大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

ゴールデンウィーク到来!春の行楽で注意したい事故・トラブル
いよいよゴールデンウィークが目前に迫ってきました。
この大型連休を利用して、家族や友人と旅行や行楽に出掛ける計画を立てている人も多いことでしょう。
ただし、例年この時期は、観光地をはじめ様々な地域や場所で交通量が急増し、
交通事故に見舞われるリスクが高まります。
車を運転する際は、普段以上に細心の注意が必要です。
また、行楽・旅行先で「バッテリー上がり」や「タイヤのパンク」といった車のトラブルに見舞われることが多くなるのもこの時期。
万が一、車のトラブルに見舞われた際は、ロードサービスなどが心強い味方になってくれる場合があります。
ゴールデンウィーク前に車の点検・ロードサービスの加入などの確認を行いましょう

また、ゴールデンウィークで特に注意したい事故や車のトラブルについて考えてみましょう。
日本道路交通情報センターが発表した「春の観光地の道路交通情報」によると、
今年のゴールデンウィークは、高速道路の「下り線」は5月3日~4日にかけて、「上り線」は5月4日~5日にかけて、10km以上の渋滞が多く発生すると予測されています。
また、一般道路では、休日を中心に観光地へ向かう車が増加し、周辺道路で激しい渋滞が予測されています。

【特に注意したい事故ケースを確認しよう!】
観光地をはじめ、様々な地域や場所で激しい混雑が見込まれるゴールデンウィーク。
交通量が増加するこの時期は、交通事故に見舞われるリスクが高まりやすいので、注意が必要なのです。

特に注意しておきたい、見舞われがちな事故ケースとはどういうものなのでしょうか。

●渋滞に伴う交差点付近での事故
交通量が増加すると、車対車の衝突事故リスクが高まることが懸念されます。
特に、信号待ちなどで渋滞が起こりがちな交差点付近では、前後の車との接触・追突事故に要注意です。

●運転に不慣れなドライバーとの事故
普段はあまり車を運転しない人が、旅行や行楽で、車のハンドルを握るというケースが増えるのがこの時期。
運転に不慣れなドライバーとの事故リスクには注意が必要です。

●高速道路での渋滞に絡む事故
高速道路での運転で特に気をつけたいのが、渋滞に絡む事故です
。渋滞につかまりノロノロと運転している際、つい同乗者との会話に夢中になってしまい、
前方を走る車に追突してしまうという事故も起こりやすいものです。

●トンネル付近での事故
トンネルに入る際やトンネルから出る際は、走行スピードを落とす車が多い傾向にあります。
そのため、出入り口付近では、前方・後方車両との追突事故が発生するリスクが懸念されます。
適切な車間距離をとり、走行スピードを一定に保つように心掛けるようにしてください。

●サービスエリア出入り口付近の事故
長時間の運転で疲れたときなどに立ち寄りたいのが高速道路のサービスエリア。
サービスエリアに進入する際は、スピードをしっかりと落とす、出口から走行車線に合流する際は、
急な割り込みをしないといったことを心掛けるようにしましょう。

【車のトラブルも多発。車の点検・ロードサービスの確認をしましょう】
ゴールデンウィーク期間中は、交通事故リスクが高まるだけでなく、
車のトラブルも多発する傾向があります。
JAFが発表した「ゴールデンウィークのロードサービス救援依頼内容(四輪・二輪)」によると、
過去ゴールデンウィーク期間中の1週間の間にロードサービス救援件数は、一般道路、高速道路あわせて平均5万5千件にも上っています。

特に一般道路では、過放電バッテリー、いわゆる「バッテリー上がり」が圧倒的に多いようです。
また、高速道路、一般道路ともに「タイヤのパンク」も多発しています。
車を運転する際は、バッテリーの点検、タイヤの空気圧などを、事前にしっかりとチェックしておくことが重要です。

なお、車のトラブルに見舞われた際に、心強い味方になってくれるのが自動車保険会社のロードサービス。
多くの保険会社は、自動車保険契約者に対してロードサービスを提供しています。
サービス内容や料金発生の有無などは保険会社によって異なりますが、
おおむね代表的な車のトラブルに対応してもらえるケースが多いようです。
「自動車保険会社のロードサービスを知らなかった」という人や、
「サービス自体は知っていたけれど、利用したことがない」という人は多いかもしれません。
しかし、万が一のトラブル発生時には大変頼りになるものです。
車で旅行・行楽に出掛ける際は、事前に保険会社のロードサービスの内容を確認し、
いざという時の連絡先や連絡方法などをしっかりと確認しておくといいでしょう。



交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.04.24 12:24)
ゴールデンウィークのドライブ前に再確認!
ゴールデンウィークなどの大型連休は、日常とは異なる運転環境にさらされます。

