大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

ながら運転"で懲役刑も!「改正道路交通法」
いよいよ12月1日より、道路交通法の改正が施工されます!

患者様を施術中にこの改定について話題に上がりました。
「ナビもだめなの?」
はい、だめなんです。
厳密にいうと「2秒以上の注視」は違反の対象となります。

2秒くらい・・・と思った方も多くいらっしゃるかもしれません。

では、万が一の交通事故はどうしておきるのでしょうか?
1秒の気づきの遅れが重大事故に関わるのはなぜでしょうか?



人の目に情報が入ってから反応してブレーキを踏む時間を「空走距離」
ブレーキを踏んでから停止するまでの距離を「制動距離」をいい
この2つを合わせたもの、つまり人の目に情報が入り、完全に停車するまでの距離を「停止距離」といいます。

ながら運転は、ブレーキに反応するまでの「空走距離」を伸ばしてしまい、結果として停止距離が大きくかわる結果となるのです。

今回はこの「停止距離」について書きたいと思います。

先ほど書きましたように
停止距離(合計)=空走距離(ブレーキを踏むまでの距離)+制動距離(ブレーキを踏んでからの距離)

【空走距離の計算】

「反応時間」は情報が目に入ってからブレーキをふむまでにかかる時間です。
ブレーキをかける前の速さを、時速●kmを秒速に直すと1秒当たり進む距離がでます。

時速60kmの場合
1時間で60km 
1分で1km 
1秒で16.6m
スマホなどの「ながら運転」をしていた場合に、
反応が遅れ停止距離が延びるということになります。

一般的に人の目に情報がはいってから反応するまでの時間は「0.75秒」または「1秒」程度と言われています。


【制動距離】

v初速度、μ動摩擦係数、g は重力加速度としたときに
2μg分のvの2乗
む、難しいですね
つまり、制動距離は速さの二乗に比例します。
つまり、速さを2倍、3倍に増やしていくと、制動距離は4倍、9倍に増えていきます。
※タイヤや路面状況によってもμ動摩擦係数は変わってきます。
雨の日など滑りやすい路面ではμ動摩擦係数は小さくなり制動距離が長くなるということです

【空走距離の計算】

「反応時間」は情報が目に入ってからブレーキをふむまでにかかる時間です。
ブレーキをかける前の速さを、時速●kmを秒速に直すと1秒当たり進む距離がでます。

時速60kmの場合
1時間で60km 1分で1km 1秒で16.6m

一般的に人の目に情報がはいってから反応するまでの時間は「0.75秒」または「1秒」程度と言われています。


【通常運転での停止距離は?】
路面状況などによってもかわりますが、
一般的な路面・タイヤの状況で空走距離が1秒停止距離は

時速 20kmの場合約8m
時速30kmの場合約14m
時速40kmの場合約22m
時速50kmの場合32m
時速60kmの場合44m
時速70kmの場合=58m
※路面や運転手の疲れなどの状況によっても変わります

【ながら運転での空走距離が伸びた場合】
上記空走距離の計算をもとに
60kmの場合、気づくのが1秒遅れることによって16.6m停止距離が延びることになる
すなわち、対象の人やモノに速度が落ちていない状態での衝突・事故となるということです。
すなわち、重大事故を起こす可能性が大きくなるのは目に見えてわかります。



大阪府 大阪市 で
万が一の交通事故の場合には・・・
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.27 14:30)
12月は1年で最も交通事故が多い危険な月です
いよいよもうすぐ12月。
何かと慌しい年末12月は、1年間で最も交通事故の発生件数が多い危険な月だということをご存じでしょうか?
12月に交通事故が多発する要因としては、降雪・路面の凍結によるスリップ事故の増加や、
年末帰省ラッシュにともなう交通量の増加などが挙げられます。

また、年末の慌しさからつい運転が荒くなってしまったり、
年末年始の帰省のために、普段はあまり車を運転しない人がハンドルを握る機会が増え、
事故リスクが高まるといったことも一因として考えられます。

車を運転する人は、こういった事故リスクの高さを認識したうえで、ハンドルを握るようにしましょう。


【年末に多発する交通事故、特に夜間の重大事故に要注意】
12月に多発する交通事故。その特徴として、重大事故につながる危険性が高いということを認識しておきましょう。
ではなぜ、12月に発生する交通事故は重大事故につながるリスクが高いのでしょうか?
大阪府警の交通事故の発生状況を昼夜別でみてみると、
実に7割強が昼間に集中していることがわかります。
しかし、死亡事故の発生件数に限って見ると、昼も夜もほぼ同等の割合となっています。
夜間は昼間に比べて、交通事故の発生件数は少ないにもかかわらず、死亡事故の発生割合は高いことがわかります。

