大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

自費メニューも充実
「整骨院、接骨院」といえば
怪我や後遺症の治療しかできないと思っていませんか?

優接骨院では
体のことを知り尽くした柔道整復師の国家資格をもったスタッフが
保険治療の他にも自費メニューで患者様の日ごろのお悩みの改善にご対応できます。

もちろん保険証なしでOK!
日ごろの辛い痛み、お悩みを解消しましょう♪


投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.10.07 4:01)
歩行者自転車関連死亡事故マップ
大阪府警のホームページで
過去3年間に発生した死亡事故や重傷事故等の統計データを基に、時期に応じて多発傾向にある交通事故や、最近大阪府下で多発している交通事故を類型別・発生場所別等でまとめ、地図がUPされています!

https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/jiko/8/r01_10/10983.html



万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
むちうち症についてはコチラをご覧ください
投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.10.02 3:39)
10月から注意が必要!高齢者の歩行との交通事故
10~12月は交通事故で死亡する65歳以上の歩行者が多い――。
秋の全国交通安全運動(9月21~30日)を前に警察が過去5年間に起きた事故について分析したところ、
交通事故の傾向が明らかになった


特に日没の前後1時間(薄暮時間帯)に事故に遭った人が目立ったという。

ある地域では15~19年に交通事故で死亡した歩行者は6999人。
そのうち65歳以上の交通事故死亡者は5007人(72%)

その5007人を調べる10~12月の死者が1792人、1~3月(1333人)の1.34倍である。
65歳未満も10~12月の死者が多いのですが、65歳以上が他の時期との差が顕著にある結果であったそうです。

10~12月の交通事故死者の状況別では約8割もの人が「道路の横断中」

「横断歩道のない場所での横断」や「走行車両の直前直後の横断」などの法令違反が多いようです。
時間別では3割ほどが薄暮時間帯に事故に巻き込まれており、中でも、視界が悪くなる日没から1時間以内に車に交通事故に巻き込まれる人が多いとのこと。

日が短くなっていく環境の変化に、歩行者や運転者の気持ち、行動が追いつけていない可能性があり

歩行者は反射材などのついた衣服の着用や、車両運転者はライトを早めに点灯+上向き点灯(ハイビーム)の有効活用に気を付けるなど
交通事故を起こさない、合わないための対策が必要となってくる時期です。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
むちうち症についてはコチラをご覧ください
投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.09.29 4:44)
全国一斉秋の交通安全運動開始
2020年(令和2年)
「秋の全国交通安全運動」が本日より始まります。

運動の実施期間は、9月21日(月)~30日(水)の10日間で、運動期間最終日の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

 

交通事故死傷者のなかでも歩行者の割合が高く、子どもや高齢者の被害が目立つだけでなく、自転車の事故も多発しています。

運動の重点項目には

「子供を始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保」などがあげられています。

 

会社・事業所の通勤のマイカー・バイク、自社の営業車両が不用意に生活道路を走行したり、歩行者、自転車の多い場所で無理な運転をしないように指導しましょう。

  

やむを得ず生活道路や学校・施設の近くなどを走行する場合は、どのような危険があるのかヒヤリマップなどでチェックして危険を周知しておくことが大切です。 


9月以降は夜間や薄暮時の事故が多発します。早めの点灯と上向きライトの活用を呼びかけましょう。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
むちうち症についてはコチラをご覧ください
投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.09.21 5:57)