お車での旅行などを計画している方は、道路上に潜む事故リスクと、万が一の際の事故対応について、改めて確認して置いた方がよいでしょう。

ある損害保険会社の調べで、道路上に潜む危険の中で最も注意が必要なのは「歩行者・自転車の飛び出し」であると言われています。
連休中は、慣れない道を走ることが多い上に学校などがお休みになるので、
日中の子供には細心の注意を払ったほうがいいでしょう。

「歩行者・自転車の飛び出し」「強引な追い越し・割込み」により一層の注意を!
いよいよ、上半期の大型連休であるゴールデンウィークの時期が近付いています。
連休を利用してドライブ旅行を計画している人も多いでしょう。

しかし、ゴールデンウィーク中は、
「普段ハンドルを握らない人が運転をするケースが増える」
「走り慣れない道を運転するドライバーが増える」
「交通量が増加する」など、
普段とは異なる運転環境にさらされるため、事故リスクが大きくなる可能性があります。
事実、2017年のゴールデンウィークには、全国で約1万4千件もの交通事故が発生しているのです
(「春の連休時における交通事故発生状況及び暴走族の動向等」警察庁)

事故を起こさないためには、道路上にどのような危険が潜んでいるのかを熟知し、細心の注意を払って運転をすることが大切です。

運転者がヒヤッとした瞬間、原因調査ランキングでは
【外的要因】
1位 歩行者・自転車の飛び出し 55%
2位 他車の強引な追い越し・割り込み 42%
3位 自転車・バイクの強引なすり抜け 40%
4位 他車の信号無視・一時不停止 36%
5位 他車の旧ハンドル・急な車線変更 35%

【自分の要因】
1位 考え事などでぼーっとしていた 35%
2位 オーディオやナビなど操作・わき見運転 35%
3位 車間距離不足 23%
4位 居眠り運転・睡魔 23%
5位 スピードの出しすぎ 20%


最も多くのドライバーが挙げたのは「歩行者・自転車の飛び出し」。
ゴールデンウィーク中は学校が休みになるため、日中の子供の行動により注意が必要になりそうです。
また、「他の車の強引な追い越し・割込み」という要因も上位に挙げられています。
運転に慣れていない人や渋滞でイライラしているドライバーにありがちな行動なので、
連休中はいつも以上に注意をしたほうがいいでしょう。

「自分側の要因」では、「考え事、ボーっとしていた」「脇見運転」がほぼ同率で1位、2位に。
連休中のドライブ旅行などで長距離運転をすると、集中力不足に陥りがちです。
疲労や眠気を感じたらできるだけ早く休憩を取り、頭のリフレッシュを図ってください。


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.04.18 12:08)
車の運転中の眠気を防止する睡魔対処法をご紹介
前回は、「なぜ春は眠くなるのか?」と「運転中に眠くなりやすいタイプ」についてお話しました。

春になると、ポカポカしてきて眠くなることが多いですね。
 
休日に家で眠くなっても何も問題はないのですが、運転中に眠くなってしまったら大変!
大事故を引き起こしてしまうかもしれません。
 
今回は、『運転中に眠くなってしまった時の睡魔対処法』についてお話しますね。

①仮眠
運転中に眠くなったときの一番の対処法は、なんといっても"仮眠"です。
といっても、適当に仮眠をすればいいわけではありません。
仮眠にも『理想的な仮眠』というのがあるです。
 
仮眠のポイントは、
 
・若い人なら10~20分
・50代以上で30分
 
程がいいそうです。
 
また、仮眠をする時は、シートは完全に倒してフルフラットにするのではなく
30度くらいの角度にすると良いそうですよ。

人は、90分サイクルで浅い眠りと深い眠り(レム睡眠・ノンレム睡眠)を繰り返します。
深い眠りのときに起きると、眠気がなかなかとれず、またすぐに眠くなってしまうんです。
 
なので、10分~20分程度、もしくは、90分サイクルの浅い眠りのときに起きると、眠気がスッキリ取れるんですよ。
②ストレッチなどで体をリラックス
眠気を感じたら、安全な場所や(高速道路なら)SAなどに車を止めて、体を動かしましょう。
体を動かすことで血流がよくなり、脳への血流も増えて目が覚めるんです。
 
ストレッチの方法は、
 
・膝をのばす
・足を広げ、腰を落として股関節をのばす
 
など、『運転姿勢と逆の方向に腕や足をのばす』といいですよ。
 
 
ただ、高速道路など、次のSAまで距離があるときに眠くなってしまうこともあります。
 
そのような時は、運転しながらできる運動を行ってみてください。
その方法は、
・ハンドルをギュッと握りしめたり、ゆるめたりする
・へその下の下腹部にグッと力を入れる
 
などです。
運転中にもし睡魔がきたら、ぜひやってみてくださいね!