夜間に死亡事故が多い原因として、ドライバー、歩行者ともに視界が悪くなるため、
人対車両の事故が増加しやすいことなどが指摘されています。
冬場12月は、日を追うごとに日没時間が早まり、夜間が長くなる時期なので、重大事故リスクが高まるのかもしれません。



【事故回避に向けた気構えと対策徹底をするべき】
●いつも以上に気を引き締めて運転する
年末はなにかと慌しく、運転時の注意力が散漫になってしまいがちです。
脇見や漫然運転をしないよう、いつも以上に気を引き締め、落ち着いてハンドルを握るよう心掛けましょう。


●早めにヘッドライトの点灯をする!
日没が早まる冬場は、暗くなってきたと感じたら、早めにヘッドライトを点灯するよう徹底しましょう。
ドライバー自身の視界を確保することができるほか、歩行者に車の接近を知らせることもでき、事故回避策として有効です。
また、暗い道など見通しの悪い道では、適宜、ハイビームライトを使用するといいでしょう。



●車の冬支度を整える!
降雪地域にお住まいの場合はもちろんですが、降雪・積雪が予想される地域で車を運転する予定がある方は、
スタッドレスタイヤに交換しておく、タイヤチェーンを準備しておくといった車の冬支度を早めにしておくようにしましょう。
また年末年始の帰省など普段日常で運転しない地域に行かれる方は、予期せず雪や凍結に見舞われることもあります。
準備を整えておけば万が一の時に慌てず運転ができ、安心です。
また、雪道やアイスバーンを運転するなら、運転方法にも注意が必要です。
スリップに備えて車間距離を広めに取るのはもちろん、エンジンブレーキも有効に活用してください。



大阪府 大阪市 で
万が一の交通事故の場合には・・・
交通事故治療についてはコチラをご覧下さい
http://www.yuu-sekkotsuin.com/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.23 4:43)
整体・ほぐし・マッサージ・接骨院・整骨院の違い
整体・ほぐし・マッサージ・接骨院・整骨院
よく「違いはなに?」と質問されることがあります。

今日はこの違いについて詳しく説明したいと思います。


■整体とは?
整体とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指します。
日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、
一説によるとアメリカで誕生したカイロプラクティック・オステオパシー・スポンディロセラピーなどを
日本古来の手技療法と組み合わせ、「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりとのこと。
整体には法的資格制度がなく、整体師は誰でも名乗ることができる。
民間資格、もしくは独学で開業ができます。
法的な資格として存在しないので、誰でも名乗れちゃいます。
なので、整体を受けるときは施術者との信頼関係・技術は非常に重要となってくるでしょう。

■マッサージ
あん摩マッサージ指圧師とは、あん摩マッサージ指圧師国家試験を所持している人のことを指します。
法律上の正式名称は「あん摩マツサージ指圧師(一般的な呼び名は『マッサージ師』)」

本来は一般にマッサージ師といわれる人は国家資格をもっていますし、もっていないと名乗ってはいけないのです。
しかしながら「整体」や「カイロプラクティック」、「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」「リラクゼーション」などの名称での
マッサージ業類似行為をする者が後を絶たない現状があります。
以上のことからあん摩マッサージ指圧師関連団体は厚生労働省に対して法改正など定期的に協議されているようです。

「マッサージ」という言葉のほうが一般的に馴染みがあるので使いたいのでしょう。
しかしお客さんとしてマッサージを受けに行く場合、資格のあるなしなど一見わかりづらく、
よく耳にするのは当たりはずれ。
これも技術が非常に重要となってきます。
■ほぐし
上記マッサージの資格の問題があるために
「ほぐし」という言葉を使用する店舗も増えていますね。
 
「ほぐしやさん」とか「もみほぐし」という看板のお店をよく街中でみかけますよね。。
これは国家資格者がいないと法的に使えない「マッサージ」に代わる言葉として使われはじめた言葉です。
 
ここは経験者もいますが、未経験の人でも店舗の研修を受けて認められれば簡単に現場に出られます。
つまり施術者によって当たりハズレというか、実力差がとてもあります。

■整骨院・接骨院
接骨院とは、柔道整復師の国家資格を所有するものが柔道整復術を行う施術所です。整骨院、ほねつぎとも呼ばれます。
当院も、この接骨院にあたります。
接骨院・整骨院は整体院となるとまったくの別物になります。
見分けかたとしては「骨」という字が入っているかどうかですね。
入っていれば柔道整復師が開設しているものになります。
柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・筋健など軟部組織の損傷の治療の医療行為を行うことができるのです。
ここが整体師や民間資格との大きな違いです。

