大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

交通事故治療【整骨院・接骨院が交通事故治療になぜよいのか?】
整骨院・接骨院が「むちうち 」など交通事故の治療に選ばれる理由は?


自賠責保険で柔道整復師が行う施術費用の支払いが規定されています.
整骨院や接骨院は、国家資格である「柔道整復師」が常駐することが必須条件となっています。
「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険金等の支払基準」において、『柔道整復等の費用』に関する項目で、
『免許を有する柔道整復師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。』と定められており、自賠責保険で施術費用の支払いが認められています。



柔道整復師は捻挫、打撲、挫傷など「急性外傷」のスペシャリストなのです!
柔道整復師が行う施術では、関節や筋肉への直接的な治療アプローチができます。
 骨格の歪みや深部の筋肉の損傷が原因となっている症状・痛みを取り除くことが、
怪我を根本から治すためにはとても大切です。湿布や痛み止めを処方されるだけの病院では、改善することが出来ない症状でも、
『驚くほど劇的に痛みが消えた』なんてことも珍しくありません。
交通事故の症状は、早期に十分な治療を受けることが完治するためにとても大切で、痛みを我慢して治療を受けないまま放っておくと、
深刻な後遺症に苦しむことになりかねません。



病院と整骨院は同様の傷害慰謝料の計算方法が適応されます。
自賠責保険では傷害慰謝料を実治療日数や通院期間に応じて算出することになっています。
整骨院で通院治療を受けても、病院と同様に通院日数が加算されることになっていますので、慰謝料の面でも十分な補償を得ることができます。



待ち時間が短く、治療は濃い
病院では「待ち時間が長く、治療は短い」といったこともありますが、
整骨院では「待ち時間が短く、治療は濃い」と言われています。
「半日掛かりで通院する」なんていうことはありません。時間を有効に使って通院することができます。



通院の利便性が高い
病院に比べて遅い時間や祝日まで受付していることもあり、
仕事帰りに治療を受けることも十分に可能です。
ご自宅や職場近くの整骨院を利用することでより十分な治療を受けることができるでしょう。


※接骨院での治療は、病院で医師の検査・診断を受けた上で受けてください。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.19 19:44)
交通事故治療について※むちうちおさらい編

むち打ちは治らないもの...仕方ないとあきらめていませんか?


交通事故によるケガの約7割ほとんどが「むち打ち」や「腰痛」なのです 
後遺症に悩む方も多くなるむち打ち。
車の衝突の勢いで首が強く振り子のように降られてしまい起こる症状なのです。

むち打ちの主な症状は
・首から肩周辺の痛み
・こわばり
・頭痛
・めまい
・吐き気
・手足のしびれ  など


こういった症状は事故の直後には出てこず、事故後数日経ってから出てくることが多いのです。
交通事故のときにカラダにかかる力は思っている以上に大きく、カラダに多大な影響を及ぼています。
何となくカラダがだるい、頭が痛いなど自覚症状がある場合は治療を受けられることをお勧めします。
「この程度なら大丈夫だろう」と放置すると後々後遺症に悩まされることも多々あります。
そうなってしまうと保険もきかず、ご自身の自費で治療に通わなければならなくなります。
交通事故の治療は早ければ早いほど治療期間も短くて保険も適用され金銭の負担や精神的ストレスも少なくて済むのです。

むち打ちには手技による治療が必要不可欠なんです!
交通事故にあった時は、ほとんどの方が病院や整形外科に行くことが多いと思います。
整形外科では
主にレントゲンやMRI、CTスキャンなどでカラダの内部を撮影して異常があるかないかを判断します。その後必要に応じてリハビリなどを行ないます。
レントゲンに写った骨に骨折などの異常が見当たらなければ、「異常なし」という診断になってしまいます。
レントゲンでは筋肉などやわらかいものは写らないのです。
したがって「むち打ち」や「腰痛」などのように筋肉や関節の周辺などを痛めてしまっている場合には画像として映らないため、
診断としては「異常なし」となってしまうのです。
病院整形外科では「むち打ち」や「腰痛」というのは病気ではなく、原因が良く分からない症状という判断になってしまうのです。
痛みを訴えても湿布薬や痛み止めといった応急処置をとる対処治療をとる場合がほとんどです。

整骨院では?
東洋医学の考えを中心に体の機能や筋肉をしっかりと把握した国家資格保持者が
治療しますので、
全身の状態を把握しながら、手技で体内の循環を良くして患部を 良い状態にします。
残念ながら接骨院ではレントゲンなどは撮れません。ですから、事故後は必ず病院での画像診断を受ける必要があります。
その上で接骨院での手技による治療を受けることをお勧めいたします。


