大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

【豆知識】自転車の走行違反に対する罰則
自転車は気軽で便利な乗り物ですが、皆さんもご存じの通り道路交通法ではあくまでも軽車両と定められる車両となることから、ルールを無視した運転をした場合は違反となり、
罰金や罰則も定められています。また事故を起こしたときも同様で、加害者になってしまったときには、被害者に対する賠償義務が発生することもあります。
日頃からルールを守り、歩行者に配慮した安全運転を心がけることが大切です。
そして、2015年に施行された改正道路交通法により、悪質な違反を繰り返す運転者には講習が義務化されています。
自転車の運転に関して、信号無視などの一定の危険行為(詳細は下記を参照)を反復した者が、更に自転車を運転して交通の危険を生じさせるおそれがあると認めるときは、
自転車運転者講習の受講を義務付けることとなりました。
受講の命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金となります。対象者は14歳以上で、表1に掲げた違反行為を3年以内に2回以上反復して行なった自転車運転者に対して、
公安委員会から自転車運転者講習の受講命令が発せられます。
 

自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為【14類型】(道路交通法施行令第41条の3)
1 信号無視【第7条】
2 通行禁止違反【第8条第1項】
3 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【第9条】
4 通行区分違反【第17条第1項、第4項又は第6項】
5 路側帯通行時の歩行者の通行妨害【第17条の2第2項】
6 遮断踏切立入り【第33条第2項】
7 交差点安全進行義務違反等【第36条】
8 交差点優先車妨害等【第37条】
9 環状交差点安全進行義務違反等【第37条の2】
10 指定場所一時不停止等【第43条】
11 歩道通行時の通行方法違反【第63条の4第2項】
12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【第63条の9第1項】
13 酒酔い運転【第65条第1項(第117条の2第1号に規定するものに限る)】
14 安全運転義務違反【第70条】

自転車を対象とした罰則もご覧のように数多く定められています。違反が確定すれば、罰則に従って罰金の支払い、もしくは懲役が科せられます。
「併走の禁止」など、普段何気なく行っている事象も含まれますので注意しましょう。
また、自転車は先でも述べたように軽車両となるので、自動車と同じ標識が適用される場合があります。
一旦停止や進入禁止、徐行などの禁止事項に加えて、踏み切りや学校、幼稚園、保育園ありなどの注意標識も対象となります。
その他、自転車専用や自転車横断帯など、自転車に対してのみの標識もありますので、注意して確認し、運転をするようにしましょう。
今回は、自転車の違反について書いてみましたが、違反をするということは同時に大きな交通事故にも繋がることになります。
自転車による死亡事故など、ニュースでも大きく取り上げられ、目にする機会も増えてきました。
お互いが注意をして、思いやりのある運転を心がけることができれば違反も少なくなり、交通事故の発生を抑えることになります。
皆で交通事故事故のない世界を創っていきましょう!



万が一、交通事故にあってしまったときは
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.20 1:24)
【交通事故予防】ペダルの踏み間違いは他人事じゃない!
注意1!アクセルとブレーキはどちらも踏み込む動作なので間違える可能性がある。
注意2!間違って踏んだアクセルをあわててさらに踏み込むことで事故が発生。

そもそも、なぜ間違えてしまうの??

オートマチック車の場合、アクセルペダルは右側に、ブレーキペダルはその左側と、
2つのペダルが並んで配置されています。

操作するときは、右足だけでアクセルペダルとブレーキペダルを交互に踏み替えながら操作することが一般的です。
それぞれ「踏み込む」という同じ動作で操作するペダルが並んでいるため、踏み間違える可能性は年齢を問わずどなたでもありえる状態です。

交通事故分析センターの情報によりますと、平成25年にはペダルの踏み間違えに起因する事故は年間6500件に迫る勢いです。
その特徴として、75歳以上の高齢者が他の年齢層の2~5倍と高い割合となっています。
状況別では「発進時」が、また場所では「サービスエリア」や「店舗の駐車場」といった道路以外が高くなっています。
前述の高齢者では「後退時」の事故割合が高いのも特徴です。
運転操作の誤りの要因は「慌て、パニック」が主であり、
またペダル操作の踏み間違えの要因は「高齢」「乗り慣れない車」などであると分析されています。
残念ながら、決定的な防止策といったものは未だにないというのが現状です。
では、踏み間違えに気づいた時点ですぐブレーキを踏めばよいのでは?と思いますよね?
しかしながら多くの交通事故はこういった踏み間違えたまま加速してしまい起きているといいます。

