大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

なぜ春は眠くなるの?車の運転中に居眠りを起こしやすいタイプとは?
寒い冬が終わりに近づき、暖かい春がやってきました。
 
ぽかぽか気持ちのよい春ですが、春はとにかく眠いですよね。
「春眠暁を覚えず」と言いますが本当に言葉通りですよね。
 
家で眠くなるなら何も問題はありませんが、運転中に眠くなってしまったら事故を起こすことにもなりかねません。
 
今回は、『なぜ春は眠くなるのか?』についてと、『居眠りを起こしやすいタイプ』についてお話します。

春に眠くなる理由は、
 
・春は気温や天気の変化などで交感神経と副交感神経のバランスが崩れるため、昼間に眠くなる
・冬は寒いので交感神経が優位だが、春になって暖かくなると副交感神経が優位になるので眠くなる
・暖かくなると手足の血管が広がるため、手足に血が行ってしまい脳の血流が減る、あるいは脳の温度が下がりやすくなるので眠くなる
・日照時間が伸びてくるので自然と睡眠時間が短くなるが、体がその睡眠時間に慣れていないため寝不足となり、眠くなる
 
ということなんです。
 
 
2015年の交通事故による死者は4113人で、人身事故全体の約1.2%です。
けれど、居眠り事故における死亡事故の割合は約5.9%となり、約5倍のにもなります。
 
このように、居眠り運転は、重大事故になりやすいという特徴があるんです!
 
 
最近は、睡眠不足を自覚していない人が急増しているそうです。
 
一般的に、理想的な睡眠時間は6~8時間といわれていますが、人によって必要な睡眠時間は違います。
 
必要な睡眠時間よりも、2時間睡眠時間が短くなると、
飲酒運転と同じように不安定な運転になることもあるそうですよ!怖いですね。
 
『睡眠不足を自覚していない人の運転の兆候』としては、
 
・信号や標識を見逃す
・まっすぐ走れない
・イライラしたり落ち着きがなくなったりする
 
というが出てくるそうです。

また、最近の研究では、居眠り運転を起こしやすい人や時間帯が統計によって分かってきたそうです。
 
居眠り運転を起こしやすい統計
①25歳以下の男性
②シフト制勤務で夜の労働時間が長い人
③長距離トラックなどの運転手
④睡眠時無呼吸症候群なのに自覚していない人
⑤徹夜や海外出張がおおく、体内時計が乱れている人
だそうです。
一概に該当するから居眠り運転をするとはいいきれませんが
2つ以上該当していたら要注意が必要かもしれませんね。


また、居眠り運転を起こしやすい時間帯は、AM3時~4時とPM3時~4時です
午前午後ともに同じ時間帯なのですね。
 
この時間は、睡眠のリズムから、どうしても眠くなりがちなんだそうですよ!
 
 
さらに、雨の日は、居眠り事故が減るそうです。
これは、雨の日は緊張感が増すからなんだとか。
 
一方、曇りの日は、居眠り事故が増えるので要注意です。
 
 
そして、疲れたときに運転していて、一瞬記憶が飛んだことってありませんか?
実は、この運転中に記憶が飛ぶのは、かなり危険な兆候です。
すぐに車を止めて休むようにしてください。
 
また、以下のようなときも、居眠り運転を起こす危険がありますので、車を止めて休むようにしてください。
 
・信号や道路標識、高速道路の出口を見落とす
・最後の数kmのことが思い出せない
・頭が重くなる、さがる
・瞬きの回数が増える
・たびたびアクビをする
・車が真っ直ぐはしらない
・車間距離がつまる
・落ち着きがなくなる
 
 
居眠り運転は、重大事故につながりやすいです。
折角のあたたかな春、楽しくドライブするためにも、十分気をつけてくださいね。
 
次回は、睡魔がやってきたときの対処法についてお話ししますね!

交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
 
 

投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.27 13:13)
春の運転!花粉対策
お花見やレジャーなど、ドライブがますます楽しくなる春がやってきましたね!
しかし、春は花粉症や黄砂によりアレルギー症状を起こすなど、
普段と違った体調の変化により、運転中の集中力を欠いてしまったり
抗アレルギー剤などの使用により集中力や判断力が低下します。
あたたかな春なのに、ドライバーにとって悩ましい季節でもあります。
そこで今回は、車まわりの花粉・黄砂対策をご紹介します
ドライブ中のちょっとしたコツを押さえて、快適ドライブを楽しみましょう。

花粉対策①
花粉対策の基本は、"花粉を車内に入れない"ということです。
車に乗る前に全身を軽く叩くようにして衣服に付着した花粉を落としましょう。
着る服は、表面がツルツルとした素材がオススメです。
ただし、ナイロンやレーヨンなどの化学繊維の素材は、静電気が発生すると花粉が付着しやすくなってしまいます。
市販の静電気防止スプレーや、静電気防止効果がある柔軟剤を使うのも有効だそうです。

花粉対策②
掃除で効果てきめん!車内の花粉を一掃しよう
車に乗ってもくしゃみが止まらない・・・。
そんな経験はありませんか?それは車内に蓄積された花粉が原因かもしれません。
花粉は、車内のような狭い空間だと、拡散されにくく、花粉症の症状が起こりやすいと言われています。
定期的に車内をクリーニングし、花粉を取り除くことが大切です。
車内をしっかり換気し、ホコリやニオイと一緒に花粉を取り除きます。
シートなど布製の部分は、中に花粉が入り込むので、軽く叩いて表面に浮き上がらせ、窓を開けて外に出しましょう。
完了したら、すぐに窓を閉めます。
※なお、換気は花粉の飛散が少ない時間がオススメです。
湿気がある朝の午前10時まで、日中の花粉が地面に舞い降りる夜間がよいでしょう。