同時通院も可能です
優鍼灸接骨院は、整形外科などの病院に通いながらの平行通院も可能です。
保険への申請なども可能ですのでお気軽にご相談ください。



事故にあってしまったらまずするべきことは?
①まず必ず事故の相手に負傷がある場合は救護措置
警察への届け。
事故証明の発行(自賠責保険を使用するのに必要です)

②ご加入されている損害保険会社へ連絡

③整形外科などの病院での診察・診断書の発行

④保険証と診断書(コピーで大丈夫です)ご持参のうえ優鍼灸接骨院へご来院ください
※自賠責保険が使えますので窓口負担はございません。

⑤カウンセリングをし、症状に合わせた治療期間や治療方法などを決め、治療にかからせていただきます。
鍼灸接骨院のスタッフは国家資格を持った交通事故治療のプロです。
不安なことや悩み・痛みなどなんでもお気軽にご相談ください

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.12 2:17)
交通事故多発※飲酒運転における刑罰について
お酒を飲んだら乗らない!
乗るなら飲まない!
当たり前のことですが、まだまだ大阪でも飲酒運転による事故は多発しているそうです。

自身も車には毎日乗りますが、飲酒をする予定のある日は公共機関を利用する
急な時は代行運転やタクシーを利用する
を心がけ、飲んだら絶対乗らないはドライバーとして当然の義務だと思って生活しています。

しかしながら
大阪の
飲酒運転による交通事故

5月末における大阪府下の飲酒運転による交通事故件数は前年同期と比べ増加しました。

  • 飲酒運転による交通事故件数(2019年5月末)
    74件(前年比+3件)
  • 飲酒運転による交通事故死者数(2019年5月末)
    7人(前年比+6人)
とまだまだ多発しているのです。

飲酒運転撲滅!しない!させない!許さない

飲酒運転による交通事故は、当事者はもちろん、その周りの人までも不幸にします

飲酒運転は犯罪です

飲酒運転は絶対にやめましょう

そして、大阪の街から飲酒運転をなくしましょう


飲酒運転には厳しい罰則があります。

酒酔い運転

罰則5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転

罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

飲酒運転で人身事故を起こすと、更に厳しい罰則があります。

運転者ではない方にも厳しい罰則があります。

車両提供

酒気を帯びて車両等を運転することとなるおそれのある者に、車両等を提供してはいけません。

  • 運転者が酒酔いの場合
    罰則5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯びの場合
    罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類提供

酒気を帯びて車両等を運転することとなるおそれのある者に、酒類を提供し、または飲酒をすすめてはいけません。

車両同乗

車両の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、その車両に乗せてくれるよう、運転者に要求または依頼をして、車両に同乗してはいけません。

  • 運転者が酒酔いの場合
    罰則3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 運転者が酒気帯びの場合
    罰則2年以下の懲役又は30万円以下の罰金




皆さま、ちょっとなら、少しだから大丈夫は危険です

その気のゆるみが交通事故の原因となる可能性はかなりの確率で高いのです。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html






投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.08 2:07)
昨年の交通事故・死亡事故の特徴
昨年度の全国における交通死亡事故の特徴が大阪府警より発表されていました。

死者数は減少傾向(3,532人)
人口10万人あたりの死者数も同様に減少しています。
しかしながら高齢者の人口10万人あたりの交通事故死者数は全年齢の約2倍と高い状態です。

自動運転装置・自動ブレーキシステム・車の装備の基準の上昇などにより死亡事故が減少傾向にあることは良いことです。


全死者数の約半数が歩行中又は自転車乗用中の死者
  • うち約7割が高齢者
  • うち約3分の2に法令違反あり。



高齢運転者による死亡事故件数は75歳以上、80歳以上のいずれも増加
最近ニュースでも多く見かける高齢者の事故は増加傾向にあります。

◆携帯電話使用等に係る事故は増加傾向
携帯使用に関わる事故は約二倍



分析を踏まえた今後の取組の発表
制度の見直し・検討
  • 携帯電話使用等の罰則強化
  • 高齢運転者対策(実車試験・限定条件付免許)
  •  
広報啓発と交通指導取締りの強化
  • 歩行者の横断違反の防止、自転車の交通ルール遵守
  • 車両側の横断歩行者保護、速度違反対策


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html






投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.06.04 0:58)