大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

保険会社との連絡・交渉について③
ではなぜ交渉が必要なのかというと、それは保険会社の意図があるのです。

保険会社ももちろん一会社ですので、保険金の支払い(治療費・慰謝料・その他保障)はできるだけ小額にしたいのです。



 ではなぜ交渉が必要なのかというと、それは保険会社の意図があるのです。

保険会社ももちろん一会社ですので、保険金の支払い(治療費・慰謝料・その他保障)はできるだけ小額にしたいのです。

その為、治療費や慰謝料などは、通院日数や回数等によって計算されますので、通院回数や期間・負傷箇所などを少なくしたいという意図があります。

接骨院や整骨院へ通院を希望された場合に、いろいろな理由を付けて整形外科などの病院に通院するように保険会社の担当者に誘導されることがあります。

ここが最初の交渉となります。





次回へ続く・・・





 
投稿者 web-master (2013.12.19 8:26)
保険会社との連絡・交渉について②
まず最初に重要になるのは、治療を受ける際に担当者と連絡を取る時です。

事故後は病院に行き診断を受け診断書をもらう、その後その病院や整骨院へ継続通院をして治療を受ける流れになるのですが、


まず最初に重要になるのは、治療を受ける際に担当者と連絡を取る時です。

事故後は病院に行き診断を受け診断書をもらう、その後その病院や整骨院へ継続通院をして治療を受ける流れになるのですが、
その時に掛かる医療機関での治療費は被害者は一切負担する必要がありません。

治療費については、保険会社と医療機関が直接やり取りして支払い処理します。

ただ被害者は、どこの病院または整骨院へ通院するかを保険会社の担当者へ連絡する必要があります。

実はこの連絡から「交渉」が始まっています。


基本的には通院する病院や整骨院は、被害者が通院したいと希望する医療機関を選んでOKです。選ぶ権利は被害者側にあります。※保険会社やドクターが、『他院へ行ってはいけない』と言っても従う必要はありません。



次回へ続く・・・

投稿者 web-master (2013.12.18 8:27)
食べすぎ飲みすぎにはくれぐれもご用心
 皆さんこんにちは。
 
寒いこの季節、鍋物に熱燗…温かいものが人一倍恋しくなる季節。
 
本日は消化と吸収の話をしたいと思います。
皆さんこんにちは。
 
寒いこの季節、鍋物に熱燗…温かいものが人一倍恋しくなる季節。
 
本日は消化と吸収の話をしたいと思います。
 
忘年会などで、大いに飲み、大いに食べ…なんかした日の翌日、
便がゆるくなったり(水様便)したことってないですか?
 
思い当たる方。
 
それは消化も吸収もされず排泄された残渣です。
 
つまり栄養素を未消化のまま消化管を通っただけなのです。
 
しかも臓器にも負担をかけています。
 
脱水症状が主ですが、決してそれだけではありません。
 
寒いので、暖をとるのにアルコール摂取は必然的に増えるのですが、実はその過剰摂取こそが体にも臓器にも疲労を蓄積させることに…。
 
休肝日、必ず取るようにして下さい。
 
 
本日もご拝読ありがとうございます。
 
優鍼灸接骨院 松本でした。
投稿者 web-master (2013.12.17 8:29)
保険会社との連絡・交渉について①
交通事故にあった場合、その後の通院や慰謝料・休業補償などについては加害者の加入している任意保険の担当者と話をして決めていきます。



 交通事故にあった場合、その後の通院や慰謝料・休業補償などについては加害者の加入している任意保険の担当者と話をして決めていきます。

そうそう交通事故に遭うわけではありませんし、私達医療スタッフのようにしょっちゅう保険会社の人と話をする機会も無いと思います。その為、話をする時に遠慮してしまったり緊張して思っている事を全部伝えられないという事もあります。

しかし、被害者は『事故に遭わされた側』ですから納得のいく保障を受ける権利があります。

ですから、自分の意思を連絡・交渉時にしっかり伝えるようにしましょう。

事故後の流れとしては、治療や保障などが終了した後、最終的に示談交渉となるわけです。示談交渉までには、交通事故による怪我が治る3ヶ月~1年の間に何度か保険会社の担当者と連絡を取り話をします。

注意しなければいけない事は、実はこの何度も連絡を取る時にすでに交渉は始まっているのです。

最後に示談となった時にはそれまでのやり取りですでに保障内容が決まってしまっている事があります。



次回へ続く・・・


投稿者 web-master (2013.12.17 8:28)