大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故の多い交差点:大国交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


大国交差点

住所:大阪市浪速区大国1丁目1番地


交差点の形状・特徴:

四差路交差点で、交差する道路は双方とも車線数が多いため、面積が大きい交差点である。
交差点の四隅に地下鉄の出入り口があり、横断歩道から左折してくる車が見えにくくなっている。
北進の右折は2車線となっており、右折車両が多いため混雑しやすい。また、西進の左折車両が多く、混雑しやすい。

事故の状況・要因:

人身傷害の度合いが軽微な事故が多い。
追突・右左折関連・出合頭・その他というように、発生している事故の形態もさまざまである。
交通量が多い交差点であるため、安全確認が不十分であったり、しっかりと減速せずに通行すると事故につながりやすい。
特に事故の多い時間帯は夜間(20時~22時)となっており、より慎重な通行を心がける必要がある。



当院は交通事故治療を得意としています。

投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.24 21:36)
交通事故の多い交差点:西大橋交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


西大橋交差点

住所:大阪市西区新町1丁目28


交差点の形状・特徴:

四差路交差点で、形状は十字だが、交差する道路は双方とも車線数が多く、東西道路には中央分離帯があるため面積がかなり大きい。
また、南北道路には側道があるため、形状が少し複雑である。
東西道路にある大きな中央分離帯の影響で、右左折する際に少し見通しが悪い。
大阪市内中心に向かう東西道路の東進、南北道路の北進が恒常的に渋滞している。東西道路の100m東には交通量の多い交差点があるため、東進はその影響もあり渋滞しやすい。

事故の状況・要因:

人身傷害の度合いが軽微な事故が多い。
時間帯別でみると、事故の発生は、朝・昼間(6時~18時)に多く、その時間帯は特に注意が必要である。



当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.23 21:07)
交通事故の多い交差点:梅新東交差点
大阪市で交通事故の多いといわれる交差点をご紹介します。
ご近所の方や、
利用されることの多い方は、交差点付近では充分にご注意くださいね。


梅新東交差点

住所:大阪市北区曾根崎1丁目


交差点の形状・特徴:

四差路交差点で、形状は十字だが、交差する道路は双方とも車線数が多く、交差点の面積が大きい交差点です。
交差点の約50m南と約50m西側に大きな交差点が隣接している。
交差点の上部を高架道路が走り、さらに大きな歩道橋があるため見通しが悪くなっている。
南北道路、東西道路ともに交通量が多く、恒常的に混雑している。交差点の50m西側に大きな交差点があるため、西進はその影響もあり渋滞しやすい。


事故の状況・要因:

この交差点は、人身傷害の度合いが軽微な事故が多い。
事故の発生は、夜間の時間帯が中心で、特に20時~22時、0時~2時に多くなっています。
歓楽街が近いため飲酒されている方も多く、夜間は特に注意が必要である。


当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.22 20:50)
交通事故の主な要因と考えられること
交通事故は、自動車だけでなく歩行者・自転車などの行動が原因となることもあります。 

今回は「それぞれの事故の主な要因と考えられること」をご紹介させていただきます。



左折事故

自車の左後方死角から直進してくる自転車やバイクの見落とし
左折先の横断歩道上の自転車や歩行者の見落とし・確認不足歩行者や自転車の無理な横断・飛び出し
バイク・自転車等の、大型車の左折内輪差の見誤り など


追突事故:

脇見運転・漫然とした(他車の動きをよく見ていない)運転
車間距離の不足・スピードの出し過ぎ、信号変わり目での無理な直進 など


右折直進事故:

右折時、対向直進車のスピードの読み誤り(自車が先に右折できるという思い込み
対向直進車に右折を譲られた際、その脇から直進してくるバイク等の見落とし(いわゆる「サンキュー事故」) など


右折事故:

右折先の横断歩道上の歩行者や自転車の見落とし・確認不足
歩行者・自転車等の無理な横断・飛び出し など


出合頭事故:

一時停止標識・優先通行区分の無視や見落とし
相手車の進行スピードの読み誤り など



交差点を通行する全ての人が、周囲をよく確認しながら、万一の場合にも対応できる速度で無理せず通行するよう、常に心がけましょう。




当院は交通事故治療を得意としています。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2015.04.21 22:53)