大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

頭部の障害について:頭蓋内出血
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は頭蓋内出血についてお話させていただきます。

◆頭蓋内出血の症状


頭蓋内出血は頭蓋骨内で出血が起こる症状全般をいいます。
原則、頭蓋内の出血症状全てを表していますが、出血箇所により名称が異なっていきます。
硬膜下出血、くも膜下出血、脳内出血なども頭蓋内出血の一種なのです。

頭蓋内出血に伴う症状は、出血箇所や出血量によって違いがあります。
一般的には意識障害、頭痛、吐き気、嘔吐、失神などの症状が起こります。
また、症状は出血から数分、もしくは数時間以内に現れるのが大きな特徴といえるでしょう。


◆原因


頭蓋内出血を起す原因は頭部へ強い衝撃が加わることです。
これにより頭蓋内の血管が切れ、出血を生じます。

出血場所や出血量は受ける衝撃の種類により大きく異なります。
衝撃による頭蓋骨の動きに脳が付いていけないことが理由です。
また、頭部に硬いものが衝突するケースでは皮膜外に出血を起こします。
この場合には、頭蓋骨の骨折を伴うこともあり、最悪の場合には脳事態に損傷が起こる脳挫傷を伴うこともあります。


頭蓋内出血は危険な症状を伴う可能性があるため、まずは精密検査で現状確認を行います。
ここで血腫が認められると、手術で血腫を取り除く治療がただちに必要になります
これは血腫が脳を圧迫し損傷を広げてしまうためです。また、早急な治療は脳の回復範囲を広げることにもつながります。




当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.26 22:31)
脳震盪の応急処置や治療について
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は脳震盪の応急処置についてお話させていただきます。

脳震盪は単体の障害を表す言葉ではなく、頭部に衝撃を受けた際に起こる軽度の意識障害全般を意味します。

具体的には出血を伴わず、短時間で回復する意識障害です。
発生後は頭がぼーとしたり、失神、記憶喪失などの状が起こります。人によっては頭痛、吐き気の症状を伴うことあります。

原則、特別な治療を必要とする障害ではありません。しかし、重篤な症状が数時間後に現れることもあり、最低でも発生から24時間は様子を見た方がいいでしょう。
また、人間の中枢機関とも言える脳の障害のため、後遺症を残さないよう適切な処置・治療を施す必要があります。

脳震盪を起したら直ちに意識確認を行います。
正常な認識が行えるか、意識を失っていないか、意識を失った時間、直立が出来るかを確認します。
この際、意識がある場合には呼吸、脈拍を確認し可能なら頭や頸の冷却を行います。

もし意識障害が起こっている場合には、首や頭を動かさないよう安静な姿勢を保ち、なるべく早急に専門医の診察を受けるようにします。


比較的短時間で意識が回復した場合には安静にすることで対処します。
ただし、脳の障害は重篤な症状や後遺症を残す危険があり、また他の脳疾患を引き起こす原因にもなるため、必ずCT検査やMRI検査を受けるようにしましょう。


 


当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.25 21:26)
頭部の障害について:脳震盪
交通事故で起こる障害の中で最も深刻なのが頭部の障害です。
強い衝撃は頭蓋骨など表面部分だけでなく、内部の脳本体にも影響を及ぼします。
これにより頭蓋内 出血や脳挫傷など危険な疾患を発症するのです。また、頭部の障害は重篤な症状だけでなく、後遺症を残す可能性が高い障害です。
脳へのダメージを最小限に抑 えるには、早期発見・治療が何より重要になりますので、適切な対処が取れるよう準備をしておきましょう。

今回は脳震盪についてです。
交通事故だけでなく、スポーツをしていても起こすことがありますよね?
いざというときのために知っておいて損はありませんよ。

◆脳震盪の症状

脳震盪は脳に衝撃を受けることで起こる軽い意識障害を意味します。
軽い意識障害とは、脳内出血がなく、また比較的短時間で回復する症状です。

何故、このような意識障害が起こるのか、その明確な理由は今現在も解明されていません。
しかし、脳は人が人らしく活動するために欠かせない器官あるのは事実です。
なるべく脳に衝撃を与えないよう注意しましょう。

主な症状は意識障害です。一言に意識障害といっても様々な症状、程度がありますが、一般にはぼーとする、失神、記憶が飛ぶなどの症状が考えられます。
また、意識障害と共に頭痛や吐き気、耳鳴りなどの症状が起こることもあります。


◆原因

実は脳震盪を起す原因は今現在も解明されておりません。

ただし近年は、衝撃により脳内の血管が引っ張られることが原因だと言われるようになりました。

脳は頭蓋骨の中の脳脊髄液という液体の中に浮くように存在しています。
このため、頭部に衝撃が加わると、頭蓋骨の動きに脳が遅れて付いてくるため脳と頭蓋骨の間に大きなスペースが生じ、同時に脳と頭蓋骨を繋いでいる血管が引っ張られる形となり脳震盪を起してしまうのです。



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.24 23:19)
リスフラン靭帯損傷とは

聞きなれない名前だと思いますが、
実は足にあるリスフラン関節と呼ばれる関節の一部分での損傷をいいます。

もともとは足の甲のあたりの捻挫だと思われて、
見過ごされているケースもあったようですが、
詳しく検査をすることで、この疾患がわかるようになってきました。

足の甲の真ん中付近での痛みがあります


実際は体重をかけた時に痛みが増強するので、
はっきりとどのあたりが痛いのかわかりづらいこともあります。

どういう時にこのリスフラン靭帯を傷めてしまうかというと...


交通事故であっても、そうでなくでも
足がつま先立ちになって、体重が上から乗る状態で受傷する場合がほとんどです。 

リスフラン靭帯が損傷すると、
つなぎ止めていた骨同士の連結が無くなり、
みどり色の矢印の様に骨の間の隙間が開くようになります。

これを「中足楔状骨間離開」といいます。

つまり、靭帯が切れて、
骨どうしをつなぎ止めることができないので、 
リスフラン関節部分が不安定な状態になってしまいます。

ですので、アーチ構造が崩れて、体重をかけた時に痛みを生じます。

リスフラン靭帯損傷は早期に診断して治療に取り掛かれば経過の良い疾患です。

しかし、最初わからなくて、しばらく放置しておくと靭帯の修復もままならないので、
手術に至るケースもあります。

足首のねんざと混同してしまって、
軽視しがちなのですが、
力を入れた時に、
足の甲が痛い場合には、
一度このリスフラン靭帯損傷を疑ってみてください。

また、そういった場合には、
できるだけ早いうちに足の専門医に御相談してみてくださいね!



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.05.23 22:11)