大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>気まぐれブログ

気まぐれブログ

スポーツ外来             〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
皆さんこんにちは。

患者様からよく
『子供がスポーツをしていて、ケガとは違うようなのだけれど…
違和感のようなものがあるみたいで、
これって診てもらえるのでしょうか
という声を伺います。
皆さんこんにちは。

患者様からよく
『子供がスポーツをしていて、ケガとは違うようなのだけれど…
違和感のようなものがあるみたいで、
これって診てもらえるのでしょうか
という声を伺います。

もちろん大丈夫

少年期のうちに姿勢や筋肉の負担のかかりぐあいを
確かめておかないと、捻挫グセなどに代表されるように、
ケガしやすい身体になってしまいます。

治療までとはいかなくても、助言をするだけで
彼らのケガの発症率は「グッと」変わるのです

放置しておくと成長痛などやっかいな痛みが出てきます。

日ごろから注意するだけでケガの程度は大きく変わります。

予防医学という言葉が、昨今では叫ばれておりますので、
子供さんに楽しく長く好きなことを続けてもらいたいと
思っていれば、ご相談に乗らせて下さい。

大きなケガをしてからでは遅い場合があります。

スポーツの秋

運動会や部活動でケガをされて、後遺症が残らないようにしましょう。

本日もご拝読ありがとうございました。

優鍼灸接骨院 松本でした
投稿者 web-master (2013.09.20 1:30)
マスコミの報道について
皆さんこんにちは。

先日、接骨院(整骨院)についての厳しい意見が
某局(全国区)で放映されました。

当院にて、患者様からその話を伺った際
非常に悲しい気持ちになりました。
皆さんこんにちは。

先日、接骨院(整骨院)についての厳しい意見が
某局(全国区)で放映されました。

当院にて、患者様からその話を伺った際
非常に悲しい気持ちになりました。

国家資格取得までの道のり。

言葉で語りつくせない精進がそこにはあります。

学科・実習のカリキュラムは多く、
試験は寝る間を惜しむくらいの気持ちがないと
単位を落としてしまいます。

ましてや働いて学費を稼ぎながら、修行しながらだと尚更です。

かくいう私も勤労学生をしながら苦労を重ねた1人です。

だからこの資格に私の努力の全てが込められていると言っても
過言ではありません。

だからこそ。

学生時分に学んだこと、そして現場で患者様から
学んだことを通じて免許も自分の心も磨かれると思っています。

患者様と接するたびに
「傷病の状況とそれに関する説明ができているか?」
「施術する意義が患者様に伝わっているか?」
ということを常に意識するようにしています。

接骨院(整骨院)に対する誤解や偏見が解けることを信じて、
今は我慢と精進のときと思っています。

今宵は中秋の名月。

一点の曇りない満月のように明るく澄んだ気持ちを
この地域で評価されることを目標に
スタッフ一同と気持ちを一つにして進んでいくつもりです。

本日もご拝読ありがとうございました。

優鍼灸接骨院 松本でした。
投稿者 web-master (2013.09.19 1:31)
疲労回復には             〈大阪市西区のむちうち治療・交通事故は優接骨院へ〉
皆さんこんにちは。

スポーツの秋ということで、
最近では大阪マラソンに向けてなのか、
夜でもジョギングに勤しむ人たちをよく目にします

しかし、ここで気になるのが疲労回復
皆さんこんにちは。

スポーツの秋ということで、
最近では大阪マラソンに向けてなのか、
夜でもジョギングに勤しむ人たちをよく目にします

しかし、ここで気になるのが疲労回復

筋疲労や痛みの回復などには、
練習後の速やかなタンパク質炭水化物ミネラル
摂取が不可欠です。
(ゼリータイプのアミノ酸サプリメントに牛乳も効果的ですよ)

ところで…市民ランナーの皆さんはご承知のことと
思いますが、走行中の人体のエネルギー源には
グリコーゲン脂肪タンパク質が中心になります。

とりわけグリコーゲンの比重は高く、
このためパンパスタ(私で言うところのスパゲッティー)
などの炭水化物は欠かさずとる必要がある
といわれてます

糖質制限はダイエットには向いていますが、
ランニングには不向きだといわれています。

また、貧血防止のため、鉄分補充(ひじき・レバー・あさり etc)
と、その吸収を促進するビタミンCなど一緒に摂取すると効果的。

栄養分の補給と同時に疲れた筋肉を癒す
足ツボマッサージなども疲労回復に貢献します

スポーツで疲れた身体を癒し改善する当院の施術を
疲労回復にご活用下さい

本日もご拝読ありがとうございました。

優鍼灸接骨院 松本でした。
 

投稿者 web-master (2013.09.18 1:31)
伝説の教師
皆さんこんにちは。

先日、灘中学校・高校の伝説の国語教師、
橋本武さんが逝去されました。

「教える」 「育てる」

言葉にすると単純ですが…実際にやるとなると難しい。
皆さんこんにちは。

先日、灘中学校・高校の伝説の国語教師、
橋本武さんが逝去されました。

「教える」 「育てる」

言葉にすると単純ですが…実際にやるとなると難しい。

世代間の考え方、生活環境も違う生徒たちに
どうしてあんな型破りな授業が受け入れられたのか?

彼の指導方針・指導技術のルーツには、
学問と生徒を愛し信頼する心が感じられました。

気持ちや感情という不確かなものを
語句を用いて具体的な言葉や表現に置き換える。

地道な努力を積み重ねる粘り強い姿勢で
たくさんの生徒を育てられました。

彼曰く、「文章というものは筆耕して、何度も読み直し、
自分なりの考え方を書き込むことで理解力(読解力)が深まる。
出来上がったものを何度も見直し、
また別の考え方が浮かんでくる。
そうして文章力というのは磨かれる。」のだそうです。

接骨院の日常として、患者様への日々の問診から
カルテを作成する際にもこういった考え方を
反映させるのも重要だなあ…と改めて思いました。

今度、彼の著書「一生役立つ学ぶ力」を
読んでみようと思いました。

自分自身を何度も見直して
磨き残しのない様に…(笑)

本日もご拝読ありがとうございました。

優鍼灸接骨院 松本でした。


 
投稿者 web-master (2013.09.17 1:32)