるような夏の猛暑のせいで、イライラしてしまい運転操作が散漫になってしまうといったことも起こりやすいので要注意です。
心にゆとりを持つことが肝心です。
車で出掛ける際は、目的地までの道路状況や気温、天候などを事前にしっかりと調べた上で、
余裕のある運転計画を立てておくといいでしょう。
④ゲリラ豪雨への対策を!!
夏場には局所的、突発的なゲリラ豪雨が全国各地で多発しています。
行楽先や高速道路、山道などを走行中、思わぬ豪雨に見舞われてしまうことがあるかもしれません。
急な大雨に見舞われた際は、
・前方車両との車間距離を十分に空ける
・走行スピードを意識的に落とす
安全運転を徹底するようにしましょう。
また、雨の勢いが激しい場合は、無理をせず、
安全な場所に車を停車し、雨の勢いが弱まるのを待つことも安全対策といえます。
⑤子供の往来には細心の注意を
夏に車を運転する際の注意すべき点は、高速道路や観光スポット周辺での運転だけではありません。
一般の道路や生活道路などを走行する際も、普段以上に安全運転を心掛けることが必要です。
幼稚園や小学校、中学校、高校など夏休み期間であるため
普段は人通りが少ない生活道路や人通りが少ない時間帯であっても、
夏休み中の子供たちの往来が増加することが考えられます。
急な子供の飛び出しなどによる交通事故リスクが懸念されますので、注意するようにしてください。

〇帰省や行楽、花火大会にマリンスポーツなど、楽しいイベントが盛りだくさんの夏。
存分に夏を楽しむために、交通ルールの遵守、正しい交通マナーの実践を通して、
「事故を起こさない」「事故に遭わない」ための気構えを徹底することが大切です。

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.08.01 2:21)
夏も要注意!むちうち症を長引かせないために、冷え対策を!
交通事故などで負ってしまったむち打ち症。
痛みが長引いて慢性化してしまう一番の理由として『体の冷え』があります。
体が冷えてしまうと、むちうち症をこしている首や肩に血液循環の不良が生じ、
筋肉がこわばって強い痛みを起こします。
冬は防寒対策、夏はクーラー対策を怠らないようにして体が冷えを感じないようにしていきましょう。
夏の冷え対策とは??
1、クーラーの冷気が直接当たっていないですか?
2、上着を着たり、タオルを掛けたり体温調節していますか?
3、夏だからとシャワーで済ませていませんか?湯船に浸かっていますか?
また夏の終わりから秋にかけては、気温差が激しく寒いのに薄着で過ごしたり、
夏の疲れが出て来やすい時期がやってきますす。
むち打ち症に大敵な冷えを避けるためにも、体が冷えないようにしていきましょう。


大阪 西区での交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.07.25 2:41)