大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

こしょうの効果            〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
炒め物や焼き物には欠かせない「こしょう」。

『炒め物には入れたほうが美味しいと何の気なしに入れていますが、

何か健康に効果があるのかな?
と思い調べてみました!


こしょうのピリッとした成分は、

『ピペリン』という名前だそうです。

このピペリンには、

・血管拡張して、血液循環を活性化

・エネルギー(カロリー)代謝の促進

・アドレナリンを分泌を促進し体内酵素の働きを活発にする

・食欲増進


・酸化防止



といった効果があるそうですよ。


こしょう独特の香りは、

『モノテリペン』といい脳を活性化する効果があるそうです。



どちらも聞きなれない名前ですね
いつもなにげに使っている香辛料も健康に一役かっているのですね!

全ての食材の効果を理解しながら料理をすると楽しそうですね

投稿者 web-master (2014.04.21 21:19)
マイブーム!
こんにちは
院長の緒方です!

最近のマイブームについてお話します

ここのところ緒方の中で 『蕎麦』 がブームなんです!
以前はうどん派だったのですが、なぜか最近は『蕎麦』なんです

山掛け、おろし、ざる、にしん、鴨なんば...。

これから暖かくなって来るので、僕の 食欲もとどまることを知りません...。
最近の昼食はほとんどお蕎麦です!

と、ここでせっかくですのでお蕎麦に関する豆知識

お蕎麦には、皆さんご存知かもしれませんが、【ルチン】が含まれています。

ルチンとはビタミンの一種でビタミンPとも呼ばれています。 ポリフェノールの一つで、毛細血管を丈夫にしたり脳出血の予防などに効果があるとされています

欠乏すると、歯茎から出血しやすくなったりキズが治りにくくなったりすることがあります。

効果・効能としては、毛細血管を強くする作用や、血圧を下げる作用があるので高血圧の予防が特に有名です。
 
他にも、糖尿病、動脈硬化、脳卒中などへの効果が期待されています。

また、ビタミンCの吸収を助け酸化を防止する効果もあるため皮膚を健康に保つ働きもあります。

と、なんとお蕎麦は美味しいだけでなく身体にもめちゃくちゃ良いのです!
皆さんも今日のお食事は 『お蕎麦』 いかがですか?

投稿者 web-master (2014.04.18 20:49)
むちうちについて②         〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
むちうちは、受傷直後の頚部固定と安静が重要です。

当院では、痛みが強いものには、カラーを使い頚椎を固定をします。

その後はできる限り機械に頼らず、
手技による患部周辺の筋肉の緊張をほぐす施術やゆがみを調整する矯正などを行い、痛みの原因を根本から改善する治療を施していきます。


交通事故に遭い下記のような症状が現れた場合、要注意です!!

・手足がしびれる
・肩こりの悪化、首スジの張り感
・頭を動かせる範囲が狭くなる
・肩・腕・指にまで広がる痛み
・頭痛(後頭部・前頭部・こめかみ・全体など様々)
・握力が弱くなったような気がする
・もう1ヶ月も病院に通っているが良くならない
・吐き気・息切れや動悸がする

むちうちは事故後、数日経過してから、こうした症状が出てくる場合が良くありますので、体の変化を見過ごさないようにしてくださいね。

優接骨院は交通事故治療専門院ですのでむちうち治療にも自信があります!

お困りでしたら是非、ご相談くださいね!





投稿者 web-master (2014.04.17 21:20)
むちうちについて①
こんにちは!

院長の緒方です!

今日はむちうちについてお話させて頂きます!

むちうちは、交通事故などによって、首に急激な衝撃が加わり起こります。

衝撃により頚椎が前後左右にもっていかれ、鞭のようにしなりむち打ちは発生します。



事故にあったその日には症状が出ることは少なく

翌日あたりから様々な症状が出現することが多いんです。



軽いむち打ちでは、首周辺の痛みや違和感が主な症状となります。

しかし、ひどいむち打ちでは首・肩・背中・腕まで痛みの範囲が広がります。

更に重度になると、頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・手足のシビレ・マヒなどの症状が...

それ以外にも精神的に不安定になり、症状がいつまでも続きます。


むちうちは医学的に認められないことも多く、病院に行ったものの、レントゲンを撮って骨に異常がなければシップと飲み薬を出されて終わり・ ・・なんてことも。

レントゲン検査で映らないモノは病気ではない!と思われているからです。
この状態で
通院治療、痛み止めや湿布を続けても、良くなる筈がありません。


 当院には、「病院でのレントゲン検査では異常がない!でも痛い」との理由で多くの交通事故患者様が通院されて、病院では良くならなかった症状を回復されています。


受診される理由が、

『安静にしているだけで治るの?』

『痛み止めや湿布の治療しかないの?』

という不安です。

 
実際に、痛みが取れないことに悩まれて、駆け込んでくる方もたくさんいらっしゃいます。




次回へ続く・・・
投稿者 web-master (2014.04.16 21:21)