大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

いよいよ施行!危険なあおり運転を厳罰化!

あおり行為が万一、人身事故に結びつけば「危険運転」の対象とります。
道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が改正され、あおり運転に対する厳しい罰則が適用が開始します。
 
2017年、東名高速道路にてあおり運転により悲惨な死亡事故が発生して社会問題になったことを受けて、
警察の取締りを強化するとともに、政府は罰則強化と危険運転致死傷罪を適用するため、法令改正がすすめられてきました。

この法改正により、これまで明確な定義がなかった「あおり運転」が、
悪質な道交法違反=「妨害運転」行為として新たに規定され、
罰則も最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金と、酒気帯び運転や酒酔い運転に匹敵する厳しさとなります。
 
 
危険運転の規定に「あおり運転」行為の2類型が追加されます。
死傷事故発生時に危険運転致死傷罪が適用されると、死亡事故では最長で20年の懲役で起訴されることになります。
 
更に、妨害運転は1回違反するだけで免許取消処分を受けることになり、職業ドライバーであればすぐに仕事を失うことになりますので、
この法改正に注目し安全運転を心がけるとともに、従業員やご家族など運転者への指導を強化してください。 
 
●改正道路交通法は6月10日に公布されました。6月30日に施行されます。、
  
●改正自動車運転死傷行為処罰法は6月12日に公布されましたので7月2日に施行されます。


【道路交通法改正】

あおり運転=妨害運転違反の創設
他の車両の通行を妨害する目的で 以下のような行為を交通の危険を生じさせるおそれのある方法をした場合は

●通行区分違反(対向車線の逆走等)
●車間距離を詰める
●急ブレーキをかける
●不必要なクラクション
●急な進路変更(割込み)
●ハイビーム威嚇の継続
●乱暴な追越し、左からの危険な追越し
●幅寄せや蛇行運転
●高速道路での最低速度違反
●高速道路での駐停車 等

【改正前と改正後の罰則の変更点】
◆罰則
[改正前]
・車間距離不保持違反
・急ブレーキ禁止違反
・追越し方法違反
・警音器使用等違反
・駐停車違反 等を適用
・道路交通法第119条
・道路交通法第120条等を適用
 
〇罰則 
一般道路は、5万円以下の罰金
高速道路では、3月以下の懲役または5万円以下の罰金
(車間距離不保持の場合) 

[改正後]
①妨害運転(交通の危険のおそれ)
 上記のような違反行為を交通の危険が生じるおそれがある方法で行った場合は「妨害運転」
〇罰則
3年以下の懲役または50万円以下の罰金
 
②妨害運転(著しい交通の危険)
 ①の妨害運転をして高速道路上で相手の自動車を停止させたり、その他、道路における 著しい交通の危険を生じさせた場合  
〇罰則 
5年以下の懲役または100万円以下の罰金

◆道路交通法
[改正前]
・道路交通法第119条
・道路交通法第120条等を適用
[改正後]
・道路交通法第117条の2の2 第11号
・道路交通法第117条 第6号等を新設

◆違反点数・反則金
[改正前]
車間距離不保持(一般道)1点 
       普通車反則金 6,000円
 
車間距離不保持(高速道)2点 
       普通車反則金 9,000円
急ブレーキ禁止違反   2点
       普通車反則金 7,000円
追越し方法違反     2点
       普通車反則金 9,000円
[改正後] 
妨害運転は、反則通告制度の対象にはならない(反則金は適用されない)かわりに行政処分が科されます

①妨害運転(交通の危険の恐れ)の場合
 違反点数 25点  →  即、免許取消処分 (欠格期間 2年/前歴なしの場合)
 
②妨害運転(著しい交通の危険)の場合
 違反点数 35点  →  即、免許取消処分 (欠格期間 3年/前歴なしの場合)


◆免許の仮停止処分
[改正前]
あおり運転事故でも、飲酒運転やひき逃げ、携帯電話違反等がない場合は仮停止にはならない。
[改正後]
妨害運転(著しい交通の危険)をして、交通の危険を生じさせ、死傷事故を起こした運転者は、運転免許の効力仮停止の対象に含める

【同乗者について】
あおり運転の同乗者などに対しても行政処分を科されます。
妨害運転をそそのかした者にも「重大違反そそのかし」に含まれ、免許取消しの処分が行われます。
欠格期間は最低で2年。ただし、違反点数は加算されない。
そそのかしは、運転前に運転者にあおり運転を指示した上で車に乗らなかった者など同乗者以外にも適用されます。
免許がない者は欠格期間中、免許を取得できなくなります。

次回は7月2日施行の「自動車運転死傷行為処罰法の改正」について詳しく載せたいと思います。





大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には

投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.07.01 2:20)
梅雨時期の自転車事故について
6月末より自転車で他の車両を妨害数「あおり運転」が危険行為の15番目に追加されました。