では、なぜ踏み間違えたまま加速してしまうのか?
ペダルの踏み間違え事故は、想定とは正反対のクルマの動きに気が動転し、正しい操作が出来なくなったことで起きます。
意図せずアクセルを踏み込んでしまうため、
クルマが加速した状態でコントロールを失うことになり、重大な事故につながることが多いのです。

前進時の踏み間違え事故は、意図しない事態にあわててしまい、反射的に間違って踏んだアクセルペダルを
さらに踏んでしまうことで発生します。このような状況では、意識と行為にズレが生じたとしても、
それを訂正する余裕はドライバーにはほとんどありません。
「ブレーキを踏んだのに加速した!」という証言は、主にこうした事象が原因です。
また、後進時には、前後が逆になるという身体感覚のズレがペダルの踏み間違えを誘発することがあります。
駐車するときに後方を目視しようと体をひねると、足は前を向きながらも視覚は後ろを見ることで、
足の位置関係の感覚がズレてしまい、ブレーキを踏んだつもりでアクセルを踏んでしまうのです。
このほか、駐車場内や渋滞時にブレーキとアクセルを細かく踏み替えながら徐行している状況でも、
頻繁なペダル操作に混乱して左右を間違えるという場合もあります。
想定外の事態に対処するのは、とても難しいことです。
また、突然鳴り出した携帯電話の呼び出し音など、些細なことでも人は簡単に注意力を削がれてしまいます。
注意していても起こりうるのが、ペダル踏み間違え事故なのです。

踏み間違えを防止・抑制する機能とは?
最近の車では「衝突被害軽減ブレーキ」などが搭載されている車も出てきております。
進行方向の障害物をセンサーやカメラなどで検知し、アクセルを強く踏み込んで衝突する恐れがあると判断すると、
警告音等でドライバーに注意喚起するとともに、エンジンやブレーキを自動制御します。
しかしながら、これらの技術は「ペダル踏み間違え」というヒューマンエラーを防止するための技術ですが、
道路状況や天候によってはシステムの検知範囲が制限されるなど、
うまく作動しない場合もあるため、技術的な限界があります。
また、日本中、世界中の車が、搭載車になるにはまだまだ長い年月がかかります。
ドライバーのうっかりミスなどを防ぐには絶対的な防止装置ではありません。
発進・後退の際等では特に、ペダルの位置やシフトレバーの位置を落ちついて確認し、
十分に注意することが大切です。

安全運転は、あくまでドライバー自身に委ねられているのです!

万が一、交通事故にあってしまったときは
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.17 23:05)
見通しのいい交差点に潜む危険「コリジョンコース現象」とは?
錯覚が引き起こす出会い頭事故の原因のひとつに「コリジョンコース現象」が大きくかかわっているといわれています。

例えば、
周囲に田畑が広がっている見通しのよい交差点で、白昼にもかかわらずクルマ同士の出合い頭の衝突事故が起きることがあります。
地理的な条件から「田園型交通事故」(田園型事故)、北海道東部の十勝地方で多発したことから「十勝型交通事故」(十勝型事故)などとも呼ばれます。

この事故には、「コリジョンコース現象」が深くかかわっていると考えられます。
コリジョン(collision)とは英語で「衝突、激突」の意味です。
コリジョンコース現象の特徴は、ドライバーが相手のクルマが近づいていたことに気づかない、
あるいは止まって見えてしまうことにあります。たとえば、直角に交わる見通しのよい交差点に、

同じ速度で交差する交差点に同時に接近する2台のクルマがあったとします。
そのとき、相手のクルマは常に斜め45度で進み続けます。
するとドライバーは近づいてくるクルマを止まっていると認識し、注意を払わなくなってしまいます。

人間の視野には、物の色や形をはっきり認識できる「中心視野」と、色や形の違いや動かないものは認識しづらい「周辺視野」があります。
ドライバーは横から近づくクルマを「周辺視野」でとらえやすいため、
交差車両が同じ速度・同じ角度で近づいてくると、クルマが動いていないように見えて、
直前まで危険を認識できずスピードを出した状態で衝突してしまうことがあります。コリジョンコース現象.jpg
このような事故を防ぐためには?

