大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

接触しなくても事故を誘発したら??
接触しなくても事故を誘発したら事故の当事者となることも!?
きちんと救助しよう!


車の事故を誘発した場合は、相手に接触していなくても事故の責任を追うということをご存知ですか?
そのまま走り去った場合、さらに「ひき逃げ」の罪を負うことにもなります。
 
3月に神奈川県で、交差点でバイクの運転者に注意された乗用車が、バイクを追いかけてカーブで幅寄せによる進路妨害を行い、
バイクが転倒し運転者が骨折する事故が起こりました。
 
乗用車はそのまま立ち去りましたが、4月に警察は、乗用車を運転していたドライバーをあおり行為が事故の原因として、
危険運転傷害罪とひき逃げの容疑で逮捕しました。
 
ドライバーは意図的なあおり行為を否認していますが、
最初に交差点で乗用車が漫然と左折してバイクを巻き込みかけたことが交通トラブルの発端となっていますので、
運転態度に問題を抱えた危険なドライバーとして厳しい処分が行われる可能性が大だといわれています。
 
 たとえ悪意がなくても、相手が転倒などした場合
接触の有無に関わらず車を降りて、負傷者の救護に当たるのがドライバーの務めです。
このことを肝に銘じて安全運転をこころがけましょう。 

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.05.28 0:34)
雨の日はタイヤの摩耗で制動距離が大きく変わる‼
もうすぐ、うっとうしい梅雨の季節がやってきますね。
雨天走行で注意しなければならないのは、濡れた路面により制動距離が延びたり
、スリップしやすくなるということですが、これらについて実はタイヤの摩耗具合が大きく関わってくるのです。
某タイヤメーカーが
新品タイヤ、5分山タイヤ、2分山タイヤでどれだけ制動距離に差が出るかをテストの結果を掲載しているのを見たことがあります。
それによりますと、一般道路を想定して時速60キロでブレーキをかけた場合、
新品タイヤと5分山タイヤでは、ドライ路面・ウェット路面ともに、制動距離に大きな差は見られませんでした。
しかし、2分山タイヤはドライ路面で平均15.8mでしたが、
ウエット路面では18.0mと2m以上伸びています。
また、高速道路を想定して時速100キロでブレーキをかけた場合、
新品タイヤでは、制動距離に大きな差は見られませんでしたが
5分山タイヤはドライ路面では平均44.1mでしたが、ウエット路面では50.8mと約7m伸びており、
2分山タイヤはドライ路面で42.6mで止まれたものが、ウエット路面では70.5mにも伸びています。

タイヤの溝が摩耗限度内であっても安心はできないということがこのテスト結果を見てわかりますね。
雨天走行では、ただでさえ視界が悪いので、危険に気付きにくいという点があります。
更には制動距離が延びてしまうという点も考え、スピードダウンと早めのブレーキをする必要があるといえます。 


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
 
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.05.22 23:12)
もうすぐ梅雨入り!雨の日の運転の注意点
もうすぐ梅雨の時期がやってきます。
毎日続く雨に気分も憂鬱になりがちですが
車の運転も、梅雨時期は注意すべき時期と言えます。

・雨天時の事故件数は晴天時の約5倍も発生!
・雨天で多いのはスリップ事故だが、急加速や速度超過など原因は様々。
・雨天の夜は視界が悪く、歩行者や自転車の発見が遅れるので要注意。

雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため、晴天時よりも慎重に運転する必要があります。
調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。
さらに、雨天時の夜間は視界がますます悪くなるため、深夜になると晴天時の約7倍も事故が発生してしまうのです。

雨の中でもっとも多いのは、スリップによる事故です。速度が高いまま、カーブに進入し、その結果として生じるスリップのほか、
追い越し時の急加速による直線でのスリップ、ほかにも轍の水たまりに進入した際にスリップするなど、
さまざまなシチュエーションで起きています。濡れたマンホールの蓋を気にせず越えようとしたら、
滑ってヒヤッとした、という人も少なからずいるはずです。
さらに、雨天時の特徴として、歩行者を見落としたことに起因する事故も発生しがちです。
雨の日の夜間は、視界が悪いため、歩行者や自転車などの認識が遅れる傾向にあります。
衝突するまで気付かなかったというケースも多いといわれています。
雨天時の運転は、どれだけ注意しても、それが過ぎるということはないといえます。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.05.16 22:41)
5月は歩行者(子供)の事故が多発
新年度で新たな生活環境になり、少し慣れてきた時期である5月。
また、ゴールデンウィークなどの大型連休で日ごろとは違う行動をすることが多い時期でもあります。
大阪府警の発表によれば
5月は、小学生の歩行中の死傷者数が最多となる時期!
また、小学生の歩行中の死傷者のうち約半数が小学生低学年だということがわかりました。

過去3年間に発生した死亡事故や重傷事故等の統計データを基に、
時期に応じて多発傾向にある交通事故や、最近大阪府下で多発している交通事故を類型別・発生場所別等でまとめ、
大阪府警のホームぺージで地図チラシが発行されています

平成27年から平成29年に各市町村内において発生した子供の死傷者数
大阪府下合計7,856人
大阪市2,032人
堺市939人
岸和田市343人
豊中市243人
池田市83人
吹田市221人
泉大津市123人
高槻市255人
貝塚市138人
守口市137人
枚方市382人
茨木市244人
八尾市202人
泉佐野市173人
富田林市146人
寝屋川市187人
河内長野市73人
松原市134人
大東市67人
和泉市238人
箕面市117人
柏原市85人
羽曳野市100人
門真市88人
摂津市63人
高石市78人
藤井寺市69人
東大阪市441人
泉南市76人
四條畷市38人
交野市59人
大阪狭山市62人
阪南市49人
島本町10人
豊能町7人
能勢町8人
忠岡町33人
熊取町44人
田尻町9人
岬町21人
太子町15人
河南町20人
千早赤阪村4人

皆さんが同様の交通事故に遭わないために、印字するなどして是非ご活用ください!
お住まいの市町村、身近な場所・通り慣れた道路においても発生する危険性があることを知っていただき、交通安全に心がけてください。


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.04.30 12:35)