また、花粉は乾燥しているので、固く絞ったタオルで水拭きすると取ることができます。
ダッシュボードや座席シートの表面など、車内全体を軽く撫でるように拭きましょう。
拭くときに意識しておきたいのは、エアコンの吹き出し口などの凹凸がある部分やサイドポケットなどの奥まった部分は、
花粉が溜まりやすいということ。重点的に拭くようにしましょう。

花粉対策③
運転中も徹底対策!
車内から花粉を一掃したら、引き続き車内に入れない対策が必要です。
運転中は窓を閉め、エアコンは内気循環にします。
また、外気循環は外の空気と一緒に花粉も入れてしまうのでおすすめしませんが、
エアコンに花粉除去のフィルターが装着されている場合は使用しても問題ありません。
ただし、汚れやすいので定期的に点検・交換をしないと機能が低下してしまうので注意しましょう。
なお、フィルターの交換は簡単に行えるので、ガソリンスタンド、ディーラーのほか、ご自身でも交換作業が可能です。
さらに、花粉除去に効果のある車内用の空気清浄機や消臭剤のスプレーといったアイテムもあるので、うまく活用してみるのもおすすめです。

花粉対策④
花粉症用の薬は眠くなることを理解し、服用しよう!
花粉症に効果のある薬の多くは、抗ヒスタミンの作用により、集中力や判断力が低下します。
一般的に、服用後は車の運転が禁止となるので注意が必要です。
また、最近は眠くなりにくい薬も販売されていますので、医師や薬剤師に相談しましょう。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.24 12:57)
電動アシスト自転車を運転するときの注意点とは?
僕も利用することがありますが、電動アシスト自転車は小回りが利き、
ガソリンを使用しないため、非常に便利でエコですよね。

電動アシスト自転車は電気モーターを利用しており、ペダルを弱い力でこいでも走行できるのが特徴です。
上り坂でも楽にこげるため、幼児の送り迎えや買い物に利用する女性、
あるいは高齢者が移動するときなどでも大変便利に使われています。


また、最近では集配車や営業車として企業や自治体でも利用されている他、
観光地でレンタルサイクルとして貸し出されることもあり、街中で見かける機会が増えています。


電動アシスト自転車は、道路交通法上では自転車同様に軽車両に位置付けられています。

時速10㎞未満で人力の2倍ほどの電動アシスト力で補助しますが、
速度が上がると徐々にアシスト力が弱まり、時速24㎞以上では補助がなくなります。
残念なことに、非常に便利である電動アシスト自転車の交通事故は年々増加傾向にあります。

事故の事例はさまざまですが、転倒事故のほか、交差点や横断歩道付近からの飛び出し事故の報告もあります。
前述にもあるように、電動アシスト自転車は非常にスピードが出やすいため、事前の判断が遅れる場合があります。

また、幼児や多くの荷物などを乗せていると、重さも増すため、思っている以上にブレーキがかかりにくくなります。
このことは、重大な交通事故にも繋がるおそれがあり、便利な反面、危険な乗り物だという認識を持つ必要があります。
取扱説明書をよく読み、注意事項や禁止事項を含め、正しい乗り方理解してから利用しましょう。


交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html


投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.22 12:35)
運転中のカーステレオなどの音量に気をつけよう!
自転車を運転しながらの携帯電話の使用や、イヤホンなどを使い周囲の音が聞こえない状態で音楽を聴くなど、交通ルールの無視やマナーの低下から、交通事故が多発しています。


またクルマやバイクについても、大音量で、あるいはイヤホンなどを使い、周囲の音が聞こえない状態で音楽などを聴きながら運転することも、交通事故につながる危険性があることから、
道路交通法施行細則が改正され「自転車運転中の携帯電話等の使用」「自動車等の運転中にイヤホン等を使用して音楽を聴く等」が禁止されました。


違反した場合は5万円以下の罰金が課されます。自動車、自動二輪車(原付自転車を含む)は、交通反則切符(青キップ)で処理され、反則金は大型車(中型車を含む)7,000円、普通車6,000円、二輪車5,000円(基礎点数なし)です。


この施行細則には「大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと」とあり、当然そこにはカーステレオも含まれます。
もちろん、常識的な範囲で音楽やラジオを楽しむ分には違反とはなりません。

具体的には、警音器(クラクション)や緊急自動車のサイレン、警察官による指示などが聞こえない状況が対象になります。

なお、片耳でのイヤホン使用は「安全な運転に必要な音または声が聞こえない状態」にはならず違反にはなりません。

両耳のイヤホンも「安全な運転に必要な音または声」が聞こえる状態であれば違反ではないとされています。

しかし、たとえ小さな音量でも密閉型イヤホンなどは外界の音が聞こえにくくなるため、違反となります。

僕も音楽を聴くのが好きなので、車を運転中にもお気に入りの音楽をかけています。車の中は個室と同じなので、非常に心地良い空間となり、つい音量を大きくしてしまいがちです。

外界の音が聞こえなくなると、目線だけでの運転に集中するため、どうしても前方のみに注意がいきがちになります。
交通事故を未然に防ぐためには、「目」だけではなく『耳』も使って運転をするように心がけましょう。




交通事故治療について詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.yuu-sekkotsuin.com/menu03/index.html
投稿者 yuu-sekkotsuin (2018.03.18 12:29)