大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

膝の痛み               〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
階段の上り下りをすると膝が痛い、椅子や床から立ち上がろうとすると膝が痛い。

こういう訴えをする患者様は多くいらっしゃいます。


痛みが発生しているのは、膝関節を損傷していて炎症が起こっているからです。

これらの症状の多くを膝関節捻挫といいます。


膝関節捻挫は、

①歩行中・運動中などに転倒した際に膝を捻ってしまう場合

②筋肉や関節の組織が硬くなってしまい、立ち上がろうとした際に硬くなった組織が伸ばされ痛めてしまう場合

があります。


①は転倒しないようにすることが一番の予防策なので注意することですが、

②はあらかじめ予防する事が出来ます。

それは筋肉や関節などの組織が硬くならないようにすることです。


硬くなる原因としては、


・長時間同じ姿勢をする

・運動後、十分にストレッチをしない

・日常生活で立ち座りが多い

・年齢と共に体は硬くなる



などが考えられます。


これらを解消するには、

【毎日のストレッチ】【体を冷やさない(入浴する)】などがオススメです!

主には太ももの筋肉をよく伸ばしましょう!
投稿者 web-master (2014.04.07 21:26)
痛めたらすぐにすること!
春になるとスポーツをする機会が増えたり、私生活では引越しがあったりと体を使うことが多くなります。そうなると必ずついてくるのは突然の怪我です。

体を痛めたらすぐにしなければいけない事はなんだと思いますか?


それは、
安静です。

これが何より一番大切です!

私が学生の時は、つき指をしたら【引っ張るといい】とか言われていましたが、

接骨院で働くようになり、体の事を勉強すると【突き指は引っ張ったらいい】という事は全くの嘘だということを知りました


突き指をして損傷した組織を引っ張ってしまうと、余計に損傷が広がってしまい痛みや腫れがひどくなったり、回復後も古傷として痛んでしまったりする事があります。


これは突き指でなくても、ぎっくり腰や捻挫や打撲でも同様のことが言えます。


痛めたらまずは安静です!

その後はやはり早期治療が重要となりますので、痛めた初日~3日以内には通院し処置を受ける必要があります。


痛めてすぐにどうしたらいいのかわからない場合は、当院までお気軽にご相談下さい!

ご相談はお電話でお受けいたします!

投稿者 web-master (2014.04.04 21:27)
くしゃみに注意!           〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
気温変化が激しいこの季節、花粉の影響もありくしゃみが出だすと止まらない時があります

突然出るくしゃみですが、気を抜いていると痛い目に遭います

くしゃみが出る瞬間というのは、一瞬で体にすごい力が入るのです!
(主に首~腰にかけて)


一瞬の力が入ったときに、もともと調子が悪い所があったりすると条件が揃ってしまい筋肉や関節を傷めてしまうことも。


くしゃみが原因で、ぎっくり腰や首の筋違いを起こして来院される患者様もいらっしゃいます。

【くしゃみ】をする際はあらかじめ、『身構えて・心構えて』くしゃみをしましょう

構えるだけで予防になりますよ!

投稿者 web-master (2014.04.03 21:27)
花粉対策
スギ花粉もずいぶん少なくなり過ごしやすくなってきました。
現在は、ヒノキ花粉が飛んでいるようですね

花粉対策は、1番はマスクです!

後は、ナイロンなど化繊の衣類は避けて綿などの静電気が起こりにくい素材のものを選びましょう!

そして自宅に帰られるとまず最初にしたいのが


花粉を落とすこと

です。

衣類や体についた花粉をそのまま室内に持ち込むと大変なことに



効率よく花粉を落とすには体の上から落としていきましょう。
まずは髪の毛。

そして肩~腕、胴と順番に下へ払いましょう!



最近ではスプレーすれば花粉を包み込んで落としてくれるという便利な商品もあるようなので簡単に済ませたい方は使用してみてもいいかもしれませんね!

自分は花粉症じゃないけど家族が花粉症。という方は払うのが面倒ですが、ぜひ協力してあげましょう

花粉症は本当につらいですから

投稿者 web-master (2014.04.02 21:28)