大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故の多い交差点:谷町4丁目交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


谷町4丁目交差点

住所:大阪市中央区谷町4丁目4


交差点の形状・特徴:

東西道路は上部を走る高速道路とその下の商業施設ビルによって東進車線と西進車線が分断されているため、実質的に六差路のような形状になっており、見通しも悪い交差点です。
交差点の四隅に地下鉄の出入り口があり、横断歩道から左折してくる車両が見えにくい場合が多い。
また、この交差点の約50m北にも大きな交差点があるため、北進車線が恒常的に渋滞している。

事故の状況・要因:

追突・左折時・右折直進・車両相互)など、さまざまな事故発生している。
人身傷害の度合いは軽微な事故が多い。
事故の発生時間帯は6時台~17時台に多く、昼間の時間帯であっても慎重な通行を心がける必要があります。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.27 21:25)
交通事故の多い交差点:西天満交差点
大阪府で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


西天満交差点

住所:大阪市北区西天満3丁目14番13号


交差点の特徴:

追突や梅田新道への高架の入り口前の車線変変更に注意が必要な交差点。
この交差点は、国道1号(京阪国道)と市道が交差している。
特に国道1号では南森町から梅田新道の間は、渋滞していることが多く、追突事故が多く発生しています。
また梅田新道への高架の入り口があるため、車線変更にも注意が必要である。

事故の種類:

追突
左折時
右折時
人(横断中)対車両

などが多くみられます。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.26 22:37)
交通事故の種類:人身事故
交通事故とひとことで言っても、いくつかの種類に分類されます。
どのようなものがあるのか把握しておくと、万が一にも困らないと思います。

今回は「人身事故」についてご説明させていただきますね。

人身事故とは、「怪我人を出してしまった事故」の事です。
人に怪我を負わせたり、場合によっては死亡させてしまうこともあるので、物損事故と違い社会的責任や心理的負担も大きくなります。
事故によって人生が狂ってしまうこともあるので、常日頃から安全に気を配って運転することが大切です。
でも、中には安全運転を怠ってしまったり、何か理由があったりで事故を起こしてしまう事もあります。
それぞれ理由があるとは思いますが、その一つに事故の危険性と、事故を起こしたことで生じる責任について把握していないこともあるかと思います。

一般的な交通事故でも加害者には重い責任がのしかかりますが、危険運転ともなると責任はより重くなってしまいます。



万が一人身を起こしてしまった際は、慌てずに冷静な判断をおこなえるよう心掛けてくださいね。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.25 20:30)
交通事故の多い交差点:大国交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


大国交差点

住所:大阪市浪速区大国1丁目1番地


交差点の形状・特徴:

四差路交差点で、交差する道路は双方とも車線数が多いため、面積が大きい交差点である。
交差点の四隅に地下鉄の出入り口があり、横断歩道から左折してくる車が見えにくくなっている。
北進の右折は2車線となっており、右折車両が多いため混雑しやすい。また、西進の左折車両が多く、混雑しやすい。

事故の状況・要因:

人身傷害の度合いが軽微な事故が多い。
追突・右左折関連・出合頭・その他というように、発生している事故の形態もさまざまである。
交通量が多い交差点であるため、安全確認が不十分であったり、しっかりと減速せずに通行すると事故につながりやすい。
特に事故の多い時間帯は夜間(20時~22時)となっており、より慎重な通行を心がける必要がある。



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.24 21:36)