大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

おやつと間食
皆さんこんにちは。
 
本日は「おやつ」と「間食」に関するお話です。
 
結構一緒に考えておられる方もいらっしゃると思いますが…
実は微妙に違うのです。
皆さんこんにちは。
 
本日は「おやつ」と「間食」に関するお話です。
 
結構一緒に考えておられる方もいらっしゃると思いますが…
実は微妙に違うのです。
 
おやつとは、お菓子を中心とした娯楽であり、
言ってみれば「心の栄養剤」のようなもの。
 
ですから少量がベスト。(満腹感よりも精神的充足感)
 
お菓子好きな方には…少し厳しい話かもです。
 
間食は食事の間隔が原則として6時間以上空いたときに
とるもので、「捕食」という言葉が1番理解しやすいと思います。
 
あとポイントとして、空腹にならないタイミングにとること、
そしてこれが大事なのですが…
1日にとるカロリー総量の範囲内に収めるということです。
 
すなわち「食事の一部」としてとらえる。
 
ここがおやつとの決定的な差になります。
 
食事制限やダイエットに勤しむ方にはお分かりでしょうが、
カロリー摂取の管理こそが実は体調管理の要因の1つといえるでしょう。
 
無理のない範囲で試してみて下さい。
 
 
本日もご拝読ありがとうございます。
 
優鍼灸接骨院 松本でした。


投稿者 web-master (2013.12.14 8:32)
食事の原則              〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
皆さんこんにちは。
 
食材の豊富なこの季節、油断しているとついつい…になりがち。
 
そこで。
 
この時期だからこそ「敢えて」自己管理に
努めてみてはいかがでしょう?
皆さんこんにちは。
 
食材の豊富なこの季節、油断しているとついつい…になりがち。
 
そこで。
 
この時期だからこそ「敢えて」自己管理に
努めてみてはいかがでしょう?
 
食事の原則
 
①食材から栄養を
②朝食は必ずとる
③バランスよく食べる
  

栄養について考えすぎるあまりサプリメントを…
と思っていらっしゃる方、あまり依存すると
1つの栄養素だけが濃くなって全体のバランスが崩れます。
(食材には何種類もの栄養素が含まれており、
幅広く摂取できるのです)
 

人の体は起床時に「食べ物をとる」ことでスイッチが入ります。
(とらないと体内の熱エネルギーを消費します)
午前中の活動エネルギー は朝食から…
といっても過言はないでしょう。
(とらない場合は活動時においても脳は働きが悪いことが多いのです)
また朝食をとらないと変動するホルモンのバランスも崩れがちになります。
 

食材をタンパク質・油脂類・穀類・野菜類・海草・きのこ類・果実類に分けて、まんべんなく摂取を心がけて下さい。
(この場合だと 朝食が充実していなくても、昼食や夕食で補えます)
「何を食べたか」意識することで食事の傾向や自分に足りないものを自覚できます。
 
この季節は暴飲暴食による胃腸の疾病が多い時期でもあります。
 
ウイルスも猛威をふるい始めます。
 
しっかりと健康対策して下さい!
 
 
本日もご拝読ありがとうございます。
 
優鍼灸接骨院 松本でした。
投稿者 web-master (2013.12.13 8:33)
自賠責保険の内訳③
自賠責保険の内訳は具体的にどういった金額になるのでしょうか?
順番に確認していきましょう。

①まずは、病院や整骨院で実際にかかった治療費用は、
怪我をした箇所数や検査・治療内容によって算出され妥当な範囲内で医療機関から各保険会社を経由して自賠責保険へ請求をかけます。


 
自賠責保険の内訳は具体的にどういった金額になるのでしょうか?
順番に確認していきましょう。
 
①まずは、病院や整骨院で実際にかかった治療費用は、
怪我をした箇所数や検査・治療内容によって算出され妥当な範囲内で医療機関から各保険会社を経由して自賠責保険へ請求をかけます。

被害者の希望があれば、鍼灸や温泉療養も治療費用として請求できますが、
ドクターがそれらの治療を必要とみなした場合のみ、自賠責保険へ請求する事が出来ます。※整骨院への通院はドクターの判断を仰ぐ必要はありません


②慰謝料は、被害者が交通事故によりうけた苦痛を金銭に換算したものです。
金銭によってその苦痛が改善されるようなものではありませんが、形に残るお詫びとして受け取って当然のものです。

金額は、事故の状況や怪我が治るまでの期間などによって算出され通院1日につき4200円から8400円が慰謝料として支払われます。※月額上限が12万6千円と定められています。



次回へ続く・・・

投稿者 web-master (2013.12.13 8:31)
エネルギー
皆さんこんにちは。
 
人間が動く源、エネルギー。
 
このエネルギー代謝の中心がブドウ糖なのは
ご存知のことと思います。
 
血液中のブドウ糖濃度を「血糖値」といいます。
皆さんこんにちは。
 
人間が動く源、エネルギー。
 
このエネルギー代謝の中心がブドウ糖なのは
ご存知のことと思います。
 
血液中のブドウ糖濃度を「血糖値」といいます。
 
低くなりすぎると生命維持の危機となるので、
血糖値は常に一定の範囲内に守られます。
 
運動時には筋肉内でブドウ糖の利用が激しくなるので、
筋肉中のグリコーゲンを利用し始めます。
 
更に足りなくなると、血糖を利用し始めるのです。
 
血糖は、先にも述べたように血液中に一定量なくては
ならないので、この間は肝臓が蓄えたグリコーゲンを
ブドウ糖に分解したり、アミノ酸や乳酸をブドウ糖に作り
変えたりして血糖を一定の範囲に維持します。
 
だから酒好きの皆さん、この時期だからこそ
肝臓に労わりの目を向けて下さい。
 
 
本日もご拝読ありがとうございます。
 
優鍼灸接骨院 松本でした。
投稿者 web-master (2013.12.12 8:34)