大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

安全のためには当然の速度! 安全のための速度制限がある。
今日は高速道路の速度と大型トラックなどの速度制限について書きたいと思います。

今年の11月から、一部高速道路の一部の区間の最高速度が110km/hに引き上げられました。

しかし、90km/hのスピードリミッターを効かせながら走る大型トラックが追越し車線を占拠していて、
110km/hなどまったく出せない! という声があるのも事実です。
「ゆっくりしか走れない大型トラックが邪魔!左を走れよ!」なんていうドライバーの声は全国の高速道路で聞かれます。

ふと「大型トラックの制限速度は、もうちょっと引き上げられないのか?」と疑問に思ったことはないでしょうか?
2003年から、総重量8トン又は最大積載量5トンを超える大型トラックは、90km/hで効くスピードリミッターの装着が義務付けられています。
(制限速度は80km/hです。)

もうちょっとスピードを出してくれれば......と、ついつい思ってしまうところですよね。
では、なぜリミッターが義務付けられたのでしょうか?

2003年以前の高速道路は"暴走トラックハイウェイ"状態だったのをご存知の方も多いのではないでしょうか?
当時の高速道路は、130km/h、あるいはそれをも超える速度で爆走する大型トラックだらけで、
悲惨な追突事故や死亡事故が頻発していました。
総重量が8トンだったり10トンだったりもあるドラックが爆走すれば、そうそう簡単に止まれるはずがないのです。
なにしろ運動エネルギーは、速度の2乗にも比例します!
だからこそ「安全のためのリミッター」というわけなのです。

でも、110km/hくらいまでだったら平気なのでは?なんて思う方もいますが
 海外では、大型トラックの制限速度はもっと厳しく制限されているのをご存知ですか?

ヨーロッパでは速度無制限区間でも、「総重量3.5トン」を超える大型トラックやトレーラーは80km/h制限です。
130km/hまで認められているのは、総重量3.5トン以下の小型トラックまでなのです。

つまりは重量制限は日本よりもかなり厳しいのです。
それでも「大型トラックが邪魔」という声が欧米で出ないのは、
欧米の高速道路の車線数に余裕があることに加えて
大型トラックは通行帯規制が厳しいため、追越し車線に大型トラックが出て走ることは滅多にないと聞きます。
欧米では貨物輸送は鉄道の比率が高く、そもそも大型トラックの台数が少ないということも一理あるかもしれません。

一方日本の高速道路では、片側3車線ある区間でもトラックに限らず、多くのクルマが中央側の車線をの~んびり走っていて、
キープレフトがほとんど守られていない現状があります。
この「キープレフト」さえ守ることができれば、「大型トラック邪魔!」などと思うこともないはずなのですが...。
トラックを運転する方はキープレフトを守りましょう。
また普通車を運転時には心に余裕をもって、イライラして邪魔!と思わず、流れに沿って走ることが必要です。
ドラックも普通車も、ドライバーは心の余裕とマナーを守って安全運転を心がけることが交通事故リスクを減らす第一歩となります。

万が一交通事故に遭ったしまった時は...
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2017.12.07 3:08)
悪質なドライバーにあわないために!
煽る側が悪い!だがそうした悪質なドライバーをイライラさせない運転を心がけることも大切です。
2017年6月の東名高速での追突事故以来、大きな社会問題になっている「煽り運転」。
先日「危険!もし煽り運転にあってしまったら・・・」でも書かせていただきましたが
もう少し掘り下げて書きたいと思います。

煽り運転とは、
前方のクルマに対して思いっきり車間距離を詰めるなどして、プレッシャーをかける行為。
また、クラクションを鳴らす、幅寄せをする、前方に出て、わざと減速したり、スロー走行したり、
ブレーキをたびたび踏んだり、信号が赤でもないのに停止したりするなど、嫌がらせ運転全般のことを指します。

これらはいずれも違法行為であります。
前回にも書きましたが
〇危険運転の一つに分類され、相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用され厳罰に処される可能性がある
〇煽り運転で死傷事故を起こした場合、死亡事故で1年以上20年以下の有期懲役、負傷事故で15年以下の懲役が科せられます。