自転車は道路交通法では車道を走るのが原則となっておりますが、いまだ「車道を走るのはこわい」と歩道を走る人も多いのが現状です。

自転車事故は6分半に1件おきているそうです
なかでも交差点の出会い頭事故は自転車事故の約半数に上ると言います。
一旦停止や信号など、自転車は車両であるため、本来は車と同じ交通ルールを守らなければいけません。
しかしながら、歩道を走る、歩行者信号を渡るなどの自転車もおおく、車両や歩行者との衝突などが多数起こっています。
特に梅雨時期は、雨で路面が濡れておりブレーキなどの効きが悪くなったり、悪天候で見通しが悪くなり、人や車両に気づきにくいという点もおおく
自転車事故は多発しています。
大阪府警の発表では、この10年で自動車は、自動運転装置や自動ブレーキなどの登場により、車両の交通事故は減少傾向にありますが
自転車の事故件数は増加傾向で、自転車対歩行者の事故件数は3割ほど増加しているとのことです。
自転車は、自動車ほどの安全対策の進歩がなく、利用ハードルも低いこと、そしてアクティブな高齢者の増加で高リスクな利用者が増えたことも要因となっているようです。

私も先日、道路のセンターラインをゆっくりふらふらな運転で走行している高齢者のご夫婦を見かけました。
見通しの良い道路だったため、車との接触はありませんでしたが、見通しの悪い道なら・・・もし転んでしまって見えていなかったら・・・と思うとぞっとしました。
利用ハードルが低い自転車は免許などもなく、だれでもすぐ乗れてしまうものですが、車両であること、スピードがでること、は変わりないのです。
更に自転車は、自動車とちがい、エアバックなどの装備もなく、ボディーで守られているわけではなく生身です。
更にはバイクなどヘルメットが義務付けられていない地域も多く、万が一交通事故を起こせば衝撃をまともに受けてしまいます。

自転車の交通事故は、「自転車も車両である」と認識し意識することが重要となってきます。
運転されるご本人はもちろんのこと、ご家族やお子様、親御さんなど、自転車で出かけている方の意識を再確認し、
安全運転につとめることが交通事故を起こさない乗り方を心がけるようにしましょう。
また、地域によっては自転車保険もどんどん義務化がすすんでいます。
大阪府でも平成28年7月より「自転車保険の加入義務」が条例で出されています。
保険加入や期間なども必ず見直し安全運転を心がけましょう。

大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には


投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.06.29 2:19)
交通事故発生マップ
大阪府警のホームページで大阪府の交通事故死者数マップが更新されました。

こちらをご覧ください



大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には





投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.06.22 3:46)
危険な「あおり運転」の撲滅に向けて
大阪府警よりあおり運転撲滅についての発表がありました。

「あおり運転」は犯罪です!!
道路交通法改正で、妨害運転罪が創設されました。妨害運転を行ったドライバーには罰則が強化されるほか、免許取消しの対象となります。

◆「あおり運転」に対する罰則が創設されます◆

■妨害運転の対象となる行為(10類型)
通行区分違反
急ブレーキ禁止違反
車間距離不保持
進路変更禁止違反
追越し違反
減光等義務違反
警音器使用制限違反
安全運転義務違反
最低速度違反(高速自動車国道)
高速自動車国道等駐停車違反
■罰則
①妨害運転(交通の危険のおそれ)
他の車両等の通行を妨害する目的で、一定の違反(10類型の違反。上記参照)行為であって、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じるおそれのある方法によるものをした場合。
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
違反点数 25点
免許取消し(欠格期間 2年) (注意)前歴や累積点数がある場合には最大5年
②妨害運転(著しい交通の危険)
1.の罪を犯し、よって高速自動車国道等において他の自動車を停止させ、その他道路における著しい交通の危険を生じさせた場合。
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
違反点数 35点
免許取消し(欠格期間 3年) (注意)前歴や累積点数がある場合には最大10年

◆車両の運転に際して
車両の運転に際しては、自分のことだけを考えるのではなく、他の運転者に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持ち、心に余裕を持った運転をしましょう。

◆もしも、あおり運転の被害に遭ったら
安全な場所で110番通報を
あおり行為に遭遇した場合は、安全な場所に待避して、110番通報をしてください。
高速道路の本線車道上で停車すると、追突事故の恐れがあり、大変危険です。サービスエリアやパーキングエリア等の安全な場所に待避し、110番通報をしてください。
ドアロックをして窓を開けないで
警察官が到着するまでの間、ドアロックを確実に実施して窓は絶対に開けないようにしてください。

◆ドライブレコーダーの有効活用を
ドライブレコーダーは、交通事故に限らず、あおり運転の被害に遭った場合の有力な証拠となります。
前方だけでなく、後方や車内、全方向を撮影できる高性能なドライブレコーダーも販売されておりますので、有効活用してください。

詳しくはこちら

大阪府 大阪市 西区で
万が一の交通事故でけがを負った場合には
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2020.06.19 3:29)