大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

頭部の障害について:脳挫傷
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は脳挫傷についてお話させていただきます。

◆脳挫傷の症状

脳挫傷は頭部に強い衝撃を受けたことで脳本体が損傷する障害です。
脳が損傷するほどの衝撃を受けるため、同時に頭蓋骨骨折や脳内出血の併発が起こります。
意識障害や運動障害はもちろん、重症になると昏睡状態に陥ることもあため早急な治療が求められる障害なのです。

脳障害のため起こりる症状は多岐に渡り、頭痛、嘔吐など軽いものから、運動障害、意識障害、痙攣発作など重篤なものまで起こり、最悪の場合に死に至ることもあります。
また、治療を行っても後遺症が残りやすい障害で、麻痺症状、視力障害、失語などが後遺症として現れることもあります。


◆原因

脳挫傷を起す原因は激しい衝撃を頭部に受けてしまうことです。
通事故や転落、運動中の衝突などで起こります。

衝撃は脳に断裂を生じさせ、出血、切れ目、浮腫などを起こします。
外傷を受けた部分は機能異常を起こしますが、実はその反対側の部分にも広範囲に障害が起こるのです。これが脳挫傷というものなのです。

なお、反対側に外傷が広がる原因は、衝撃が反対側にも広がり、脳が頭蓋骨ぶつかって起こるものだと考えられています。


脳浮腫が確認されても出血量が少なければ、脳圧下降剤や輸液、呼吸管理、低体温法などの保存療法で治療が行えます。しかし、出血量が多いと手術によって減圧を行う、外減圧術が必要になるでしょう。

脳挫傷は予防が難しく後遺症が残りやすい障害です。
運動障害、失語など様々な後遺症が起こりえます。 ですから脳挫傷は予防より治療後のリハビリが重要になるのです。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.28 21:39)
頭部の障害について:頭蓋骨骨折
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は頭蓋骨骨折についてお話させていただきます。

◆頭蓋骨骨折の症状

頭蓋骨骨折は名称の通り脳を保護する頭部の骨が折れてしまう障害です。
交通事故やスポーツでの衝突などで起こりやすく、発生時には痛みと腫れが伴います。

骨折とはいっても折れることはなく、線状のひびが入ったり、頭蓋骨がへこむ骨折が起こります。
骨折の仕方や部位によって分類され、線状骨折、陥没骨折、頭蓋底骨折などに分けられます。

他の骨折と同じく頭蓋骨骨折の症状は患部周辺の痛み・腫れです。
骨折だけで済むケースもありますが同時に脳を損傷することもあり、この場合には硬膜外血腫、硬膜下血腫、脳挫傷などの発症リスクが高まります。


◆原因

頭蓋骨の骨折を起す原因は直接的な衝撃を頭部へ受けてしまうことです
交通事故、運動中の衝突、転落事故、転倒などの際に頭部をぶつけてしまうことで発生します。

頭蓋骨骨折は脳に近い部分で起こるため、重篤な症状が現れるのでは心配する人がいますが、実際にはこの骨折で日常生活に支障をきたすことはありません。
むしろ問題は骨折するほどの衝撃が脳にも伝わっている可能性があることなのです。


診断は自覚症状とレントゲン撮影で判断が可能ですが、脳の損傷も考えられるためCT検査・MRI検査を併用するのが一般的です。

治療は骨折の程度で異なりますが、多くの場合、保存療法で対処します。安静にし骨折部位の骨の癒合を待ちます。ただし、けいれん発作を起す危険があるため入院治療が必要になるでしょう。
診断時に頭蓋内の出血が確認された場合には、脳圧下降剤や手術による減圧が必要になることもあります




当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.27 21:36)
頭部の障害について:頭蓋内出血
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は頭蓋内出血についてお話させていただきます。

◆頭蓋内出血の症状


頭蓋内出血は頭蓋骨内で出血が起こる症状全般をいいます。
原則、頭蓋内の出血症状全てを表していますが、出血箇所により名称が異なっていきます。
硬膜下出血、くも膜下出血、脳内出血なども頭蓋内出血の一種なのです。

頭蓋内出血に伴う症状は、出血箇所や出血量によって違いがあります。
一般的には意識障害、頭痛、吐き気、嘔吐、失神などの症状が起こります。
また、症状は出血から数分、もしくは数時間以内に現れるのが大きな特徴といえるでしょう。


◆原因


頭蓋内出血を起す原因は頭部へ強い衝撃が加わることです。
これにより頭蓋内の血管が切れ、出血を生じます。

出血場所や出血量は受ける衝撃の種類により大きく異なります。
衝撃による頭蓋骨の動きに脳が付いていけないことが理由です。
また、頭部に硬いものが衝突するケースでは皮膜外に出血を起こします。
この場合には、頭蓋骨の骨折を伴うこともあり、最悪の場合には脳事態に損傷が起こる脳挫傷を伴うこともあります。


頭蓋内出血は危険な症状を伴う可能性があるため、まずは精密検査で現状確認を行います。
ここで血腫が認められると、手術で血腫を取り除く治療がただちに必要になります
これは血腫が脳を圧迫し損傷を広げてしまうためです。また、早急な治療は脳の回復範囲を広げることにもつながります。




当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.26 22:31)
脳震盪の応急処置や治療について
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は脳震盪の応急処置についてお話させていただきます。

脳震盪は単体の障害を表す言葉ではなく、頭部に衝撃を受けた際に起こる軽度の意識障害全般を意味します。

具体的には出血を伴わず、短時間で回復する意識障害です。
発生後は頭がぼーとしたり、失神、記憶喪失などの状が起こります。人によっては頭痛、吐き気の症状を伴うことあります。

原則、特別な治療を必要とする障害ではありません。しかし、重篤な症状が数時間後に現れることもあり、最低でも発生から24時間は様子を見た方がいいでしょう。
また、人間の中枢機関とも言える脳の障害のため、後遺症を残さないよう適切な処置・治療を施す必要があります。

脳震盪を起したら直ちに意識確認を行います。
正常な認識が行えるか、意識を失っていないか、意識を失った時間、直立が出来るかを確認します。
この際、意識がある場合には呼吸、脈拍を確認し可能なら頭や頸の冷却を行います。

もし意識障害が起こっている場合には、首や頭を動かさないよう安静な姿勢を保ち、なるべく早急に専門医の診察を受けるようにします。


比較的短時間で意識が回復した場合には安静にすることで対処します。
ただし、脳の障害は重篤な症状や後遺症を残す危険があり、また他の脳疾患を引き起こす原因にもなるため、必ずCT検査やMRI検査を受けるようにしましょう。


 


当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.25 21:26)