こういった煽り運転をする側のドライバーに問題があるのは明白ですが、
現実問題として、そうした行為を行う悪質なドライバーがいる以上、
そうした人物に煽られないよう自衛手段を講じる必要があります!
どうしたらそうしたリスクが減らせるのかを考えてみましょう。

煽り運転を誘発させる要素は、主な理由として次の3つがあげらます。
①速度がゆっくり、発進がゆっくり
②線変更&割り込み
③クラクション

誰もが自分のペースで走りたいのは山々なのですが...交通量の多い日本の道路では、
法定速度以内であっても、ゆっくり走ることで他の多くのクルマとペースが違いすぎてイライラされることがありますよね。
住宅地では安全速度で走るのは当然ですが、複数斜線の見通しのいい道路や、高速道路などでは、実勢速度と法定速度に大きな開きがあり、
たとえば中央車線や追い越し車線などでは法定速度で走っていても、後ろに長い列ができていることも......。

こうした状況にならないためには、
●第一に流れに乗って走ること!
周囲のクルマと同じペースで走れれば、煽られる可能性はかなり減らせます。。
流れが速いと感じるのであれば、バックミラーをこまめにチェックし、後ろからクルマが迫ってきたら、
安全なところで、左にウインカーを出し、徐行するか停止して、後続車に道を譲るのが一番です!
 
また幹線道路や高速道路では、一番左の車線を走ることもあおり運転を避けるために必要です。

そもそも、追い越し車線の連続走行は、通行帯違反であり、道路交通法でも、
「後続車に追いつかれた場合は、できる限り道路の左側端に寄って、進路を譲らなければならない」と義務づけられています。
左側車線で、前走車とほどほどの車間距離をキープして、流れに乗って走っていれば、煽られる心配はほとんどないと思います。

日頃から流れをみて安全かつ譲り合いの心をもって運転をすることが必要です!

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2017.12.03 2:26)
いよいよ年末!忙しい時期だからこそ安全運転を!
いよいよ師走ですね。
12月は大晦日や初詣などの準備があり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で「師走」というのが説にあります。

12月になると道路が混むと思いませんか? 
「師走」というくらいですから普段クルマにあまり乗らない人も含めてみなさん忙しく、
いつもよりも交通量が増えることも考えられます。

時間帯はダントツで18時台が多く、会社や学校からの帰宅、近所への買い物などでクルマやオートバイ、
自転車や歩行者が格段に増えることに加えて、夕方になると朝よりもドライバーの視力が下がり視野も狭まり、注意力も散漫になる夕暮れ時が要注意です。

忙しくなるとついついスピードを出しすぎてしまう、
混雑時に気がせいて、前の車との車間距離をつめてしまう。
など、交通事故の危険性も増えてまいります。

運転時は、落ち着いて、余裕をもって移動できるよう、
いつもより、予定時刻より10分~20分ほど余裕をもって出発してください。
投稿者 yuu-sekkotsuin (2017.12.01 1:36)
危険!もし煽り運転にあってしまったら・・・
最近はドライブレコーダーを搭載した車も多く、いろいろな危険運転の実態が、
ネットやニュースでも出回っています。
今年、あおり運転による死亡事故という悲しいニュースがあったのもまだ記憶に新しいのではないでしょうか?

◆煽り運転とは、
車間距離を詰めて追い回す、道を譲るように強要するといった嫌がらせ行為の一つのことをいいます。

◆煽り運転は法律違反です!

〇危険運転の一つに分類され、相手を事故・死傷などに追いやった場合は危険運転致死傷罪が適用され厳罰に処される可能性がある
〇煽り運転で死傷事故を起こした場合、死亡事故で1年以上20年以下の有期懲役、負傷事故で15年以下の懲役が科せられます。

◆煽られた時の対処法
〇素直に道を譲る
〇無視して、自分の運転に集中する
〇更にゆっくり走る
〇もしもの時のための備えもきっちり行ってください
・ドライブレコーダー&搭載を知らせるステッカー貼付
・シートベルト

万が一、進行を妨げられ、降りるように言われたら
その場ですぐ110番を!


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2017.11.29 0:45)