大阪市西区での交通事故・むちうち治療は南堀江の優接骨院へ
HOME>交通事故治療

交通事故治療

erabareruriyuu.jpg
優接骨院は、交通事故治療に自信があります


優接骨院は交通事故の治療に自信を持って治療を行っております。

当院では、開業してから、事故による症状に対しての臨床を行い、事故治療を専門としています。交通事故による障害は、強い衝撃により、全身の筋肉のバランスを崩してまう場合がほとんどと言えます。

当院は、全身の筋肉のバランスを調整することを得意としており、事故の状況やケガの症状、経過などを詳しくお聞きした上で、お一人お一人の症状に合わせた治療を行ってまいります。











交通事故に遭ったらどうしたらいい?そんなお悩みを解決!

⇒交通事故ブログはコチラへ


交通事故治療についてのご相談は

⇒お問い合わせ・ご相談はこちら

交通事故後このようなお悩みはありませんか?原因はむちうちかも・・・

悩み.jpg
「むち打ち」とは

むち打ちとは交通事故などで車に追突された場合、体が前に押し出されてしまい、頭だけが残り、首が鞭のようにしなるので「むち打ち」と言います。

「むち打ち」の症状は?

症状は、首から肩にかけて起こる痛みで、頭痛、めまい、吐き気などを起こす原因といわれています。

「むち打ち」の原因は?

追突したときに、頚椎、胸椎、腰椎に大きな力が加わり、その関節が動かせる範囲以上の動きを強制されたことで、筋肉、靭帯、関節などに損傷を惹き起こした状態です。

病院で「骨に異常はありません」といわれても・・・痛い

病院でむち打ち症と診断されるのが、
ほぼこの頚椎捻挫(けいついねんざ)です。

病院でレントゲンを撮影しても「異常ありません」と言われ、
湿布や痛み止めを処方され「痛かったらまた来てね」とか「来週また来てください」「様子を見ましょう」と言われたことはございませんか?
レントゲンは骨の異常を見るものなので、
むち打ちの原因となる筋肉や神経に炎症があっても「異常なし」という診断になってしまいます。

当院ではレントゲンでは写らない筋肉や関節周辺の微妙な異常を見つけだし、
手技療法、電気療法により筋肉に直接アプローチをし
全身の筋肉のバランスの崩れを調整していく治療を行います。


病院との併用も可能ですので、
「どうせ治らない」とあきらめずに是非一度治療を受けてみてください。

交通事故の後遺症は、放置すると二次障害を起こすことがあるため、早期の治療と完治するまで治療することをオススメします。
むち打ち症についてはコチラ
むちうちはこちら.jpg

交通事故の場合は保険適応で自己負担は0円

交通事故は、通常のケガよりも体への負担があるため、適切な治療を行わないと、後遺症が残るので早期の治療が最も重要になります。

「たいしたことはないけれど、心配だなぁ」
「むち打ちかな?」
「腰痛がある」
「膝に痛みがある」
など骨折された後の方や強くむち打ちの症状が出ている方まで、お気軽に当院にご相談ください。

交通事故は、自賠責保険適応になりますので、治療費は無料になります。

 
交通事故に遭ったら・・・
加害者の確定

加害者の運転免許証の住所・氏名を確認。 車のナンバーも必ず控えておくようにしましょう。

事故現場の保全

事故現場を確認し、見取り図を作っておいたり、現場の写真を撮っておくことが大切です。
これは事故当時の記憶が薄れてしまったり、現場の様子が変わってしまうこともあるので、事故後なるべく早めに行動しましょう。

警察への届出

事故報告は加害者が必ず行いますが、被害者も届出を必ず行いましょう。その時に症状が無くても、後から痛みが出ることも考えられます。
保険金の請求の際に必要な『交通事故証明』を申請してください。

専門家の診察を受ける

"大したことないから" と思っていても、意外に重症であるケースも多々あります。
なるべく医師や柔道整復師などの診察や治療を受けてください。また診断書をもらい、必ず警察へ届け出て下さい。
診断書を届け出ないと人身事故の扱いにされません。診断書を届出して、治療費の請求が可能となるのです。

自分の保険会社への事故報告

自動車保険会社や代理店に事故に遭った旨、被害者になった旨をお伝え下さい。搭乗者保険の場合、運転者だけでなく同乗者も入院時や通院時の医療補償がありますので、請求が可能です。

加害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当に通院または入院する医院を伝えてください。
通院・入院する院は患者様が決めることが可能ですので、運ばれてきた病院に通院・入院しないといけないという訳ではありません。

問い合わせ1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像