大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

9月~10月は夕方の交通事故が多発する時期です。
今年も大阪は猛暑日が続いた8月でしたね。
お盆休みなどの連休で遠出された方も多いのではないでしょうか?
そろそろ真夏の空気から少しずつ秋の空気へと変わっていく9月ですね。

秋になると毎年夕暮れ時の事故が多発するといわれています。


夏場の日照時間にくらべ、秋口は日没時間がどんどん早くなる時期です。
しかも、「秋の日はつるべ落とし」といわれるように、あっという間に日が落ちて暗くなってしまうのです。

まだ明るいから、と思って走行していると、気づけば真っ暗に!!という経験はありませんか?
「対向車などのライトで気づいて慌ててライトをつけた。」
「なんだか見づらいなぁとおもってライトをつけた。」という経験がおありな人も多いかと思います。
また、そのような状況下で
歩行者や自転車乗用車との接触事故も多発する傾向にあります。
実際に事故を起こした方に聞くと
「自転車が出てきたのが見えていなかった。」
「歩行者が全く見えていなかった。」という方が多いのです。
あっという間に暗くなってしまう秋口は、継続して走行していると暗くなってきている状況に気づきにくい状況にあり
車両のライト点灯や歩行者の反射材使用など、夜間通行のための準備も遅れがちになります。
暗さで視界が悪くなることに加え、こういった夜間通行の準備不足が重なれば、事故の多発につながるのです。

秋口の夕暮れ時の運転は、日暮れが早いということを頭に置いて、早めの点灯を心がけてください。


万が一事故にあって怪我をおってしまったら・・・
交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
むちうち症についてはコチラをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/cat130/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.28 2:16)
背骨の歪みチェックをしてみよう!
先日のブログでゆがみが不調の元になる!?と書きましたが
ご自身の不調の原因が歪みからきているのか?わからないという方も多いと思います。
そこで、簡単な【背骨歪みチェック方法】をご紹介します。

①前屈体操を行う
両足を揃えて立ち、勢いをつけず、ゆっくりと前屈してください。
両手の指先で床に触れられない人は、背骨の歪みが疑われます。
また、片手のみがついたり、片手がつっぱったりした方も歪みが疑われます。

②左右の肩の高さを調べてみよう
鏡の前にまっすぐ立ち、自分の両肩の高さをチェックする。左右で高さが違っている人は、背骨の歪みが疑われます。

③背中で両手の指を組む
右手と左手を背中に回し、両手の指を組む。両手の指先が触れない人は、背骨の歪みが疑われます。

③左右の足の長さを比べる
正座をして、両足のひざ頭の位置を比較する。どちらかの膝が前に出ている人は、背骨の歪みが疑われます。

以上やってみてくださいね!

「自分は体が硬いから・・・」と思っている方も多くいらっしゃいますが
その原因は「歪み」→「体の機能を正常に使えていない」→「筋肉の動きが悪くなる」場合が多いのです。

優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.23 1:41)
ゆがみが不調の元になる!?
背骨は、生きるために大切な役割を多く担っています。
肩こりや腰痛、むくみ、頭痛などいろいろな不調も、背骨がゆがんだり、動きが悪くなることで起こります。
背骨と体の不調の関係はなんと9割が背骨のゆがみからくると言う専門家もいるくらいなのです。


背骨は、
【7個の頸椎】
【12個の胸椎】
【5個の腰椎】
【仙骨】
【尾骨】
で構成されています。

この一つ一つの骨(椎骨)が重なってS字を描き、
上半身の重みを分散するからこそ、歩いたり、体をひねったり、自由に動いたりできるのです。

また、背骨の中心には脊髄が通っていて、
そこから椎骨の隙間を通って末梢神経が体全身に伸びています。
指先などで熱さや冷たさを感じたり、内臓がしっかり働くのも、背骨が神経を守り、さまざまな臓器に神経をつなげているからなのです。
また、胸椎にある造血細胞が新鮮な血液を作り出すなど、背骨は私たちの命を支える大変重要な役割を果たしています。

背骨や脊髄は体の広範囲と結びついているため、
「不調の多くが、背骨の状態に起因している」とも言われます。

■背骨のゆがみは、加齢や運動不足による筋肉の衰えなどで進行します。
また以下の状況でも背骨は歪みます。
●PC作業やスマホ操作で猫背の姿勢が長時間になる
●足をくんで座る癖がある。
●片側の足に重心をかけて立つ癖がある
●家事などで下を向いた姿勢が長時間である
●育児で赤ちゃんを腰骨にのせて抱っこ(反り腰)に体制が長時間である
こういった姿勢を長時間、長期間続けていると背骨が歪み頭の重心が前に傾き、
頭の重さが直接首や肩、ひざ、腰に負荷をかけ痛みを招きます。
さらに肺や心臓が圧迫されて呼吸が浅くなるので、酸素も十分に運ばれなくなる。
結果、脳の活動量が落ち、気分の落ち込みにもつながるのです。
背骨をきちんとした位置にもどし姿勢を正すだけで脳の血中酸素が122%にUPするといわれています。

■背骨がゆがむことで神経にもトラブルが発生することも・・・
背骨のゆがみは自律神経のバランスの崩れを招き、頭痛や不眠や震え、頻尿を引き起こします。
多くの方が悩む疲れ目やドライアイも、自律神経の乱れで目の調整機能が弱って起こることも実は多いのです!


優鍼灸接骨院では、国家資格を持った整体師が様々な体の不調に合わせたケアを行っております。
自費メニューについてはこちらをご覧ください。
■背骨矯正・猫背矯正・骨盤矯正・産後矯正



投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.19 0:49)
お盆休みのお知らせ
【お盆休みのお知らせ】
誠に勝手ながら、8月11日(日)~14日(水)を夏季休暇とさせていただきます。
15日木曜日より通常通り診療させていただきます。

kaki2019.jpgのサムネイル画像

投稿者 yuu-sekkotsuin (2019.08.07 23:09)