医療行為として国に認められているため、
急性・亜急性の「外傷」等の場合、
接骨院・整骨院では健康保険適応の治療が受けられます。

【大阪・大阪市の交通事故治療・むちうち症治療】
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html


また、体のことを知り尽くした柔道整復師の国家資格をもつスタッフの施術による自費メニューもございます!
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.21 2:06)
寒くなると過去のむちうち症やケガのあとが痛む?
冬になると「古傷が痛む」とよく聞きますよね?
なぜ寒くなると痛むのでしょうか?
●筋肉の緊張
まず、寒くなると古傷が痛む原因としては、筋肉が緊張するためだと考えられます。
ヒトの体は寒さを感じると、筋肉を収縮させて体温を外へ逃がさないようにします。
同時に、体温が下がらないように、エネルギーを消費して熱を生産するのです。

筋肉は筋膜という組織に包まれているのですが、
身体を動かす時は、両者が連動することによって、ひとつの動作を実現しています。
本来なら、筋肉と筋膜は滑らかに連動するのですが、怪我などをしたことにより、
筋肉、筋膜に傷がつくと、スムーズに連動しなくなることがあります。
日常生活では何の違和感も感じていなかったとしても
寒さで筋肉が収縮することにより、筋肉・筋膜の動きが悪くなることにより
痛めた箇所に負担がかかるなどで痛みを感じます。
過去に負った傷は日常生活にさしつかえなく完治しているとは言っても、
厳密に言えば損傷を受けた部分には、なんらかの痕跡が残ります。
その傷跡の大きさや角度などによって、筋肉の緊張などが起こったときに
「完治した後も痛みを感じることがある」ということがあるのです。


●気圧
冬になると低気圧が日本の上空に近付き、高気圧の勢力が落ちます。
冬に限らず、夏場でも台風などが近付いた時も気圧が下がるため
筋肉痛や疲労感、頭痛を感じやすい方もいらっしゃるかと思います。

気圧の変動に伴い、短時間で交感神経と副交感神経が入れ替わるため、自律神経が不安定になっていることが原因の場合もあります。
また気圧が低くなることにより、むくみなどが起こり、血流が悪化し、筋肉の動きを悪くしてしまい、
怪我の箇所に負担がかかり、痛みを感じでしまうことも多くあります。



【対処方法は?】

まずは体を十分に温めること。
ゆっくりとリラックスしながらの入浴なども効果的です。
無理に動かしたり自己流のマッサージなどをしてしまうと、筋を傷めたり、別の場所に負担がかかり悪化させてしまう可能性もあります。
痛みを感じたら、なるべく早めに受診しましょう。


【後遺症を残さないために】
まず、交通事故などでむち打ち症に合って場合は、
早めの対処がカギとなります。

交通事故にあった時は、ほとんどの方が病院や整形外科に行くことが多いと思います。
整形外科では
主にレントゲンやMRI、CTスキャンなどでカラダの内部を撮影して異常があるかないかを判断します。その後必要に応じてリハビリなどを行ないます。
レントゲンに写った骨に骨折などの異常が見当たらなければ、「異常なし」という診断になってしまいます。
レントゲンでは筋肉などやわらかいものは写らないのです。
したがって「むち打ち」や「腰痛」などのように筋肉や関節の周辺などを痛めてしまっている場合には画像として映らないため、
診断としては「異常なし」となってしまうのです。
病院整形外科では「むち打ち」や「腰痛」というのは病気ではなく、原因が良く分からない症状という判断になってしまうのです。
痛みを訴えても湿布薬や痛み止めといった応急処置をとる対処治療をとる場合がほとんどです。
「むち打ちには手技による治療が必要不可欠なんです!」
整骨院では?
東洋医学の考えを中心に体の機能や筋肉をしっかりと把握した国家資格保持者が
治療しますので、
全身の状態を把握しながら、手技で体内の循環を良くして患部を 良い状態にします。
残念ながら接骨院ではレントゲンなどは撮れません。ですから、事故後は必ず病院での画像診断を受ける必要があります。
その上で接骨院での手技による治療を受けることをお勧めいたします。
同時通院も可能です
優鍼灸接骨院は、整形外科などの病院に通いながらの平行通院も可能です。
保険への申請なども可能ですのでお気軽にご相談ください。




交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.11.02 11:12)