目線を違う方向に向けて錯覚を回避しましょう!
コリジョンコース現象を回避する対策としては、走行中に頭や目線を左右へ向けて、
意識的に目線を違う方向に移すことが挙げられます。

交差点に向かって相手のクルマが同じ速度、同じ角度で近づいてくる場合は、
フロントピラー(フロントウインドウ両端を支える支柱)に相手のクルマが隠れて交差点進入時まで気づかないこともあります。
こうした「ピラーの死角」による事故を避けるためにも、交差点に近づいたところで減速して周囲の安全を確認し、視界を変えることが効果的です。

道路の対策では、こういったコリジョンコース現象が起こりやすい交差点の手前に
「交差点あり」の標識を設置したり、路面に「交差点注意」の文字が書いてあるのもそのひとつです。
路面に凸凹を設け、通過するクルマに振動で注意を促す「減速帯」を設置している場所もあります。
信号機のない交差点では十分に減速して左右の安全を確認しながら通行することが大切です。
中心部を周回する「円形交差点(ラウンドアバウト)」の設置も有効な対策として注目されています。
中心部を周回するクルマが優先で、交差点に進入するクルマは減速または停止したあとに左折して合流するので、出合い頭の衝突を減少させます。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.12 22:44)
雪、凍結日の運転の注意点
大阪府は年間積雪量は、全国の中でもとても少なく
過去の気象庁調べの年間積雪量都道府県別ランキングでは
熊本、香川、大分、愛媛、高知とならんで35位となっております。
積雪量が少ない=雪、凍結した道路にはあまり慣れていないドライバーが多いとも言えます。
しかし、1月~2月にかけては、積雪量の少ない大阪府であっても
雪、凍結道路に対して万全の準備をしていないと、
思わぬ事故や立ち往生などのトラブルにあってしまうこともあります。

雪道でとくに注意したいのが、スリップによるトラブルです。
スタットレスタイヤや、チェーンなどの装備はもちろんのこと、
万全の準備をしていても、運転方法が正しくないと、トラブルを起こしてしまうことになりかねません。
予想以上に路面が滑ることを念頭に置き、安全な速度で走行する必要があります。
たとえば、急な車線変更でステアリング操作を行うと、スリップしてコントロールできなくなる場合があります。
ブレーキも慎重かつ、手前からの操作が必要です。乾燥路面と同じ感覚でいたのでは、事故のもとです。
先行車との車間距離も多めにとるようにします。
もちろん、急ブレーキは厳禁です。
クルマが左右に振られ、場合によってはスピンを起こすこともあります。下り坂では、ブレーキ操作はとくに注意する必要があります。
坂の手前でしっかりと減速し、フットブレーキを基本として、エンジンブレーキも使って、速度をコントロールするようにしましょう。
発進時にも注意が必要です。アクセルペダルを不用意に踏み込むと、タイヤが空転して発進できないことがあります。
アクセルは、じわりと踏み込み、ゆっくりとした発進を意識します。
上り坂では、平坦路以上にタイヤが空転しやすくなっています。
発進時と同じように、じわりとアクセルを踏み、坂の途中では、できる限り止まらないようにします。
タイヤチェーンは、路面に雪があったら早めに装着することが大切です。
まだ大丈夫、と思っているうちに、スリップを起こしたのでは、チェーンを用意した意味がありません。
雪道では、どんなことでも早めに用意し、急発進、急ハンドル、急制動などの急のつく操作は絶対に行わないことが重要なのです。

雪に慣れていないドライバーは、無理をせず、公共の交通機関などを利用するなど
安全を第一の行動を心がけましょう!

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.02.02 3:08)