大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故の多い交差点:西本町交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


西本町交差点

住所:大阪市西区西本町1丁目5番地


交差点の形状・特徴:

四差路交差点で、すぐ東側に高速道路の入り口がある。
交差点の上部に高速道路が通っており、その橋脚で見通しが悪い。
この交差点を東進左折すると、高速道路の入り口があるため、東進左折車線が渋滞することが多い。
またこの交差点を東進すると、高速道路の出入り口があり、その流入流出で混雑している。

事故の状況・要因:

この交差点は、人身傷害の度合いが軽微な事故が多い。
追突事故および右左折時の事故が目立つ交差点です。
交差点の東側に高速道路の出入口があり、また橋脚のため見通しも良くないため、安全確認が不十分であったり、しっかりと減速せずに通行すると事故につながりやすい。
特に事故の多い時間帯は夕方(16時~18時)となっており、より慎重な通行を心がける必要がある。



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.13 21:46)
交通事故の多い交差点:平野警察署西交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


平野警察署西交差点

住所:大阪市平野区平野馬場2丁目7番地


交差点の形状・特徴:

形状は五差路だが、2つの交差点がくっついたような形状になっており、変則な五差路となっている。
南北道路の地下を走る道路の通気口が交差点の北側にあり、見通しが悪くなっている。
交通量は多いが、比較的スムーズに流れている交差点です

事故の状況・要因:

この交差点は、人身傷害の度合いが重大な事故が多い。
変則五差路であり、右折時および左折時の事故が目立つ。
交差点形状が複雑なため、右左折時に安全確認や減速が不十分なまま通行すると、事故につながりやすいので十分注意すること。
特に事故の多い時間帯は早朝(4時~6時)となっており、より慎重な通行を心がける必要がある。



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.12 21:42)
交通事故の原因として考えられること
今回は「交通事故」はなぜ起きたのか?
原因ってなんだろう?
...など
よく耳にする事例をご紹介させていただきます。


・運転中の携帯電話の使用やカーナビの操作をしていた。

・睡眠不足などによる体調不良や風邪薬等を飲んで運転していた。
 当然集中力もなくなり、催眠効果などから居眠り運転につながります。
 一瞬の居眠りが何十メートルも進んでしまう事からその間に交通事故を引き起こしやすくなりますね。

・時間に余裕がないなどで急いでしまい、スピードの出しすぎ、一旦停止違反や信号無視などが多くなり、その結果交通事故を起こしてしまった。

・体調を万全ではなかった。


事故を起こしやすいのは
日没・早朝などの薄暗い時間帯が多いようですね。

薄暗いと歩行者や車が見えにくくなるのと、帰宅のラッシュ時間と重なり、交通量が増えることも交通事故の大きな原因となります。
ライトの点灯を早めにするなどの対策を心掛けると交通事故防止につながるでしょう

深夜・早朝などの車の少ない時間帯ではスピードの出しすぎから起こる交通事故があります。
信号機のない交差点や見通しの悪いカーブなどが一般的に多くなっています。


身近なところにも起きやすい場所がありますので、見通しの悪いところでは、必ず一旦停止・徐行運転を心掛けてくださいね。




当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.11 0:02)
交通事故の多い交差点:梅田新道交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


梅田新道交差点

住所:大阪市北区梅田1丁目1番地


交差点の形状・特徴:

形状は十字だが、交差する道路は双方とも車線数が多く、交差点の面積が大きい。
また、この交差点の南と東にはそれぞれ約50m先に大きな交差点が隣接している。
なお、南北道路は南進のみの一方通行である。
南北道路(御堂筋)・東西道路(国道1号・2号)ともに交通量が多く、恒常的に混雑している。
また、交差点の東側に歩道橋があり、南進方向と西進方向から左折する際、見通しがやや悪いようです。

事故の状況・要因:

左折時と右折時の事故がやや目立つが、それ以外のさまざまな事故も散見される。
事故の多くは軽微なものであるが、重傷者を出す事故もまれに発生している。
事故の発生時間帯は18時台~5時台の夜間~朝方に多い。
夜間は特に注意して通行する必要があります。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.10 21:29)