大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

七草粥2014             〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

 昨日1月7日(人日の節句)は、七草粥を食べて一年の無病息災を願う日でした

皆様、召し上がられましたか

今年の私の七草粥はコチラっ



今年は土鍋で炊いてみました。

塩をパラパラっと軽く一振り。
アッサリ胃が休まる感じで美味しかったです

この一年も、皆様が健康にお過ごしになれますように。。。

- - - - - - - - - - 
★過去の七草粥
2011年
2012年

投稿者 web-master (2014.01.08 7:00)
交通事故を起こした時にするべきことは??③
⑥病院へ行き診察・診断書をもらう
警察の事故処理が終わり、故障車の処理手配が済んだら、病院へ行きましょう。
病院へ行くタイミングは事故当日が望ましいです。

どうしても行けない場合は、遅くても1週間以内には通院しなければいけません
救急病院・総合病院・個人病院どこでもかまいません(出先での事故であれば出先の地域の病院でもOKです)

病院に行った際は、
事故によって痛みが出た箇所を全て伝え、しっかりと診察してもらいましょう。
初回の診察がとても重要で事故による後遺症を残さない為にも気になる所はすべて伝えます(問診表にも詳細に記載します)

②診察を受けたら診断書を発行してもらいましょう(その際、痛むところが全部記載されているか確認します)

重要なポイント
:この診断書に記載されている身体の場所が、今後の治療が受けられる箇所になります。例えば、首と腰が事故で痛くなったのに診断書には首とのみ書かれていた場合、どれだけ痛みがあっても腰の治療を受ける事は出来ません。


⑦警察の事故証明書を発行してもらう
自賠責保険も任意保険を使用するには警察への届出が必要です。
人身事故は、死傷者が発生している事故ですから、病院にで発行してもらった診断書を警察に提出しなければいけません。どうして時間が無い場合は、ひとまず電話をして、後日警察署に行くことも可能です。

発行の手続きは、こちらをご覧下さい。
http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/
 


次回へ続く・・・



投稿者 web-master (2014.01.07 7:01)
あけましておめでとうございます!〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉

 ┏┓┏┓ ┓┓┓
 ┏┛┃┃ ┃┗╋
 ┗┛┗┛ ┻  ┻




あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い致します。

当院は本日より通常通り診療を開始いたします。

投稿者 web-master (2014.01.06 7:03)
交通事故を起こした時にするべきことは??②
 ④警察が到着するまでは、事故が発生した状態をそのまま残しておく。
気が動転していますので、事故を起こして車が動く状態であればすぐに移動しようとしてしまうものです。
 ④警察が到着するまでは、事故が発生した状態をそのまま残しておく。
気が動転していますので、事故を起こして車が動く状態であればすぐに移動しようとしてしまうものです。しかし、事故発生状況の証拠になりますので事故発生した状態で残しておく方がベストです。(散乱物もそのまま残しておく)。

事故車によって道がふさがってしまい危険性がある場合などは、写真を撮ってから移動しましょう。(スマホなどでOK)
事故状況が良くわかるようにできるだけ沢山撮りましょう

⑤相手方の身分確認
警察が双方の身分確認をしているからと言って自分はしなくてもいい。と思ってはいけません。
事故後は、加害者側の任意保険の担当者と連絡をする為、基本的には加害者本人とは直接やり取りはしません。しかし、トラブルを避けるために、念のため把握しておきましょう。

名刺等をもらう事はもちろん。免許証を提示してもらい、住所・氏名・車のナンバー・勤務先を控えておきましょう。自賠責証明書番号まで確認できればベストです。

こちらの住所や連絡先も、加害者へ伝えておきましょう(後日、任意保険の担当者から連絡がきます)

私の法律家の知人は、事故の被害に遭ったその場で、加害者に責任を全面的に認めさせた上で事故状況と過失を認める内容を用紙に記入させ拇印を押させた。というツワモノもおります。

そこまで出来る人はなかなかおりませんがそれぐらい冷静に
対応しましょう。


次回へ続く・・・
 
投稿者 web-master (2014.01.06 7:02)