③会話やコーヒー、甘いものなどで眠気をやわらげよう
仮眠や運動以外にも、居眠り運転対策はたくさんあります。
 
 
まずは、ガムを噛んだり、歌を歌うなど、リズムのある運動をすることです。
 
さらに、同乗者と楽しくお話をするのも、眠気防止に最適です。
人と話をするのは、「社会的覚醒ファクター」といわれるほど、眠気覚ましには効果的なんですよ。
 
 
また、基本中の基本ですが、カフェインも眠気覚ましに効果的です。
 
ただし、カフェインは、(コーヒーなどを)飲んでから効果が出るまでに15分~30分ほどかかります。
なので、眠くなる前に飲んでおくことがポイントなんですよ。
 
ちなみに、ホットコーヒーは20~30分後くらいに効くそうですが、アイスコーヒーは効くまでに1時間くらいかかるそうです。
 
 
さらに、意外ですが、甘いものも眠気覚ましには効果があるんです。
 
甘いものを食べると、脳の栄養素であるブドウ糖が脳を活性化させ、眠気を防止してくれるようです。
 
眠気が起きた時ように飴玉などを所持しておくこともおすすめです。
 
 
運転中の睡魔はとても危険です。自分に合った眠気対処法で眠気を防止し、安全な運転を心掛けてくださいね。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.29 13:28)
なぜ春は眠くなるの?車の運転中に居眠りを起こしやすいタイプとは?
寒い冬が終わりに近づき、暖かい春がやってきました。
 
ぽかぽか気持ちのよい春ですが、春はとにかく眠いですよね。
「春眠暁を覚えず」と言いますが本当に言葉通りですよね。
 
家で眠くなるなら何も問題はありませんが、運転中に眠くなってしまったら事故を起こすことにもなりかねません。
 
今回は、『なぜ春は眠くなるのか?』についてと、『居眠りを起こしやすいタイプ』についてお話します。

春に眠くなる理由は、
 
・春は気温や天気の変化などで交感神経と副交感神経のバランスが崩れるため、昼間に眠くなる
・冬は寒いので交感神経が優位だが、春になって暖かくなると副交感神経が優位になるので眠くなる
・暖かくなると手足の血管が広がるため、手足に血が行ってしまい脳の血流が減る、あるいは脳の温度が下がりやすくなるので眠くなる
・日照時間が伸びてくるので自然と睡眠時間が短くなるが、体がその睡眠時間に慣れていないため寝不足となり、眠くなる
 
ということなんです。
 
 
2015年の交通事故による死者は4113人で、人身事故全体の約1.2%です。
けれど、居眠り事故における死亡事故の割合は約5.9%となり、約5倍のにもなります。
 
このように、居眠り運転は、重大事故になりやすいという特徴があるんです!
 
 
最近は、睡眠不足を自覚していない人が急増しているそうです。
 
一般的に、理想的な睡眠時間は6~8時間といわれていますが、人によって必要な睡眠時間は違います。
 
必要な睡眠時間よりも、2時間睡眠時間が短くなると、
飲酒運転と同じように不安定な運転になることもあるそうですよ!怖いですね。
 
『睡眠不足を自覚していない人の運転の兆候』としては、
 
・信号や標識を見逃す
・まっすぐ走れない
・イライラしたり落ち着きがなくなったりする
 
というが出てくるそうです。

また、最近の研究では、居眠り運転を起こしやすい人や時間帯が統計によって分かってきたそうです。
 
居眠り運転を起こしやすい統計
①25歳以下の男性
②シフト制勤務で夜の労働時間が長い人
③長距離トラックなどの運転手
④睡眠時無呼吸症候群なのに自覚していない人
⑤徹夜や海外出張がおおく、体内時計が乱れている人
だそうです。
一概に該当するから居眠り運転をするとはいいきれませんが
2つ以上該当していたら要注意が必要かもしれませんね。


また、居眠り運転を起こしやすい時間帯は、AM3時~4時とPM3時~4時です
午前午後ともに同じ時間帯なのですね。
 
この時間は、睡眠のリズムから、どうしても眠くなりがちなんだそうですよ!
 
 
さらに、雨の日は、居眠り事故が減るそうです。
これは、雨の日は緊張感が増すからなんだとか。
 
一方、曇りの日は、居眠り事故が増えるので要注意です。
 
 
そして、疲れたときに運転していて、一瞬記憶が飛んだことってありませんか?
実は、この運転中に記憶が飛ぶのは、かなり危険な兆候です。
すぐに車を止めて休むようにしてください。
 
また、以下のようなときも、居眠り運転を起こす危険がありますので、車を止めて休むようにしてください。
 
・信号や道路標識、高速道路の出口を見落とす
・最後の数kmのことが思い出せない
・頭が重くなる、さがる
・瞬きの回数が増える
・たびたびアクビをする
・車が真っ直ぐはしらない
・車間距離がつまる
・落ち着きがなくなる
 
 
居眠り運転は、重大事故につながりやすいです。
折角のあたたかな春、楽しくドライブするためにも、十分気をつけてくださいね。
 
次回は、睡魔がやってきたときの対処法についてお話ししますね!

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
 
 

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.27 13:13)